2017年07月05日

太る 貧血改善 さつま芋かぼす含煮

  つかぬまの梅雨の晴れ間。 ”くすみ肌・立ちくらみ”、“爪が白い・貧血”、“しわ・たるみ”、“むくみ・太りやすい”、“ガスたまる・便秘”など、身体からのサインがみられませんか?

  赤血球の生成をする吸収を助けるビタミンC、古くなった赤血球を再生する葉酸、赤血球を守るビタミンEと、脂肪分解するリモネン、余分な脂肪をエネルギーに変えるクエン酸、食後の急激な血糖値の上昇を抑えるペクチンも摂れるため、くすみ貧血を改善し、脂肪の消費を上げ、痩せ体質に繋がります

 「症状がある」、「太りやすいを改善し、肌老化を防ぎたい」 方が効果的に摂取できる食べ合わせが、『 さつま芋かぼす含煮 』 です。
青色文字をクリックして頂きますと、説明文または関連記事、改善策、サイトが表示されます。

  ヒルガオ科さつま芋には、クロロゲン酸、ヤラピンが多く、ビタミンB1B6・C・パントテン酸葉酸カリウムマグネシウムマンガン食物繊維など身体の働きを保持・調整に必須な栄養素がバランス良く、必須アミノ酸シスチンも含まれています。
  また、加熱されるとのり状になるでんぷんのおかげで、加熱・水に溶け出す性質のビタミンCが比較的減りにくく、パントテン酸、食物繊維が生より30〜50%増えます
  調理の際に、柑橘類かぼす果汁と刻んだ果皮を加え煮る事で、これに多く含まれるペクチン活性酸素の除去力が強くビタミンC吸収を促進し成分を保持する肌荒れ予防効果があるビタミンCと、クエン酸テルペンフラボノイド、ヘスペリジン、リモネンβークリプトキサンチン栄養成分も摂取できます。

*身体に良い食材でも、摂り過ぎには気を付けましょう!

さつま芋150、かぼす果汁100gを摂ったカロリーは、198、25で223kcalになります。 ※下記成分表に煮た数値がなかったため生の値、さつま芋Lサイズ1/2、かぼす100gは3〜4個
関連記事肌老化防ぎ くすみ 貧血改善 鶏卵太り体質 お腹張り改善 マーボ豆腐

これらを摂った場合、日本成人女性1日の栄養素必要量を満たす割合
  ●鉄=10 ●ビタミンB6=35 ●ビタミンC=51 ●銅=18 ●葉酸=55 ●ビタミンE=30 ●パントテン酸=32 ●カリウム=43 ●食物繊維=16 ●ビタミンB1=11 ●ナイアシン=11 ●カルシウム=11 ●マグネシウム=15 ●リン=12 ●マンガン=21 ●ビタミンB2=5
※下記成分表には煮る値がなかったため、調理で失うB1は50、Cは40%としました。
関連記事たるみ防ぐ 椎茸挽肉玉葱鋏焼潤いない 太り体質 くすみ 貧血改善

*クロロゲン酸:疲労回復、抗酸化作用肌荒れ予防改善、肥満・糖尿病・がん、風邪予防
  さつま芋じゃが芋、うど、ごぼう、コーヒー豆など双子葉植物の種子や葉に多く含まれ、渋味があり、水に溶けやすく、熱に不安定な性質で、コーヒー豆の場合、焙煎により分解されますので、深煎りほど減少します。
  肝臓で食物から摂取した糖分から生成、糖質の吸収を遅らせ、血糖値の上昇を抑制、活性酸素を除去する抗酸化力が強いポリフェノールの一種で、疲労の原因となる老廃物や有害物質を処理する作用が期待できます。≫ 詳しく見る
  ただ、単一のクロロゲン酸、これを含む成分を大量に摂取した場合、便秘になるなど一過性の不快症状を招く事があります。
関連記事シミ たるみ防ぎ 美肌up ささ身真夏になる前に 痩身力活性 美肌GET

*ビタミンP:抗酸化作用肌荒れ予防改善、脳・心筋梗塞、高血圧・動脈硬化・がん、風邪予防
  柑橘類のヘスペリジン、うど、玉ねぎブロッコリーモロヘイヤ、ベリークラン・ラズ、ぶどうりんご*のケルセチン、そば、里芋山芋オクラピーマンれんこんなめこのムチンに多く含まれるフラボノイドの一種です。
  血管壁や毛細血管を強化、毛細血管の浸透性を保持し、抹消組織との水分や栄養素の運搬を一定に調整、活性酸素の除去力が強くビタミンC吸収を促進し成分を保持する働きがあるので、悪玉コレステロール(L.D.L)を抑制する作用が期待できます。≫ 詳しく見る
  また、ムチンは、粘性成分で、大豆たんぱくの吸収や体内でクロロゲン酸の合成を促進、胃腸壁・角膜の保湿を保護する作用が期待できます。 ※食材名*は含む
関連記事手羽ジャガブロッコリーナッツ炒里芋いか煮蓮根人参豚肉団子煮

  コラーゲンの素となるアミノ酸を合成するビタミンB6新陳代謝を活性化するテルペンと、肌老化の原因物質を除去するリモネンを始め、ビタミンC、クロロゲン酸、フラボノイド、ヘスペリジン、βークリプトキサンチンも得られるため、就寝3時間前のご飯で摂る事で、美肌効果が更に上がります

  これらを食べ合わせ継続して摂るで、疲労回復、鎮静・安眠、整腸抗酸化作用、心筋梗塞、胎児の神経管発育不全・壊血病・骨折・先端疼痛症・皮膚炎予防、脳梗塞・認知症・がん、白内障抑制、高血圧・動脈硬化・肥満・糖尿病、風邪・貧血肌荒れ便秘むくみ冷え性改善効果があると考えます。
※成分と含有量を数値化し、100以上で改善、60以上で抑制、30以上で予防とみています。
関連記事肌老化 原因物質 除去力up術太る改善 いちじく林檎ヨーグルトサラダ

【 参考書籍・資料 】
「七訂食品成分表 2017」女子栄養大学出版部2017年2月9日発行
「食品成分表改定最新版」女子栄養大学出版部2011年2月25日発行
「五訂食品成分表2001」女子栄養大学出版部2000年11月発行

さつま芋かぼすクロロゲン酸ヘスペリジン栄養成分効果辞典2011年10月20日
 開設

Related posts(外部サイト)


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック




スポンサードリンク