2018年03月28日

肌老化 くすみ 貧血改善 そら豆

  明け方の冷え込みが緩くなってきた初春から仲春。”くすみ肌・立ちくらみ”、“爪が白い・貧血”、“シミ・そばかす”、“しわ・たるみ”、“むくみ・太りやすい”など、身体からのサインがみられませんか?

  酸素を全身に運ぶ赤血球を生成する、鉄吸収を助けるビタミンC、傷付いた遺伝子を修復し赤血球を再生する葉酸と、コラーゲンの原料となるアルギニングリシンプロリン、これらアミノ酸を合成するビタミンB6、コラーゲン生成を助けるビタミンC始め、肌老化の原因物質を除去するシスチンヒスチジンメチオニン抗酸化成分が得られるため、がん発症を抑え、くすみ貧血肌老化を改善に導きます
※高温加熱に弱いアミノ酸は、ジュースか、レンジ調理する事で、効力を最大限に活かします。

 「症状がある」、「肌老化を防ぎ、痩身効果を上げたい」 方にオススメで 【 一石三鳥 】 以上の効果的な食材、『 そら豆 』 です。
青色文字をクリックして頂きますと、説明文または関連記事、対処法、サイトが表示されます。

 未成熟なそら豆を若いさやから取り出し食すそら豆には、ビタミンB1葉酸ビオチンリンが多く、ビタミンB2B6ナイアシンカリウムマグネシウム亜鉛食物繊維など体の働きを保持・調整に必須な栄養素がバランス良く、ケンフォロールも含まれています。
  また、必須アミノ酸のイソロイシン、ロイシン、リジンシスチン、フェニルアラニン、チロシン、スレオニン、バリン、ヒスチジンアミノ酸アルギニンアスパラギン酸が多く、メチオニントリプトファンアラニングリシンプロリンも含まれているため、更に効果が期待できます。
  そら豆は、のら豆とも呼ばれ、春野菜ですが、旬は初春から初夏で、3〜6月になります。

そら豆100gを摂った場合、日本成人女性1日の栄養素必要量を満たす割合(%)
  ●鉄=19〜23 ●ビタミンC=23 ●銅=24〜28 ●葉酸=60 ●ビタミンB6=14 ●ナイアシン=12 ●ビタミンB2=20●ビタミンB1=38 ●マグネシウム=13〜15 ●リン=37 ●カリウム=22 ●亜鉛=14〜16 ●食物繊維=10〜13 ●パントテン酸=9 ●マンガン=6〜7
●下限カロリー=9(108kcal、平均身長・体重=1,190)
関連記事潤い 貧血改善 菜花レバー生姜炒サビさせず 肌老化改善 ぽんかん

体重が50kgの場合、成人1日の必須アミノ酸推奨量WHO満たす割合
  ●シスチン=68 ●ヒスチジン=62 ●メチオニン=16 ●フェニルアラニン、チロシン=65 ●イソロイシン=49 ●ロイシン=44 ●リジン=51 ●バリン=42 ●スレオニン=52 ●トリプトファン=10になります。 ※さや除く、1粒約24g
関連記事太もも痩せ ジム通いなしで可能下腹の張り 便秘改善 薩摩芋納豆

*ビオチン(ビタミンH):疲労解消、肌荒れ予防改善糖尿病、皮膚炎予防
  酵母、レバー(あんこう)、あずきいんげん豆えんどう、ささげ、そら豆大豆)、卵黄などに多く含まれています。
  アルカリで不安定な性質。補酵素として皮膚疾患、血糖値の改善を促進、長時間の空腹時や絶食時に行われる代謝脂肪酸の合成、アミノ酸代謝などに深く関わり、セラミドコラーゲン生合成を向上する栄養素です。
  また、過剰なビオチンは尿中に排泄され、体内に蓄積される事はありません。 不足しますと白髪、脱毛、湿疹、皮膚炎、筋肉痛、疲労感、食欲不振、神経症状などの欠乏症状がみられる場合があります≫ 詳しく見る
不足しやすい 】 肌が荒れやすい減量・ダイエットをしている、ストレスを受けやすい、たばこを吸う、お酒を飲む、レバー・をあまり摂らない方などです。
関連記事ガスたまる 下腹ぽっこり防ぐ習慣シミ たるみ改善 脂肪吸収も抑制

*葉酸(ビタミンB9):胎児の神経管発育不全・貧血改善、認知症・脳梗塞・動脈硬化・肺がん、肌荒れ予防
  レバー抹茶、うに、なばな枝豆からし菜きな粉モロヘイヤブロッコリーほうれん草アスパラ春菊よもぎ*、そら豆サニーレタス小松菜にら帆立、大豆もやし、ひじき南瓜えのき茸ゴーヤ牛蒡白菜種実類*などに多く含まれています。
  アミノ酸・たんぱく質代謝においてビタミンB12と共に必須アミノ酸メチオニン生成に関わり、傷ついた遺伝子を修復、赤血球再生、アミノ酸や遺伝子本体であるDNAの合成に必要な栄養素で、重篤な欠乏症には巨赤芽球性貧血が挙げられます。≫ 詳しく見る
  がんは発がん遺伝子の障害によって起こるとされ、遺伝子が修復されれば、がんは抑えられることになる。 ビタミンB12には遺伝子が傷つくと、それを修復する働きがある。 葉酸も同様。「讀賣新聞1994年4月3日掲載記事(肺がんの前がん治療 緑野采の葉酸が効果)より一部抜粋」
不足しやすい 】 妊娠の可能な女性妊婦肌が荒れやすい立ちくらみがする、レバーが嫌い緑黄色野菜、豆・種実類をあまり摂らない方などです。
AFPBB News 葉酸の毎日摂取、出産適齢期の全女性に推奨 米国専門委 2017.1.11】
関連記事ブロッコリーナッツ炒ハムにら玉かぼちゃライ麦パンサンド

  消化・分解、代謝に関わる酵素を活性化する基礎代謝を上げるナイアシン栄養エネルギーに変える際に必要な脂肪ビタミンB2、糖質はビタミンB1と、この働きを助ける脂肪はフェニルアラニン、チロシン、糖質はイソロイシン、ロイシン、リジン、バリン、エネルギーを作る働きを活性化するアスパラギン酸アラニン、エネルギーを消費する際に必要なマグネシウムが得られるため、糖質や脂肪の蓄積を防ぎ、太りやすい体質の改善効果が上がります
※そら豆を原料として作られる豆板醬を活用するのもオススメです。
  継続して1日100g摂るで、疲労回復、若返り、解毒抗酸化作用、認知症・高血圧・動脈硬化・肥満・糖尿病、骨粗鬆症・皮膚炎・風邪・貧血肌荒れ冷え性改善、脳梗塞・心臓疾患・がん、胎児の神経管発育不全・うつ病・抜け毛むくみ抑制高脂血症脚気多発性神経炎・心臓肥大予防効果があると考えます。
※成分と含有量を数値化、100以上改善、60以上抑制、30以上予防とみています。
関連記事肌老化 くすみ 貧血改善 サニーレタス下半身 脚痩せup チョコも活用

【 参考資料 】
そら豆マンガンビタミンE栄養成分効果辞典2011年10月20日開設


Related posts(外部サイト)


posted by 水夢 at 17:14 | Comment(0) | 貧血 予防 改善 効果的 な 食材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月03日

くすみ 貧血 潤い改善 サニーレタス

  日を重ねるごとに寒さ増す仲冬。”くすみ肌・立ちくらみ”、“爪が白い・貧血”、“シミ・そばかす”、“しわ・たるみ”、“むくみ・太りやすい”など、身体からのサインがみられませんか?

  酸素を全身に運ぶ赤血球を生成する、これの吸収とコラーゲンの生成を助けるビタミンC、傷付いた遺伝子を修復し赤血球を再生する葉酸、これとカロテンを守るビタミンEと、肌の潤いを保つカロテン始め、肌老化の原因物質を除去するビタミンC・Eの抗酸化成分が得られるため、がんの発症を抑え、くすみ貧血肌老化を改善に導きます
関連記事太り体質 肌老化改善 がん抑制隠れ肥満防ぎ ダイエット効果up たらこ

 「症状がある」、「肌老化を防ぎ、痩身効果を上げたい」 方にオススメで 【 一石三鳥 】 以上の効果的な食材、『 サニーレタス 』 です。
青色文字をクリックして頂きますと、説明文または関連記事、対処法、サイトが表示されます。

  キク科野菜レタスには、葉酸が多く、その中でもサニーレタスには、カロテンビタミンB1B2・E、カリウムカルシウム、マンガンなど体の働きを保持・調整に必須な栄養素がバランス良く含まれています。

