2018年01月24日

肌潤い 貧血改善 菜花レバー生姜炒

 「都心、積雪20cm超」 寒さひとしお。 ”くすみ肌・立ちくらみ”、“爪が白い・貧血”、“シミ・たるみ”、“冷え・太りやすい”、“ガスたまる・便秘”など、身体からのサインがみられませんか?

  赤血球を生成をする、これの吸収を助けるビタミンC、古くなった赤血球を再生する葉酸、赤血球を守るビタミンE、抗貧血作用があるビタミンB12と、コラーゲンの素となるアミノ酸を合成するビタミンB6、コラーゲンやセラミドの再合成を促すビオチン、肌の新陳代謝を活性化するコリンと、ドライアイを改善し肌の潤いを保つビタミンAを始め、ビタミンC・E、イソチオシアネートなど肌老化の原因物質を除去する抗酸化成分も得られるため、くすみ貧血を改善し、美肌効果が更に上がります

 「症状がある」、「目の疲れ、肌老化を改善し、太りやすいを防ぎたい」 方が効果的に摂取できる食べ合わせが、『 ナバナと鶏レバーの生姜炒め 』 です。
青色文字をクリックして頂きますと、説明文または関連記事、改善策、サイトが表示されます。

  アブラナ科野菜なばなには、ビタミンC、葉酸が豊富、ビタミンEと、イソチオシアネート、ビタミンUが多く、カロテン、ビタミンB1・B2・B6、ナイアシン、パントテン酸、カリウムカルシウムマグネシウムリン、鉄、マンガン食物繊維など身体の働きを保持・調整に必須な栄養素も含まれているため、単体で摂っても効果が期待できます。
  鶏レバーには、ビタミンAB2B12パントテン酸傷ついた遺伝子を修復、赤血球再生、アミノ酸やDNA基本構造の生成に必要で貧血予防作用がある葉酸が豊富、ビタミンB1B6ナイアシンニコチン酸ビオチン、リン、鉄、亜鉛レシチンコリンと、αーリポ酸コエンザイムQ10が多く、ビタミンC、カリウム、マンガンも含まれているため、相乗効果が期待できます。
  また、鶏レバーには、必須アミノ酸シスチン、フェニルアラニン、チロシントリプトファンヒスチジンが豊富、イソロイシン、ロイシン、リジンメチオニン、バリン、アミノ酸アルギニンアラニンアスパラギン酸グリシンプロリングルタミンが多く含まれています。
  レバーしょうがで炒め、臭みを取り、これに多く含まれる脂肪代謝する細胞に働きかけ、血流を促進し、代謝を向上させる肥満・冷え性予防効果があるショウガオールジンゲロールも得られ、電子レンジで調理したなばなを加える事で、加熱に弱い栄養素・成分を酸化させずに摂取できるため、更に効果が期待できます。

※身体に良いレバーでも1日30gを目安に、摂り過ぎには気を付けましょう!

なばな100、鶏レバー30、油10gを摂ったカロリーは、順に33、33.3、92.1で約158kcalで、日本成人女性1日のカロリー必要下限量の約7です。 ※100g約1/2束、30g串焼き1本
関連記事冷えやすい=太りやすい 改善シミ たるみ改善 ほうれん草卵グラタン

これらを摂った場合、日本成人女性1日の栄養素必要量を満たす割合(%)
  ●鉄=47〜56 ●ビタミンC=136 ●銅=12〜13 ●葉酸=365 ●ビタミンE=40 ●ビタミンB12=555 ●ビタミンB6=76 ●ビタミンA=254 ●食物繊維=17〜21 ●ナイアシン=20 ●ビタミンB1=34 ●ビタミンB2=44 ●パントテ=76 ●カリウム=25 ●カルシウム=27 ●マグネシウム=12〜14 ●リン=29 ●亜鉛=17〜19 ●マンガン=12〜14
※調理によるビタミンB1損失を50%みます。
関連記事目と肌守り シミ しわ たるみ改善くすみ 貧血 肌老化改善 サニーレタス

