2018年05月23日

くすみ 貧血 太る改善 不足がち成分

  妊娠、閉経を迎えない限り、月経に伴う出血の際に、酸素を全身に運ぶ赤血球を失ってしまうため、赤血球を生成する生理作用がある 「を意識して摂らないと、貧血になる」 は周知思いますが、身体からのサインみられませんか?

鉄が不足します
  疲れやすく、忘れっぽくなる、貧血になる、乳児では発育が遅れるなどの欠乏症状がみられる場合があります
AFPBB News 睡眠不足で心臓病死亡リスク増、米研究 2017.5.25】
関連記事くすみ改善 太る脱却潤いない 貧血改善生活習慣病防ぎ 貧血改善
青色文字をクリックして頂きますと、説明文または関連記事、サイトが表示されます。

不足しやすい
  レバー・貝類が嫌い、豆・海藻類をあまり摂らない、肌がくすむ爪が白っぽい立ちくらみがする閉経前の女性、胎児や妊婦の方などです。
AFPBB News 砂糖入り飲料の摂取と関連か、年間死者数18万人以上 研究 2015.7.1】

多く含む食材

  ひじき458、抹茶142、干しえび126、ピュアココア117、レバー*108、75、33、あんこう10)、のり89、ごま83、切干し大根81、きな粉77、大豆78、いんげん豆50、 そら豆48、ささげ47、あずき45、えんどう42)、しじみ44、はつ43、29、28)、赤貝42、黒糖39、ほっき貝37、36、あげまき34、まぐろ味付けフレーク缶詰33、あさり32、がんもどき30、ライ麦29・い貝・コンビーフ缶詰、納豆28・みる貝大根の葉26などです。≫ 詳しく見る

日本成人1日の必要 男性10、女性10〜12mg
  上記の食材を100g摂取した場合、男性が30%、女性が25〜30%以上満たされます。 ※数字は日本成人女性1日の必要量を満たす割合(%)、食材名*は一部除く
AFPBB News 夢のカロリー消費脂肪が成人体内にも、応用に期待 米研究 2009】
関連記事疲労臭cut貧血改善食事制限 偏食注意寝てるのに怠い くすみ改善

の働き

  成人体内に約3gが、赤血球のヘモグロビン、筋肉のミオグロビンや肝臓のフェリチン、一部は全身の細胞に広く分布し含まれ、ヘモグロビン鉄は血液を介して酸素を運搬し、ミオグロビンの鉄は酸素を細胞内に取入れ、各細胞の鉄は酵素の活性化に関係し、栄養素の燃焼に役立っている栄養素です。

  赤血球は絶えず骨髄などで造られ、古くなったものは分解してしまうので、鉄が不足すると赤血球の生成が妨げられ、貧血となります
  ただ、鉄は体内で再利用されるため、その必要量はきわめてわずかですが、女性や妊婦の鉄欠乏性貧血はかなり多く、注意が必要です。
AFPBB News 脂肪の多い魚に乳がんリスク減の効果、調査報告 2013.06.28】
関連記事脂肪の敬遠 貧血助長貧血改善 痩身力UP貧血改善 心臓病リスク減

  不足している必須栄養素がありますと、次のような身体からのサインがみられます。 その結果、欠乏症または疾患へと進行します。

ビタミンB6=皮膚炎、貧血むくみ、呼吸・循環、消化器の調子が悪くなる、手足
 が激しく痛む先端疼痛症
ビタミンB12=疲労、物忘れ、悪性貧血、うつ病、神経疾患、DNA合成異常など
 脳や神経に障害。
葉酸=胎児に疾患が出る事があり、重篤な欠乏症には巨赤芽球性貧血
ビタミンC貧血、手や足の長い骨が折れやすい骨形成不全、歯肉に色素がたまり色
 合いが変わる歯肉色素沈着症、肘を机に置くだけで肘に紫斑ができる皮下出血、皮
 膚や歯肉から出血する壊血病、成長不全。
ビタミンE溶血性貧血、動作が緩慢、力が入らなくない、腱をたたいても反応がな
 い腱反射消失、ふらついて足取りがしっかりしない歩行失調、手足などの位置を認
 知できない位置感覚障害、胎児吸収。
 ※栄養補食品、サプリメントの過剰摂取には要注意!
ヘモグロビンの成分が減少し貧血になる白血球、特に好中球減少、骨折・変
 形をおこす。 ※栄養補食品、サプリメントなどの過剰摂取には要注意!
【関連記事⇒10歳若返ると判明! 毎日の緑黄色野菜摂取で 追跡調査 2015.12.8】

【 参考資料 】
ビタミンB6B12葉酸栄養成分効果辞典2011年10月
 20日開設

Related posts(外部サイト)

日経Gooday 人工甘味料入り炭酸飲料を飲む人は脳卒中や認知症になりやすい
AFPBB News 日々の果物摂取で心疾患リスク低減、中国でより効果的 研究
AFPBB News 胎児のDNA、妊婦の喫煙で変化 大規模調査で確認 2016.4.1】
日本經濟新聞 加齢による薄毛、コラーゲン減が要因 東京医科歯科大が解明
日経Gooday 乳がん医療の名医に聞く、マンモグラフィ検診の落とし穴 2015.12】
AFPBB News ビタミンB3に皮膚がんリクス減らす効果、研究 2015.5.14】
AFPBB News 塩分過多や喫煙、生活習慣に起因する死者が増加 研究 2015.9.11】
AFPBB News 禁煙で太る原因、大食ではなく腸内細菌か スイス研究 2013.8.30】
AFPBB News 睡眠不足は肥満のもと、仏大研究 2012.5.11】
AFPBB News 少量のアルコールでも乳がんリスク上昇、米研究 2011.11.2】
AFPBB News 1日3杯のコーヒー、皮膚がん予防に効果 米研究 2011.10.25】
AFPBB News ダイエット炭酸飲料でも心臓発作リスクは増加、米研究 2011.2】
AFPBB News 1日2時間以上のテレビ視聴で心臓病リスクが倍増、英研究 2011】
AFPBB News 野菜・果物の多品目摂取で喫煙者の肺がんリスク低下、研究成果
AFPBB News 「7時間睡眠」が心疾患リスク遠ざけるカギ、米調査 2010.8.2】
AFPBB News ビタミンB6と必須アミノ酸、喫煙者肺がんリスク軽減 仏研究
AFPBB News 口の中が汚い人は、心臓病リスク上昇 2010.5.29】

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック




スポンサードリンク