サニーレタス100gを摂った場合、日本成人女性1日の栄養素必要量を満たす割合
  ●鉄=15〜18 ●ビタミンC=17 ●葉酸=60 ●ビタミンE=16 ●カロテン(ビタミンA当量)=19 ●ビタミンB2=10 ●パントテン酸=7 ●ビタミンB1=13 ●カリウム=21 ●マンガン=12〜14 ●カルシウム=11 ●ビタミンB6=7 ●マグネシウム=5〜6 ●リン=5 ●亜鉛=4 ●銅=3〜4 ●食物繊維=8〜10
下限カロリー(1,190)=1.3(16kcal) ※単位%、1枚約40g
関連記事⇒太る くすみ 貧血改善 疲労回復太り体質 ガス お腹張り改善 レーズン

*マンガン(Mn):糖尿病、平衡感覚・生殖腺機能障害、肌荒れ冷え性予防
  玉露、めたで、ずいき、いたや貝、ふだんそう、種実類*、大豆、ひじきしじみ干し柿油揚げモロヘイヤがんもどき、めざし、せり、パインアップル*、そば*、玄米、塩豆、からし菜、挽きわり納豆、なずな、ゆり根などに多く、サニーレタスに含まれています。
  成人体内に約200mg、肝臓、膵臓(すいぞう)、毛髪に特に多く含まれ、肝臓のミトコンドリアに存在するピルビン酸カルボキシラーゼなどの基になる成分として重要。 マグネシウムが関わるさまざまな酵素反応にマンガンも働き、骨や肝臓の酵素作用を活性化する栄養素です。
  不足しますと運動失調を起こす、生殖能力が低下するなどの症状がみられる場合があります。
不足しやすい 】 肌が荒れやすいむくみ・冷えやすい減量・ダイエットをしている妊婦や胎児、成長期の子供、種実類をあまり摂らない方などです。 ※食品名*は一部除く
関連記事肌老化抑え 美肌力上げる 鴨南蛮うどんジム通いなし 太もも痩せ可能

*ビタミンE:肌荒れ予防改善、認知症・動脈硬化・糖尿病白内障貧血冷え性予防
  油脂*、抹茶ピーナッツ、魚卵(さけたらにしん)、モロヘイヤ、養殖あゆ、うなぎ、赤ピーマン、のりじねんじょはまち大根かぶの葉くるみめかじきなばな、クロワッサン、油揚げ、にらブロッコリー大豆きな粉などに多く、サニーレタス含まれています。
  酸敗油、鉄、紫外線などで分解、単一の摂取より食事からの方が吸収が良い性質。 抗酸化作用により、動脈壁を緩め縮めるなど重要な働きがある必須脂肪酸の過酸化、ビタミンAカロテン酸化活性酸素による赤血球の溶血、老化防止に役立つ栄養素です。
  また、体内の生体膜脂質に広く存在、リポたんぱく質によって各細胞に運搬、生体膜を健全に保ち、正常な生殖に必要です。≫ 詳しく見る
不足しやすい 】 肌が荒れやすい立ちくらみがするむくみ・冷えやすい、外食や調理済み食品を多く摂る方などです。
関連記事人参ナッツ和えかぶ鶏肉煮アサリなばな酒蒸ハム入にら玉

  消化・分解、代謝に関わる酵素を活性化する栄養素エネルギーに変える際に必要な脂肪ビタミンB2パントテン酸、糖質はビタミンB1と、コレステロールの上昇の抑える食物繊維、水分・塩分を調節するカリウムが得られるため、脂肪の蓄積、むくみ防ぎ、太りやすい体質の改善効果が上がります

  継続して1日100g摂るで、貧血肌荒れ改善、認知症・脳梗塞・動脈硬化・がん、胎児の神経管発育不全・冷え性抑制、高血圧・糖尿病白内障むくみ予防効果があると考えます。
※成分と含有量を数値化、100以上改善、60以上抑制、30以上予防とみています。
関連記事貧血改善 焼豚肉ブロッコリーさっと炒目と肌守り シミ しわ たるみ改善

【 参考資料 】
サニーレラタスマンガンビタミンE栄養成分効果辞典2011年10月20日開設

Related posts(外部サイト)


posted by 水夢 at 08:14 | Comment(0) | 貧血 予防 改善 効果的 な 食材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月13日

美肌up くすみ 貧血改善 和牛ヒレ肉

  気温が変わりやすい初秋。”くすみ肌・立ちくらみ”、“爪が白い・貧血”、“シミ・そばかす”、“しわ・たるみ”、“むくみ・太りやすい”など、身体からのサインがみられませんか?

  酸素を全身に運ぶ赤血球を生成する、傷付いた遺伝子を修復し抗貧血作用があるビタミンB12と、赤血球生成とコラーゲンの素になるアミノ酸の合成を促すビタミンB6、肌老化物質を除去する亜鉛が得られるため、くすみ、貧血、肌老化を改善に導きます

 「症状がある」、「美肌と痩身効果を上げたい」 方にオススメで 【 一石三鳥 】 以上の効果的な食材、『 和牛ヒレ肉 』 です。
青色文字をクリックして頂きますと、説明文または関連記事、対処法、サイトが表示されます。
関連記事潤い改善 牛肉インゲンしめじ包焼くすみ 貧血改善 生活習慣病予防

 和牛肉の中でも脂肪が最も少ないヒレには、ビタミンB6B12ナイアシンリン亜鉛と、グルタミンコエンザムQ10が多く、ビタミンB2パントテン酸カリウムなど体の働きを保持・調整に必須な栄養素も含まれています。
和牛ヒレ肉100g摂った場合、日本成人女性1日の栄養素必要量を満たす割合
  ●鉄=25〜28 ●ビタミンB12=67 ●ビタミンB6=31 ●亜鉛=42〜47 ●ナイアシン=33 ●ビタミンB2=24 ●パントテン酸=26 ●カリウム=17 ●リン=30 ●ビタミンB1=8 ●ビタミンE=5 ●葉酸=4 ●マグネシウム=8〜9 ●銅=6
カロリーは223kcalになります。(単位%)
関連記事⇒太り体質 貧血改善 薩摩芋かぼす含煮夏太り招く習慣 その対処法

*カリウム(K):細胞膜運送、細胞内外の電位差保持、高血圧、浮腫(むくみ)・冷え性予防改善
  わかめひじき、切干し大根、ピュアココア、抹茶、干し椎茸、きな粉、豆、乾燥あんずいちじく、ふだんそう、パセリ、よもぎピーナッツ、ゆり根、レーズン、ぎんなん、ほうれん草干し柿里芋、納豆、からし菜、切り三つ葉、枝豆などに多く、和牛ヒレに含まれています。
  細胞中にあり、神経経路の信号伝達、組織の外分泌、ホルモンの内分泌、筋肉・血管、膀胱、子宮、心臓の収縮などに重要な細胞の外と内部をプラス・マイナスに維持、細胞膜運送、余分な塩分や水分を排泄エネルギー代謝の働きをする栄養素です。
  欠乏症状としては脱力感、食欲不振、吐き気、不関心、不安感、非合理的行動などがみられ、時には、不整脈、心停止をもたらす事もあります。≫ 詳しく見る
不足しやすい 】 むくみ・冷えやすい、豆・種実、野菜、海藻類をあまり摂らない、塩辛い物や濃い味付けを好む方などです。
関連記事肌老化原因物質 除去力上げる術太り体質 肌老化改善 がんも抑制

*鉄(Fe):赤血球生成貧血予防改善
  ひじき、抹茶、干しえび、ピュアココアレバー*、のりごま切干し大根、きな粉、しじみはつ赤貝ほっき貝よもぎ油揚げあげまきあさりがんもどき、ライ麦、い貝、コンビーフ缶詰、納豆みる貝などに多く、和牛ヒレに含まれています。
  成人体内に約3g含まれ、赤血球のヘモグロビン、筋肉のミオグロビンや肝臓のフェリチン、一部は全身の細胞に広く分布。 主にヘモグロビンの鉄はの隅々まで酸素を運び、ミオグロビンの鉄は酸素を細胞内にとり入れ、各細胞の鉄は酵素の活性化に関わり、栄養素の燃焼に役立っている栄養素です。
  赤血球は絶えず骨髄などで造られ、古くなったものは分解されるため、鉄が不足しますと、赤血球の生成が妨げられ、貧血となります。≫ 詳しく見る
不足しやすい 】 立ちくらみがする閉経前の女性妊婦や胎児、レバー・貝類が嫌い、豆・海藻類をあまり摂らない方などです。 ※食材名*は一部除く
関連記事太り体質から回避 くすみも解消くすみ 肌荒れ 太る抑え 隠れ貧血改善

  寝ててもエネルギーを消費する基礎代謝を上げるナイアシン脂肪エネルギーに変える際必要なビタミンB2パントテン酸、水分・塩分を調節するカリウムが得られるため、脂肪の蓄積を防ぎ、太りやすい体質の改善効果が上がります

  継続して1日100g摂るで、皮膚炎・貧血肌荒れ冷え性改善、がん、胎児の神経管発育不全抑制、 高血圧・動脈硬化・糖尿病ペラグラ神経症状・うつ病・骨折・先端疼痛症口舌炎・胃腸病・風邪・むくみ予防効果があると考えます。
※成分と含有量を数値化、100以上改善、60以上抑制、30以上予防とみています。
関連記事肌老化 太る改善 睡眠の質UP痩身力上げ 太り体質 冷え改善 さば