*イソチオシアネート:食欲増進、殺菌・抗酸化作用肌荒れ予防改善、がん予防
  からし、からし菜、わさび、大根、キャベツカリフラワーブロッコリーかぶケール小松菜なばな白菜水菜などのアブラナ科野菜に多く含まれています。
  強い殺菌と抗酸化力を持ち、発がん物質の活性化を防ぐ辛味成分で、活性酸素で傷付いた細胞ががん化するのを抑制する作用が期待できます。
  また、からし、わさび、大根に含まれるアリルイソチオシアネートは、肌の老化、皮膚がんの発生や増殖・転移を防ぎ、死にいたる場合がある白血病細胞を自滅させる作用が期待できます。
  調理する際に煮る事で、食材の細胞が壊れ、吸収しやすくなります。≫ 詳しく見る
  ただ、単一のイソチオシアネート、またはこれを含む成分を大量に摂取した場合、一過性の不快症状を招く事があります。
関連記事ガスたまる 下腹ぽっこり防ぐ 4習慣シミ たるみ改善 脂肪吸収も抑制

*鉄(Fe):赤血球生成貧血予防改善
  ひじき抹茶、干しえび、ピュアココアレバー*(あんこう)、のりごま切干し大根きな粉しじみはつ赤貝ほっき貝よもぎ油揚げあげまきあさりがんもどき、ライ麦、い貝、コンビーフ缶詰、納豆みる貝などに多く含まれています。
  成人体内に約3g含まれ、赤血球のヘモグロビン、筋肉のミオグロビンや肝臓のフェリチン、一部は全身の細胞に広く分布。 主にヘモグロビンの鉄は身体の隅々まで酸素を運び、ミオグロビンの鉄は酸素を細胞内にとり入れ、各細胞の鉄は酵素の活性化に関わり、栄養素の燃焼に役立っている栄養素です。
  赤血球は絶えず骨髄などで造られ、古くなったものは分解されるため、鉄が不足しますと、赤血球の生成が妨げられ、貧血となります。≫ 詳しく見る
不足しやすい 】 立ちくらみがする閉経前の女性妊や胎児、レバー・貝類が嫌い、豆・海藻類をあまり摂らない方などです。 ※食材名*は一部除く
関連記事生姜ココア南瓜ライ麦パンサンドあさりナバナ酒蒸がんも大根煮

  コレステロールの上昇を抑える食物繊維基礎代謝を上げるナイアシン脂肪分解を促すレシチンエネルギーを作る際に必要な糖質はビタミンB1、脂肪はビタミンB2パントテン酸も摂れるため、就寝3時間前のご飯で摂る事で、脂肪の消費を上げ、痩せ体質に繋がります
※高温加熱に弱いビタミンUアミノ酸αーリポ酸コエンザイムQ10の効力は、望めません。
関連記事ジム通いなしで 太もも痩せ隠れ肥満防ぎ ダイエット効果up たらこ

  これらを継続して摂るで、抗酸化作用、認知症・脳梗塞・高血圧・動脈硬化・肥満・糖尿病、胎児の神経管発育不全・壊血病白内障夜盲症・皮膚炎・風邪・ドライアイ貧血肌荒れむくみ冷え性改善高脂血症・がん、先端疼痛症抑制、うつ病・骨折・口角炎・角膜炎予防効果があると考えます。
※成分と含有量を数値化、100以上改善、60以上抑制、30以上予防とみています。

重大な病気が隠れていることも

  貧血の中で圧倒的に多いのは、ヘモグロビンの材料である鉄が不足するためにおきる 「鉄欠乏性貧血」。 バランスのとれた食事には1日平均20ミリグラムの鉄が含まれている。 1割が体内で吸収されているので鉄が不足することはない。

  しかし、偏食をしたり、ダイエットで極端に食事制限をしたりすると、鉄が不足する。 「自覚症状がない人が多いのは、徐々に進行するので体が慣れてしまうからです」 と慶応義塾大学の池田康夫教授(血液内科)は言う。

  自覚症状がなくても、疲れやすく集中できなくなっていることが多いという。 「体内で慢性的な出血が起きている可能性があります。 たとえば、胃がんや大腸がん、子宮がんなどです。 精密検査をすぐに受けてください」 と池田さん。

「朝日新聞 2008年10月20日(体とこころの通信簿)より一部抜粋」

【 参考資料 】
なばな鶏レバーイソチオシアネート栄養成分効果辞典2011年10月20日開設

Related posts(外部サイト)


posted by 水夢 at 08:34 | Comment(0) | くすみ 貧血 予防 / 食べ合わせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:





スポンサードリンク