重大な病気が隠れていることも

  貧血の中で圧倒的に多いのは、ヘモグロビンの材料である鉄が不足するためにおきる 「鉄欠乏性貧血」。 バランスのとれた食事には1日平均20ミリグラムの鉄が含まれている。 1割が体内で吸収されているので鉄が不足することはない。

  しかし、偏食をしたり、ダイエットで極端に食事制限をしたりすると、鉄が不足する。 「自覚症状がない人が多いのは、徐々に進行するので体が慣れてしまうからです」 と慶応義塾大学の池田康夫教授(血液内科)は言う。

  自覚症状がなくても、疲れやすく集中できなくなっていることが多いという。 「体内で慢性的な出血が起きている可能性があります。 たとえば、胃がんや大腸がん、子宮がんなどです。 精密検査をすぐに受けてください」 と池田さん。

「朝日新聞2008年10月20日(体とこころの通信簿)より一部抜粋」」

【 参考資料 】 「和牛ヒレ肉カリウム栄養成分効果辞典2011年10月20日開設

Related posts(外部サイト)


posted by 水夢 at 08:34 | Comment(0) | 貧血 予防 改善 効果的 な 食材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月08日

太り体質 くすみ 貧血改善up かつお

  気温が変わりやすく日差しが温かくなってきた初春。”くすみ肌・立ちくらみ”、“爪が白い・貧血”、“シミ・そばかす”、“しわ・たるみ”、“冷え・太りやすい”など、身体からのサインがみられませんか?

  赤血球を生成する、これの生成を促進するビタミンB6、抗貧血札作用があるビタミンB12と、有害物質を解毒するシスチン始め、メチオニンヒスチジンアンセリンなど肌老化を防ぐ抗酸化成分も摂れるため、くすみ、貧血、肌老化の改善効果が上がります
アミノ酸の効力を最大限に活かすには、高温加熱に弱いため、刺身など生食がオススメです。

 「症状がある」、「美肌と痩身効果を上げたい」 方にオススメで 【 一石三鳥 】 以上の効果的な食材、『 かつお 』 です。
青色文字をクリックして頂きますと、説明文または関連記事、対処法、サイトが表示されます。

  初がつおには、ビタミンB12ナイアシンが豊富、ビタミンB6リンと、アンセリンアルブミンが多く、ビタミンB1B2パントテン酸カリウムマグネシウムなど身体の働きを保持・調整に必須な栄養素も含まれています。
  また、かつおには、必須アミノ酸のイソロイシン、リジン、メチオニンシスチン、フェニルアラニン、チロシン、スレオニン、トリプトファン、バリン、ヒスチジンが豊富、ロイシン、アミノ酸アルギニンアラニンアスパラギン酸グリシンプロリングルタミンも多く含まれています。
春穫りを 「初がつお」、秋穫りを 「戻りがつお」 ともいわれています。

初がつお100g摂った場合、日本成人女性1日の栄養素必要量を満たす割合
  ●鉄=6〜19 ●ビタミンB6=63 ●ビタミンB12=350 ●ナイアシン=146 ●リン=47 ●ビタミンB1=16 ●ビタミンB2=17 ●パントテン酸=14 ●カリウム=22 ●マグネシウム=15〜18 ●ビタミンE=4 ●葉酸=3 ●亜鉛=8〜9 ●銅=7〜8(単位%)
関連記事美肌力上げ お腹張り防ぐ よもぎシミ 潤い 貧血改善 根菜マヨサラダ

体重が50kgの場合、成人1日の必須アミノ酸推奨量WHO満たす割合
  ●シスチン=156 ●メチオニン=151 ●ヒスチジン=4,600 ●フェニルアラニン、チロシン=136 ●イソロイシン=110 ●リジン=140 ●スレオニン=133 ●トリプトファン=165 ●バリン=100 ●ロイシン=97
カロリーは114kaclになります。 ※アミノ酸数値=かつお、鮨だね1切約10g、切り身約80g
関連記事⇒美肌力up 貧血 くすみ改善 からし菜4週間で1.5kg減 下腹張り解消

*アルブミン:長寿作用、肝硬変、栄養失調・ネフローゼ症候群肌荒れ予防
  豚肉(かたかたロースロース、ばら、ももヒレ)、かつお、卵白、乳汁などに多く含まれ、体内では肝臓で生成、細胞や体液に含まれ、体液組織に漏れるのを防止、栄養素ホルモンなどの物質全身の細胞に運ぶ働きがあり、脳や身の内部から活性化、老廃物を肝臓に運び体内を浄化などの役割を果たす最も重要な水によく溶けるたんぱく質の一つです。
  不足しますと、栄養失調を招き、ネフローゼ症候群、ウィルス性肝炎・肝硬変などの肝機能障害になる場合があります。≫ 詳しく見る
また、健康診断でも行われる血液検査で、健康、栄養状態の把握する指標に用いられています。
不足しやすい 】 日焼けや熱傷(やけど)、偏った食事をしている方などです。
関連記事くすみ 潤い お腹張り 太る改善体内浄化 潤い改善 レーズン牛乳寒天

*リジン:肝機能・疲労回復、若返り作用、高血圧・動脈硬化、感染症肌荒れ冷え性予防
  高野豆腐、ゼラチンしらすまぐろ大豆、鶏むねももかつおチーズすじこぶりかじきかれいひらめ豚ロースさけあじサーロインとり貝青身魚えびうなぎレバー、(大豆製品・魚・肉)などに豊富に含まれています。
  身体の組織を修復、細胞を活性化、アルコール摂取やストレスなどで弱った肝臓の働きを向上、糖質エネルギー代謝を促進し、疲労を回復する働きがある必須アミノ酸の一つで、食事から摂取する必要があります。
  また、細菌・ウィルスに対する免疫力を上げ、感染症を予防する作用が期待できます。 不足しますと目の充血、めまい、おう吐、貧血などの症状を招く場合があります。≫ 詳しく見る
不足しやすい 】 立ちくらみがする肌が荒れやすい減量・ダイエットをしている、レバー・魚介類が嫌い、豆類をあまり摂らない方などです。 ※( )内食材名は一部除く
関連記事ココアマシュマロ山芋イクラ寄カリフラワーえびマルネ大根の葉納豆

  付いてしまった脂肪エネルギーに変えるチロシン基礎代謝を上げるナイアシン、エネルギーを作る働きを活性化するアンセリンが得られ、就寝3時間前のご飯に摂る事で、脂肪の蓄積を防ぎ、太りやすい体質を改善に導きます

  継続して1日100g摂るで、視・肝機能修復、疲労回復、若返り、解毒抗酸化作用、認知症・高血圧・動脈硬化・肥満・糖尿病・がん、胎児の神経管発育不全・うつ病・ペラグラ神経症状感染症・皮膚炎・胃腸病・口舌炎・風邪・抜け毛貧血肌荒れむくみ冷え性改善、骨粗鬆症・先端疼痛症抑制、脳・心臓疾患予防効果があると考えます。
※成分と含有量を数値化、100以上改善、60以上抑制、30以上予防とみています。
関連記事痩せ体質に導く 水分の摂り方美肌 & 瘦身力up りんご黒糖シナモン煮

【 参考資料 】 「かつおアルブミンリジン栄養成分効果辞典2011年10月20日開設

Related posts(外部サイト)


  このサイトから 「 お探しの項目 」 をもっとお知りになりたい方は、Googleから関連サイト内の検索ができるようにボックスを設置しております。 お役に立てば幸いです。

2017年02月08日

美肌力up 貧血 くすみ改善 からし菜

  朝晩の冷え込みが厳しい晩冬。”くすみ肌・立ちくらみ”、“爪が白い・貧血”、“しわ・たるみ”、“冷え・太りやすい”、“ガスたまる・便秘”など、身体からのサインがみられませんか?

  赤血球を生成する、これを再生する葉酸、守るビタミンEと、ビタミンC始め、イソチオシアネートビタミンUルティンカロテンシスチンヒスチジンなど肌老化を防ぐ抗酸化成分も摂れるため、くすみ、貧血改善し、美肌効果が上がります
アミノ酸の効力を最大限に活かすには、高温加熱に弱いため、レンジでの加熱がオススメです。

 「症状がある」、「美肌効果を上げ、脂肪の蓄積を防ぎたい」 方にオススメで 【 一石三鳥 】 以上の効果的な食材、『 からし菜 』 です。
青色文字をクリックして頂きますと、説明文または関連記事、対処法、サイトが表示されます。

  アブラナ科野菜の中でもからし菜には、葉酸が豊富、ビタミンC・カリウムマンガンと、イソチオシアネートビタミンUルティンが多く、カロテンビタミンB1B2B6カルシウム亜鉛食物繊維など身体の働きを保持・調整に必須な栄養素がバランス良く含まれています。
  また、必須アミノ酸のイソロイシン、リジン、シスチン、フェニルアラニン、チロシン、スレオニン、トリプトファン、バリン、ヒスチジンも含まれていますので、更に効果が期待できます。
からし菜は、菜がらしとも呼ばれ、種は和辛子(わがらし)の原料となり、旬は晩冬から初春で、2〜3月になります。

からし菜100gを摂った場合、日本成人女性1日の栄養素必要量を満たす割合(%)
  ●鉄=18〜22 ●葉酸=155 ●ビタミンE=39 ●ビタミンC=64 ●カロテン(ビタミンA当量)=26 ●ビタミンB1=15 ●ビタミンB2=27 ●カリウム=31 ●マンガン=29〜34 ●ビタミンB6=21 ●カルシウム=23 ●亜鉛=9〜10 ●食物繊維=15〜19 ●ナイアシン=9 ●パントテン酸=6 ●マグネシウム=8〜9 ●銅=5〜6
関連記事くすみ 貧血改善 瘦身力up ロール白菜肌荒れ たるみ抑え 美肌キープ

体重が50kgの場合、成人1日の必須アミノ酸推奨量WHO満たす割合
  ●シスチン=23 ●ヒスチジン=11 ●フェニルアラニン、チロシン=14 ●イソロイシン=10 ●リジン=10 ●スレオニン=15 ●トリプトファン=19 ●バリン=10 ●ロイシン=9 ●メチオニン=7
カロリーは26kcalとなります。
関連記事>⇒脂肪消費 くすみ改善 プロセスチーズガス防ぎ ニオイcut ラタトゥイユ

*シスチン:解毒作用、老化・抜け毛肌荒れ冷え性予防改善 ※( )内食材名は一部除く
  しらす、オートミール、とり貝かつおライ麦パンレバーかじき、豆、鶏むねもも、うに、そば、ぶりはまち青身魚豚ロース赤貝ひらめかれいサーロイン挽き肉はつチェダーチーズえび、(大豆製品種実類・魚介・肉)などに豊富に含まれています。
  2分子のシステインが結合した髪の毛をつくる主成分で、毛髪、爪などに特に存在、ケガの治癒と、疲労を回復、炭水化物をブドウ糖に変えエネルギー代謝を促進代謝されると硫黄を出し、他の物質と反応して解毒する働きがある必須アミノ酸の一つで、有毒金属、喫煙、飲酒などで生じる活性酸素から身を守る作用が期待できます。
  ただ、単一のシスチン、またはこれを含む成分を大量に摂取した場合、吐き気、下痢、口やのどの渇きなど一過性の不快症状を招く事があります。≫ 詳しく見る
不足しやすい 】 肌荒れ・抜け毛が気になるむくみ・冷えやすい減量・ダイエットをしている、レバー・豆・種実類をあまり摂らない、野菜を中心に摂る方などです。
関連記事ガス抑え 美肌up りんごダイエット肌老化抑える 切干大根ツナ炊込飯

*ビタミンC:肌荒れ予防改善、がん、壊血病白内障・風邪・貧血予防
  グァバ、トマピー、ゆず、なばなブロッコリーかぶ大根の葉ゴーヤピーマンキウイ紫キャベツモロヘイヤからし菜いちご、パパイア、れんこん、キャベツ、小松菜柑橘類*、ほうれん草*、じゃが芋よもぎたらこミニトマトさやえんどうなどに多く含まれています。
  毛細管、歯、軟骨、結合組織にそのままの形であり、体内に約1.5g貯蔵。 各種物質コレステロール代謝、発がん性物質の生成抑制、コラーゲンの生成、の吸収促進ビタミンEを再利用する働きがある抗酸化成分栄養素です。
  適正摂取量は運動、労働、感染、各種ストレスや、タバコ、多量のアルコール、経口避妊薬などの摂取、細菌・ウィルスなどの侵入により影響を受け、水に溶けやすいため、1日100mgの摂取が必要です。≫ 詳しく見る
不足しやすい 】 肌が荒れやすい立ちくらみがするストレスを受けやすい、たばこを吸う、果実をあまり摂らない、野菜が嫌いな方などです。 ※食材名*は一部除く
関連記事ブロッコリー グラタンれんこん肉団子煮レアチーズケーキ風

  継続して1日100g摂るで、免疫力向上、抗酸化作用、風邪・貧血肌荒れ冷え性予防改善、認知症・脳梗塞・高血圧・動脈硬化・糖尿病・がん、胎児の神経管発育不全・壊血病白内障・皮膚炎・むくみ便秘予防効果があると考えます。
※成分と含有量を数値化、100以上改善、60以上抑制、30以上予防とみています。
関連記事肌の乾燥トラブル防ぎ 潤い保つ痩せ体質up 豚挽肉かぼちゃ人参煮

  エネルギー化に必要な糖質はビタミンB1脂肪ビタミンB2を含む量が葉菜でトップクラス。付いてしまった脂肪をエネルギーに変えるチロシンが得られ、就寝3時間前のご飯に摂る事で、脂肪の蓄積を防ぎ、痩せ体質に導きます

重大な病気が隠れていることも

  貧血の中で圧倒的に多いのは、ヘモグロビンの材料である鉄が不足するためにおきる 「鉄欠乏性貧血」。 バランスのとれた食事には1日平均20ミリグラムの鉄が含まれている。 1割が体内で吸収されているので鉄が不足することはない。

  しかし、偏食をしたり、ダイエットで極端に食事制限をしたりすると、鉄が不足する。 「自覚症状がない人が多いのは、徐々に進行するので体が慣れてしまうからです」 と慶応義塾大学の池田康夫教授(血液内科)は言う。

  自覚症状がなくても、疲れやすく集中できなくなっていることが多いという。 「体内で慢性的な出血が起きている可能性があります。 たとえば、胃がんや大腸がん、子宮がんなどです。 精密検査をすぐに受けてください」 と池田さん。

「朝日新聞2008年10月20日(体とこころの通信簿)より一部抜粋」

【 参考資料 】
からし菜シスチンビタミンC栄養成分効果辞典2011年10月20日開設

Related posts(外部サイト)


2017年01月11日

脂肪cut くすみ改善 プロセスチーズ

  雨降るごとに朝晩の気温が下がる仲冬。”くすみ肌・立ちくらみ”、“爪が白い・貧血”、“しわ・たるみ”、“冷え・太りやすい”、“ガスたまる・便秘”など、身体からのサインがみられませんか?

 付いてしまった脂肪をエネルギーに変えるチロシン、細胞活性する成長ホルモンの分泌を促すアルギニン、脂肪の分解を促進するアラニン、脂肪をエネルギー化に必要なビタミンB2が摂れるため、脂肪の蓄積を防ぎ、痩せ体質に導きます アミノ酸の効力を最大限に活かすには、高温加熱に弱いため、そのまま食べるのがベストです。

 「症状がある」、「脂肪の蓄積を防ぎ、睡眠中のエステ効果を上げたい」 方にオススメで 【 一石三鳥 】 以上の効果的な食材、『 プロセスチーズ 』 です。
青色文字をクリックして頂きますと、説明文または関連記事、対処法、サイトが表示されます。

  チーズの中でも2種類以上のナチュラルチーズを原料にしたのプロセスチーズには、ビタミンB12カルシウムリンが豊富で、ビタミンB2亜鉛アルブミングルコン酸乳酸菌ラクトフェリン、βーカゾモルファンが多く、ビタミンA葉酸マグネシウムなど体の働きを保持・調整に必須な栄養素も含まれています。
  また、必須アミノ酸のイソロイシン、ロイシン、リジンメチオニン、フェニルアラニン、チロシン、スレオニン、バリン、ヒスチジン安眠作用があるセロトニンを生成するトリプトファンが豊富、シスチンアミノ酸アルギニンアラニンアスパラギン酸、プロリンが多く、グリシンも含まれています。

ただ、身体に良い食材でも、摂り過ぎには気を付けましょう!

プロセスチーズ40g摂った場合、日本成人女性1日の栄養素必要量を満たす割合
  ●ビタミンB12=53 ●カルシウム=42 ●リン=49 ●ビタミンB2=15 ●亜鉛=13〜14 ●ビタミンA=6 ●ビタミンE=6 ●葉酸=5 ●マグネシウム=3 ●ビタミンB1=2 ●カリウム=1 ●銅=2
関連記事お腹張り 脂肪抑え 痩身力up レモン潤い 貧血改善 キャベツ玉ねぎ豚蒸

体重が50kgの場合、成人1日の必須アミノ酸推奨量WHO満たす割合
  ●リジン=51 ●イソロイシン=48 ●ロイシン=47 ●メチオニン=45 ●シスチン=27 ●フェニルアラニン、チロシン=32 ●スレオニン=44●トリプトファン=58 ●バリン=49 ●ヒスチジン=58
カロリーは149.2kcalになります。(単位%) ※2カット約40g
関連記事⇒痩せ子実践!? ダイエット効果UP習慣太り体質改善 たるみ防ぐ いちじく

*βーカゾモルファン:うつ病・認知症予防
  チーズカマンベールチェダープロセス)に多く含まれ、脳細胞を活性化させる作用が期待できます。 その中でもパルメザンは、熟成期間が長いので成分が増え、加熱する事で、吸収・効力が向上します。
関連記事ガスたまる 下腹太り防ぐ 大根油揚煮良質の睡眠=起床後の食事が鍵

*プロリン:保湿作用肌荒れ予防改善、骨粗鬆症・関節痛予防
  ゼラチンチーズプロセスチェダーライ麦パンしらす、えび伊勢、生そば、いかレバーかに青身魚、若鶏皮なしむねもも豚ロースぶりかじきサーロインはまち、蜂蜜、(大豆製品種実類はつ、魚・肉)などに多く含まれています。
  身体の結合組織、心筋の合成時に主要な材料、コラーゲンの素になるアミノ酸で、肌に潤いをもたらす保湿作用があり、加齢とともに生じる肌の張りの消失、シミ・肌荒れを防ぎ健康な肌を保持、腸に働き、カルシウムの吸収を促進、関節痛を緩和する作用が期待できます。
  また、肌再生において、一度破壊されたコラーゲンを修復ビタミンCとともに摂取する事で、更に効果を発揮します。≫ 詳しく見る
不足しやすい 】 肌が荒れやすい減量・ダイエットをしている、チーズ・魚介類が嫌い、豆・種実、卵類をあまり摂らない方などです。 ※( )内食材名は一部除く
関連記事ココアマシュマロ焼山芋チーズのせワカメいかキムチ和え大根葉納豆

  成分と含有量から効力をみてみますと、1日40g摂るで、疲労回復、若返り、整腸抗酸化作用、風邪・貧血肌荒れ冷え性予防改善、認知症・心臓疾患・高血圧・動脈硬化・肥満・がん、骨粗鬆症・うつ病・骨折・皮膚炎・風邪・便秘予防効果があると考えます。
関連記事身体引き締め くすみ防ぐ 水菜たるみ防ぎ ウエイト減 あさり菜花酒蒸

  抗貧血作用があるビタミンB12、不足すると貧血になるリジンと、鉄吸収を助けるラクトフェリン始め、メチオニンヒスチジンシスチンなど肌老化を防ぐ抗酸化成分も多く含み、就寝3時間前のご飯に摂る事で、くすみ、貧血を改善し、美肌効果が更に上がります

【 参考資料 】
「おもっきりテレビ」2002年1月21日放送(冬期栄養失調を防ぐ食材と調理法)
プロセスチーズプロリン栄養成分効果辞典2011年10月20日開設

Related posts(外部サイト)



↑ TOP貧血 原因効果的 食材不足 成分痩せたい 用心美 保つ

2016年12月28日

潤い 貧血改善 キャベツ玉ねぎ豚蒸

  日を重ねるごとに気温が下がる初冬。 ”くすみ肌・立ちくらみ”、“爪が白い・貧血”、“しわ・たるみ”、“冷え・太りやすい”、“ガスたまる・便秘”など、身体からのサインがみられませんか?

  赤血球の生成を促進するビタミンB6吸収を助けるビタミンC、古くなった赤血球を再生する葉酸と、アントシアニンイソチオシアネートケルセチンケンフェロールルティン抗酸化成分もいっぺんに摂れるため、くすみ貧血を改善し、美肌効果の強化に繋がります

 「症状がある」、「肌老化を防ぎ、痩せ体質にしたい」 方が効果的に摂取できる食べ合わせが、『 キャベツと玉ネギの豚蒸し煮 』 です。
青色文字をクリックして頂きますと、説明文または関連記事、サイトが表示されます。

  アブラナ科野菜キャベツには、ビタミンCと、イソチオシアネートビタミンUルティン、その中でも紫キャベツには、アントシアニンが多く、葉酸カリウム食物繊維アミノ酸の合成と代謝赤血球生成を促進、肌を保つむくみ肌荒れ貧血予防作用があるビタミンB6と、ケンフェロールも含まれています。
  玉ねぎには、アリシン活性酸素の除去力が強くビタミンC吸収を促進し成分を保持する肌荒れ予防効果があるケルセチン豚ヒレ肉にはビタミンB1が豊富、ビタミンB6、ナイアシンリンと、アルブミンカルニチン、グルタチオン、αーリポ酸コエンザイムQ10が多くが多く含まれています。
  また、玉ねぎの中でも紫玉ねぎには、ビタミンB6、葉酸、アントシアニン、豚ヒレ肉には、ビタミンB2B12パントテン酸、カリウム、マグネシウム亜鉛など身体の働きを保持・調整に必須な栄養素も含まれています。

紫キャベツ、紫玉ねぎ各100、豚ヒレ肉50gを摂った場合のカロリーは、30、38、57.5で約126kcal。 蒸すため更にカロリーダウンとなります。 ※目安2枚、Mサイズ1/2個、薄切り5枚
関連記事冷えから守り 太りにくい 身体作るシミ しわ抑え 潤い保つ ティラミス風

これら食材を摂った場合、日本成人女性1日の栄養素必要量を満たす割合は、ビタミンB6●45、ビタミンC●75、葉酸●41、ナイアシン●21、ビタミンB1●71、ビタミンB2●17、パントテン酸●11、カリウム●35、カルシウム●10、リン●19、マグネシウム●13〜15、亜鉛●11〜12、食物繊維●18〜23です。(単位%)
※下記成分表で蒸しの測定値がなかったため、生の値で算出
関連記事身体引き締め くすみ 貧血防ぐ 水菜痩せ子実践!? ダイエット効果UP法

*グルタチオン:肝機能強化、解毒抗酸化作用肌荒れ予防改善
  牛レバー豚ヒレかきしじみ、まぐろ(きはだびんながめばち)、ほうれん草、酒粕などに多く含まれ、全身の細胞、特に肝臓に多く存在、体内で合成されますが、20歳前後を境に加齢とともに減少します。
  抗酸化力を持ち、老化物質の活性酸素により酸化された酸化脂質や紫外線・ストレスなどを受けると体内で増加する活性酸素を除去するグルタミン酸、システイングリシンアミノ酸が結合したペプタイドです。
  また、解毒力がありますので、二日酔いを防ぎ、肝臓の働きを強化する作用が期待できます。

関連記事しわ くすみ 貧血阻止 いちごババロア痩せ体質に導き 抜毛抑制 くるみ

*ビタミンC:肌荒れ予防改善、がん、壊血病白内障・風邪・貧血予防
  グァバ、トマピー、ゆず、なばなブロッコリーかぶ大根の葉ゴーヤピーマンキウイ紫キャベツモロヘイヤいちご、パパイア、れんこん、キャベツ、小松菜柑橘類*、ほうれん草*、じゃが芋よもぎたらこミニトマトさやえんどうなどに多く含まれています。
  水に溶けやすい性質で、体内に約1.5g貯蔵される抗酸化成分。 毛細管、歯、軟骨、結合組織に健在、体内の各種物質コレステロール代謝、発がん性物質の生成抑制、コラーゲンの生成、の吸収促進ビタミンEを再利用する働きがある栄養素です。
  適正摂取量は運動、労働、感染や各種ストレス、タバコ、多量のアルコール、経口避妊薬などの摂取、細菌・ウィルスなどの侵入により影響を受ける事から、個々の生活習慣を考え、摂取不足にならないよう注意が必要です。≫ 詳しく見る
不足しやすい 】 肌が荒れやすい立ちくらみがするストレスを受けやすい、たばこを吸う、果実をあまり摂らない、野菜が嫌いな方などです。 ※食材名*は一部除く
関連記事鉄不足原因?! 太り体質 冷え くすみお腹張り 脂肪抑え 痩身力up レモン

  成分と含有量から効力をみてみますと、これらを食べ合わせで、肝機能向上、抗酸化作用、浮腫(むくみ)・貧血肌荒れ冷え性予防改善、脳梗塞・高血圧・動脈硬化・肥満・糖尿病・がん、白内障・皮膚炎・風邪・便秘予防効果があると考えます。
関連記事貧血 むくみ 肌荒れ 防止 にも 効果的痩せ体質 & 美肌を 手に入れる

  脂肪分解を促進するアリシン、脂肪を分解しエネルギーに変えるカルニチン基礎代謝を上げるナイアシンエネルギー化に必要な糖質ビタミンB1、脂肪はビタミンB2パントテン酸がいっぺんに摂れるため、脂肪の蓄積を防ぎ、痩せ体質に繋がります

【 参考書籍・資料 】
「食品成分表改定最新版」女子栄養大学出版部2011年2月25日発行
「五訂食品成分表2001」女子栄養大学出版部2000年11月発行
紫キャベツ紫玉ねぎ豚ヒレ肉グルタチオンビタミンC栄養成分効果辞典
 2011年10月20日開設

Related posts(外部サイト)


↑ TOP貧血 原因効果的 食材不足 成分痩せたい 用心美 保つ

2016年12月14日

身体引き締め くすみ 貧血防ぐ 水菜

  雨上がりは気温が上がりにくい初冬。”くすみ肌・立ちくらみ”、“爪が白い・貧血”、“しわ・たるみ”、“冷え・太りやすい”、“ガスたまる・便秘”など、身体からのサインがみられませんか?

  コラーゲン生成や吸収を助けるビタミンC、古くなった赤血球を再生する葉酸と、赤血球を守るビタミンEを始め、カロテンイソチオシアネート、ビタミンUなど肌老化を防ぐ抗酸化成分もいっぺんに摂れるため、くすみ、貧血を改善し、美肌効果の強化に繋がります
ただ、寝るまでに3時間空かない場合は、身体を冷やしますので、レンジでチンがオススメです。

 「症状がある」、「美肌効果を上げ、身体を引き締めたい」 方にオススメで 【 一石三鳥 】 以上の効果的な食材、『 水菜 』 です。
青色文字をクリックして頂きますと、説明文または関連記事、サイトが表示されます。
関連記事下腹張り抑制 薩摩芋抹茶ごま茶巾鉄不足原因 太りやすい 冷え くすみ

  アブラナ科野菜には、イソチオシアネート、ビタミンUが多く、その中でも水菜には、葉酸が豊富、ビタミンCが多く、カロテンビタミンB1B2・B6・パントテン酸カリウムカルシウム食物繊維など身体の働きを保持・調整に必須な栄養素がバランス良く含まれています。
  そのままでも食べれますが、調理の際、水煮に比べ、電子レンジを使用する事で、熱に弱い栄養素・成分を酸化させずに摂取できますので、効果がより期待できます。
水菜は、水かけ菜、とう菜とも呼ばれ、旬は晩秋から晩春で、11〜3月になります。

水菜100gを摂った場合、日本成人女性1日の栄養素必要量を満たす割合(%)
  ●ビタミンC=88 ●葉酸=120 ●ビタミンE=11 ●カロテン(ビタミンA当量)=21 ●ビタミンB6=14 ●ビタミンB1=14 ●ビタミンB2=23 ●パントテン酸=11 ●カリウム=20 ●カルシウム=18 ●食物繊維=11〜14 ●ナイアシン=9 ●マグネシウム=8〜10 ●鉄=8〜10 ●亜鉛=3 ●銅=4〜5 ●マンガン=5〜6
カロリーは25kcalとなります。 ※1束約200g
関連記事⇒肌老化 乾燥肌に効く ほうれん草しわ くすみ 貧血改善 いちごババロア

*ビタミンU(キャバジン):免疫力向上、がん、十二指腸・胃潰瘍、胃腸病・風邪・肌荒れ予防
  キャベツかぶからし菜カリフラワーケール小松菜大根なばな白菜ブロッコリー水菜、からし、わさびなどのアブラナ科野菜に特に多く含まれています。
  熱に弱い性質で、抗酸化力を持ち、老化物質活性酸素を除去、免疫力を向上、胃腸粘膜の修復する働きがあるので、サプリメント、医薬品などにも用いられている水溶性化合物です。   また、胃酸の分泌を抑え、ストレスなどで傷ついた胃腸粘膜の修復する作用が期待できます。
関連記事脂cut 赤ちゃん肌回復 マーボ豆腐潤いup 美肌再生 がんも抑制 みかん

*ビタミンB6:肌荒れ予防改善先端疼痛症・皮膚炎・浮腫(むくみ)・貧血予防
  まぐろ抹茶レバー*、かつお、鶏挽き肉ささ身白さけきな粉青身魚大豆鶏むね、さくらます、くるみピーナッツひらめぶり豚ヒレあずきにらバナナ、和牛ヒレそとももいんげん豆などに多く、水菜に含まれています。
  同じ作用を持つ10種類以上の化合物の総称で、光、特に紫外線により分解される性質。 腸内細菌によって供給され、炭素を切り離す補酵素の成分として関わり、アミノ酸代謝に関わる多くの酵素補酵素として働き、必須アミノ酸を除くたんぱく質の素になるアミノ酸を合成、赤血球の生成を促進、肌・粘膜の健康をつ作用がある必須栄養素です。
  必要量は、たんぱく質の摂取量と密接に関わってます。≫ 詳しく見る
不足しやすい 】 肌が荒れやすい立ちくらみがする減量・ダイエットをしている、レバー・魚介類が嫌い、種実・豆類をあまり摂らない方などです。 ※食材名*は一部除く
関連記事鶏レバー串焼ささ身レンコンきんぴら白菜鮭シチュー鴨南蛮うどん

  成分と含有量から効力をみてみますと、継続して1日100g摂るで、抗酸化作用、風邪・貧血肌荒れ冷え性予防改善、認知症・脳梗塞・動脈硬化・糖尿病・がん、壊血病白内障・胎児の神経管発育不全・便秘予防効果があると考えます。
関連記事美髪get くすみ 貧血抑える ライ麦パン冷えから守り 太りにくい 身体作る

  エネルギー化に必要な糖質ビタミンB1脂肪ビタミンB2パントテン酸を含む量が葉菜でもトップクラス。余分な塩分と水分を排出するカリウムもいっぺんに摂れるためむくみを防ぎ、糖質と脂肪の消費が上がります

【 参考資料 】
水菜ビタミンUビタミンB6栄養成分効果辞典2011年10月20日開設

Related posts(外部サイト)


  このサイトから 「 お探しの項目 」 をもっとお知りになりたい方は、Googleから関連サイト内の検索ができるようにボックスを設置しております。 お役に立てば幸いです。

↑ TOP貧血 原因効果的 食材不足 成分痩せたい 用心美 保つ

2016年09月21日

シミ 肌荒れ くすみ 貧血改善 ほたて

  雨降るごとに気温が下がる初秋。”くすみ肌・立ちくらみ”、“爪が白い・貧血”、“シミ・しわ”、“たるみ・肌荒れ”、“むくみ・太りやすい”など、身体からのサインがみられませんか?

  脂肪エネルギー化に必要なビタミンB2パントテン酸、付いてしまった脂肪をエネルギーに変えるチロシン、寝てても消費するエネルギー量を上げるナイアシンコレステロールの上昇を抑えむくみを改善するタウリンがいっぺんに摂れるためむくみを防ぎ、痩身効果が上がると考えます。

  症状がある、身体を引き締めつつ、美肌に気を付けたい方にオススメで 【 一石三鳥 】 以上の効果的な食材、『 ほたて貝 』 です。
青色文字をクリックして頂きますと、説明文または関連記事、サイトが表示されます。

  の中でもほたて貝には、ビタミンB12が豊富、葉酸リンと、タウリンが多く、ビタミンB2ナイアシンパントテン酸カリウムマグネシウム亜鉛など身体の働きを保持・調整に必須な栄養素と、コハク酸も含まれています。
  また、必須アミノ酸のイソロイシン、ロイシン、リジン、メチオニン、シスチン、フェニルアラニン、チロシン、スレオニン、トリプトファン、バリン、ヒスチジンアミノ酸アルギニンアラニンアスパラギン酸グリシングルタミンも多く含まれていますので、更に効果が期待できます。

ほたて貝100gを摂った場合、日本成人女性1日の栄養素必要量を満たす割合
  ●ビタミンB12=475 ●葉酸=44 ●リン=35 ●ビタミンB2=29 ●ビタミンE=11 ●ナイアシン=13 ●パントテン酸=13 ●カリウム=16 ●マグネシウム=21〜25 ●鉄・・・18〜22 ●亜鉛・・・27〜30 ●ビタミンB1・・・6 ●ビタミンB6・・・6 ●カルシウム=4 ●銅=8〜9 ●マンガン=3〜4
関連記事シミ たるみ防ぎ くすみ 貧血抑制 白鮭太りやすい防ぎ 保湿up さつま芋

体重が50kgの場合、成人1日の必須アミノ酸推奨量WHO満たす割合
  ●イソロイシン=46 ●ロイシン=41 ●リジン=55 ●メチオニン=58 ●シスチン=88 ●フェニルアラニン、チロシン=60 ●スレオニン=69 ●トリプトファン=50 ●バリン=37 ●ヒスチジン=52(単位%)
カロリーは72kcalとなります。 ※鮨だね1切10g
関連記事⇒身体冷やす=内臓脂肪up 原因くすみ 貧血解消 脂肪down レバーにら

*メチオニン:疲労回復、視・肝機能修復、肌荒れ予防改善、肥満・がん、風邪・冷え性予防
  しらすまぐろ赤身かつおごまチェダーチーズはまちぶり鶏むねさんまさけうるめいわしひらめかれいとり貝まぐろとろ豚ロースあじプロセスチーズ大豆きな粉、魚卵(さけたら)、鶏ももサーロインなどに豊富、ほたて貝に多く含まれています。
  硫黄を含み、水に溶けにくい性質。 体内でグルタチオンタウリンに変化、カルニチンを再合成する必須アミノ酸の一つで、食事から摂取する必要があります。
  また、中性脂肪や血コレステロール上昇を抑制、強い抗酸化力を持ち、細胞・組織を傷付ける過酸化脂質活性酸素を除去するので、解毒や代謝分解などを司る肝臓の働きや目の網膜を修復する作用が期待できます。≫ 詳しく見る
不足しやすい 】 肌が荒れやすいむくみ・冷えやすい減量・ダイエットをしている、チーズ・魚介類が嫌い、種実・豆、卵類をあまり摂らない方などです。
関連記事潤い保ち 痩身効果uo 蓮根人参挽肉煮美肌保てない=洗顔し過ぎ原因

*ビタミンB12:貧血予防改善、肺がん、胎児の神経管発育不全予防
  のり*(ほたて貝)、レバー*、青身魚あじ、あゆ、かつおいかさけ・ます、まぐろぶりかれいうなぎたこえびかに*、はつひらめチーズ*、和牛ベーコン、成鶏手羽・皮なしもも、ハム・ソーセージ*、魚介などに多く含まれています。
  光によって分解される性質。 アミノ酸、たんぱく質の代謝において葉酸とともに必須アミノ酸メチオニン生成に関わり、脳の血流を促進、遺伝子が傷つくと、それを修復、遺伝子本体を合成、アミノ酸代謝たんぱく質核酸の生合成に必要な栄養素です。
  不足するしますと疲労、物忘れ、悪性貧血、うつ病、神経疾患、核酸合成異常など脳や神経に障害をもたらす欠乏症状がみられる場合があります。≫ 詳しく見る
不足しやすい 】 立ちくらみがする減量・ダイエットをしている、レバー・魚介類が嫌い、卵や乳製品をあまり摂らない、野菜中心に摂る方などです。 ※食材名*は一部除く
関連記事貧血 むくみ 肌荒れ にも 効果的生理作用を知って 貧血防ぎ 痩せ体質

  成分と含有量から効力をみてみますと、継続して1日100gを摂った場合、肝機能・疲労回復、若返り、解毒抗酸化作用貧血肌荒れ冷え性予防改善、脳梗塞・認知症・うつ病・心臓疾患・高血圧・動脈硬化・肥満・糖尿病・がん、ペラグラ口舌炎・胃腸病・神経症状・胎児の神経管発育不全・骨粗鬆症・皮膚炎・風邪・抜け毛むくみ予防効果があると考えます。
関連記事受動喫煙から 美肌 身を守るお腹凹ませ 痩せ体質 鶏肉里芋パイン煮

  酸素を全身に運ぶ赤血球の生成を促進する、古くなった赤血球を再生する葉酸と、細胞を活性化するコハク酸肌老化を防ぐ抗酸化成分ビタミンEメチオニンシスチンヒスチジンなども摂れるためくすみ、貧血を改善し、美肌効果強化に繋がります
ただ、アミノ酸の効力を最大限に活かすには、お刺身か、お寿司がベストです。

【 参考資料 】
ほたて貝メチオニンビタミンB12栄養成分効果辞典2011年10月20日開設

Related posts(外部サイト)


↑ TOP貧血 原因効果的 食材不足 成分痩せたい 用心美 保つ

2016年08月24日

シミ しわ防ぎ くすみ 貧血抑制 白鮭

  つかぬ間のすずしさ?! ”くすみ肌・立ちくらみ”、“爪が白い・貧血”、“シミ・しわ”、“たるみ・肌荒れ”、“むくみ・太りやすい”など、身体からのサインがみられませんか?

  抗貧血作用があるビタミンB12赤血球の生成を促進するビタミンB6、古くなった赤血球を再生する葉酸と、赤血球の溶血を防ぐビタミンEアンセリンアスタキサンチンメチオニンシスチン、、ヒスチジンなどの抗酸化成分も摂れるため、貧血を抑え、美肌効果が上がると考えます。

  症状がある、特に手足が冷えやすい方にオススメで 【 一石三鳥 】 以上の効果的な食材、『 白さけ 』 です。
青色文字をクリックして頂きますと、説明文または関連記事、サイトが表示されます。

  さけには、ナイアシンリン、DHA、EPAと、アンセリンアスタキサンチンが多く、その中でも白さけには、ビタミンB12が豊富、ビタミンB6が多く、ビタミンB1B2葉酸パントテン酸カリウムマグネシウムなど身体の働きを保持・調整に必須な栄養素も含まれています。
  また、さけには、必須アミノ酸リジンメチオニンシスチン、フェニルアラニン、チロシン、スレオニン、トリプトファンヒスチジンが豊富、イソロイシン、ロイシン、バリン、アミノ酸アルギニンアラニンアスパラギン酸グリシンプロリングルタミンも多く含まれていますので、更に効果が期待できます。

白さけ60gを摂った場合、日本成人女性1日の栄養素必要量を満たす割合(%)
  ●ビタミンB12=148 ●ビタミンB6=32 ●ナイアシン=31 ●リン=24 ●ビタミンB1=11 ●ビタミンB2=13 ●ビタミンE=8 ●葉酸=6 ●パントテン酸=13 ●カリウム=11 ●マグネシウム=6〜7 ●鉄=2〜3 ●亜鉛=3〜4 ●銅=2〜3
関連記事肌老化 太る抑制 薩摩芋かぼす煮寝てるのに怠い くすみ 太り体質改善

体重が50kgの場合、成人1日の必須アミノ酸推奨量WHO満たす割合
  ●リジン=72 ●メチオニン=74 ●シスチン=64 ●フェニルアラニン、チロシン=72 ●スレオニン=77 ●トリプトファン=69 ●ヒスチジン=120 ●イソロイシン=56 ●ロイシン=49 ●バリン=51
カロリーは133kcal 煮152 焼171となります。 ※鮨だね1切約10g、切り身約60g
関連記事⇒安眠に繋げ 痩身&美肌守るコツシミ しわ たるみ修復 脂肪をcut しめじ

*EPA(イコサペンタエン酸):脳・心筋梗塞、高血圧・動脈硬化、冷え性肌荒れ予防
  すじこ(イクラ)、はまち、きちじ、真いわし、身欠きにしん、さば養殖まだいぶりうなぎ蒲焼さんま、はたはた、さけ、さわら、かたくちいわし、本ます、うるめいわしにしんまぐろとろなどに多く含まれています。
  血小板を凝集させる物質の生成を抑制、血液の粘性を下げ血流を促進不飽和脂肪酸食事から摂取する必要がある必須脂肪酸です。≫ 詳しく見る
  血中の悪玉コレステロール(L.D.L)や中性脂肪を減らし、善玉コレステロール(H.D.L)の生成を促進する作用が期待できます。
関連記事脂肪消費up隠れ肥満防ぐ ライ麦パン脂cut 太る改善 抹茶バナナミルク

*リジン:肝機能・疲労回復、若返り作用、高血圧・動脈硬化、感染症肌荒れ冷え性予防
  高野豆腐、ゼラチンしらすまぐろ大豆、鶏むねももかつお、チーズチェダープロセスすじこぶりかじきかれいひらめ豚ロースさけあじサーロインとり貝青身魚えびうなぎ、レバー、(大豆製品・魚・肉)などに豊富に含まれています。
  身体の組織を修復、細胞を活性化、アルコール摂取やストレスなどで弱った肝臓の働きを向上、炭水化物エネルギー代謝を促進し、疲労を回復する働きがある必須アミノ酸の一つで、食事から摂取する必要があります。
  また、細菌・ウィルスに対する免疫力を上げ、感染症を予防する作用が期待できます。 不足しますと目の充血、めまい、おう吐、貧血などの症状を招く場合があります。≫ 詳しく見る
不足しやすい 】 立ちくらみがする肌が荒れやすい減量・ダイエットをしている、レバー・魚介類が嫌い、豆類をあまり摂らない方などです。 ※( )内食材名は一部除く
関連記事⇒わかめ白子マリネ鶏むね肉茸生姜炒かつお山掛け舞茸ねぎハム巻

  成分と含有量から効力をみてみますと、継続して1日60gを煮物か、焼いて摂った場合抗酸化作用貧血肌荒れ冷え性予防改善、脳・心臓梗塞、高血圧・動脈硬化・がん、胎児の神経管発育不全・皮膚炎予防効果があると考えます。

  また、1日60gをお刺身か、お寿司で摂った場合、肝機能・疲労回復、視機能修復、若返り、解毒抗酸化作用貧血肌荒れ冷え性予防改善、脳・心臓梗塞、脳卒中・認知症・うつ病・高血圧・動脈硬化・肥満・糖尿病・がん、胎児の神経管発育不全・骨粗鬆症・ペラグラ口舌炎・胃腸病・神経症状感染症・皮膚炎・風邪・抜け毛予防効果があると考えられます。
関連記事くすみ 貧血解消 太る防ぐ 黄粉バナナ自分の歯を削ってる? NGな歯磨き

  寝てても消費するエネルギー量を上げるナイアシンビタミンB1糖質ビタミンB2パントテン酸脂肪エネルギー化に必要な栄養素と、付いてしまった脂肪をエネルギーに変えるチロシンいっぺんに摂れますので、痩身効果が上がります
ただ、アミノ酸効果を最大限に活かすには、お刺身か、お寿司がベストです。

【 参考資料 】 「白さけDHAリジン栄養成分効果辞典2011年10月20日開設

Related posts(外部サイト)


↑ TOP貧血 原因効果的 食材不足 成分痩せたい 用心美 保つ

2016年06月29日

ニオイ源cut くすみ改善 かぼちゃ

  梅雨寒? 明け方の気温低下、いやですね。”くすみ肌・立ちくらみ”、“爪が白い・貧血”、“シミ・肌荒れ”、“むくみ・太りやすい”、“下腹の張り・便秘”など、身体からのサインがみられませんか?

  脂肪エネルギー化に必要なパントテン酸、余分な水分を排出するカリウム、細胞がエネルギーを消費する際に必要なマグネシウム、アンモニアを解毒するシトルリンいっぺんに摂れますので、痩身効果が上がると考えます。

  症状がある、特に手足が冷えやすい方にオススメで 【 一石三鳥 】 以上の効果的な食材、『 かぼちゃ 』 です。
青色文字をクリックして頂きますと、説明文または関連記事、サイトが表示されます。

  ウリ科野菜かぼちゃには、葉酸と、ビタミンBχが多く、ビタミンB6パントテン酸カリウムマグネシウム食物繊維など身体の働きを保持・調整に必須な栄養素がバランス良く、シスチンシトルリンも含まれています。
  また、日本かぼちゃは、ゆでた方が生に比べ、ビタミンC、葉酸、マグネシウム、銅、亜鉛を除く必須栄養素の含まれる量が、1〜7%増えます。
かぼちゃは、1年中出まわり、夏野菜ですが、旬は5〜9月になります。

日本かぼちゃ100gを摂った場合、日本成人女性1日の栄養素必要量を満たす割合
  ●葉酸=40 ●ビタミンB6=10 ●ビタミンC=16 ●ビタミンE=26 ●パントテン酸=10 ●マグネシウム=15〜18 ●カリウム=20 ●食物繊維=11〜14 ●カロテン(ビタミンA当量)=7 ●ビタミンB1=9 ●ビタミンB2=6 ●ナイアシン=5 ●カルシウム=3 ●リン=7 ●鉄=4〜5 ●亜鉛=3 ●銅=6

体重が50kgの場合、成人1日の必須アミノ酸推奨量WHO満たす割合
  ●シスチン=16 ●イソロイシン=4 ●ロイシン=3 ●リジン=4 ●メチオニン=4 ●フェニルアラニン、チロシン=6 ●スレオニン=5 ●トリプトファン=8 ●バリン=5 ●ヒスチジン=5
関連記事肌乾燥 脂肪吸収抑える 鶏レバー串焼シミ しわ布石 太り体質改善 大豆

ゆで日本南瓜100g摂取した場合、日本成人女性1日の必須栄養素満たす割合
  ●葉酸=38 ●ビタミンB6=11 ●ビタミンC=16 ●ビタミンE=33 ●パントテン酸=10 ●マグネシウム=15〜18 ●カリウム=24 ●食物繊維=15〜18 ●カロテン(ビタミンA当量)=8 ●ビタミンB1=10 ●ビタミンB2=7 ●ナイアシン=5 ●カルシウム=4 ●リン=8 ●鉄=5〜6 ●亜鉛=2 ●銅=4〜5
カロリーは49kcal、ゆで60となります。(単位%) ※1/2個約600g
関連記事⇒太る くすみ 貧血防ぐ 大根油揚煮防かび剤 発がん 催奇形性 リクス増

*ビタミンBχ(パラアミン安息香酸):殺菌・制菌、抗酸化作用肌荒れ予防
  かぼちゃほうれん草ヨーグルトなどに多く含まれ、動植物に広く存在する有機酸の芳香族カルボン酸の一種で、水に溶けにくい性質。 葉酸が生成される前の段階にあり、殺菌・制菌、抗酸化力を持ち、老化物質活性酸素を除去するビタミン様物質です。   また、胃がんの原因因子の1つであるピロリ菌を死滅化される抗菌作用が期待できます。
関連記事太るが心配で 脂肪敬遠で 貧血助長美肌up下腹の張り防ぐ グリンピース

*葉酸(ビタミンB9):胎児の神経管発育不全・貧血改善、認知症・脳梗塞・動脈硬化・肺がん予防
  レバー抹茶、うに、なばな枝豆からし菜きな粉モロヘイヤブロッコリーほうれん草アスパラ春菊よもぎ*、そら豆、サニーレタス小松菜にら帆立、大豆もやし、ひじきかぼちゃえのき茸ゴーヤ牛蒡白菜種実類*などに多く含まれています。
  アミノ酸・たんぱく質代謝においてビタミンB12とともに必須アミノ酸メチオニン生成に関わり、傷ついた遺伝子を修復、赤血球の再生、アミノ酸・DNAの基本構造の一つである核酸塩基の生合成に必要な必須栄養素です。「五訂食品成分表2001参照」≫ 詳しく見る
  がんは発がん遺伝子の障害によって起こるとされ、遺伝子が修復されれば、がんは抑えられることになる。 ビタミンB12には遺伝子が傷つくと、それを修復する働きがある。 葉酸も同様。「讀賣新聞1994年4月3日掲載記事(肺がんの前がん治療 緑野采の葉酸が効果)より一部抜粋」
不足しやすい 】 妊娠の可能な女性肌が荒れやすい立ちくらみがする、レバー・緑黄色野菜が嫌い、種実・豆類をあまり摂らない方などです。
関連記事抹茶バナナミルク黄粉ココアブロッコリーナッツ炒牛蒡豚ロース卵とじ

  ゆでたかぼちゃを継続して1日100g摂るで、抗酸化作用貧血肌荒れ冷え性予防改善、認知症・高血圧・動脈硬化・糖尿病・がん、風邪・むくみ予防効果が期待できます。
関連記事気張らず3ヵ月−4kg 1日−50g減楊貴妃も愛用 美肌力up モロヘイヤ

  妊娠や閉経を迎えない限り月経に伴う出血で、全身に酸素を運ぶ赤血球の生成を促進する鉄も失うため、意識的に鉄を含む食材を摂る必要があります赤血球の生成を促進するビタミンB6、古くなった赤血球を再生する葉酸と、鉄吸収を助けるビタミンC、赤血球の溶血を防ぐ生理作用があるビタミンEなどの抗酸化成分も摂れるため、美肌効果が上がると考えます。

の健康学 冷効果を調べ商品化探る

  滋賀県立大学の瀧本知憲教授(食品栄養学)は長年、いろいろな食品の温冷効果を調べるユニークな試みを続けている。 発端は、漢方の世界で言われる食べ物の 「温性」 と 「寒性」 を検証することだったという。

  まず、実験対象の食品を食べて、皮膚や指先の温度、血圧、血流の変化を測る。 次に、その食品とエネルギーやたんぱく質、脂質を同じにしたクッキーやスープを作り、温度や水分による影響が考えられる時は、対象となる食品をフリーズドライにするときもある。

  残念ながら、スイカの冷効果ははっきりしなかったが、ショウガとカボチャ、黒砂糖(以上、温効果)、柿、柿ジュース、カニ(以上、冷効果)などで、ある程度の効果が認められた。 最新の実験では、ココアやにがりに体を温める効果があるとの結果が出た。

「朝日新聞」2007年7月23日掲載記事より一部抜粋

【 参考資料 】
かぼちゃビタミンBχ葉酸栄養成分効果辞典2011年10月20日開設

Related posts(外部サイト)


↑ TOP貧血 原因効果的 食材不足 成分痩せたい 用心美 保つ

2016年05月18日

細胞活性 たるみ 貧血防ぐ くるみ

  日差しははや夏、少し動くだけで汗ばむ晩春。”くすみ肌・立ちくらみ”、“爪が白い・貧血”、“シミ・肌荒れ”、“むくみ・太りやすい”、“下腹の張り・便秘”など、身体からのサインがみられませんか?

  細胞を活性化するアルギニンコラーゲンを再生するアラニン、質の高い睡眠に導くトリプトファンと、肌老化を防ぐシスチンメチオニンヒスチジン抗酸化成分が多く含まれ、就寝3時間前摂る事で、美肌効果が更に上がると考えます。

  症状がある、特に手足が冷えやすい方にオススメで 【 一石三鳥 】 以上の効果的な食材、『 くるみ 』 です。
青色文字をクリックして頂きますと、説明文または関連記事、サイトが表示されます。

  種実類の中でも煎ったくるみには、マンガンが豊富、ビタミンB1B6葉酸マグネシウムリン、銅、食物繊維が多く、ビタミンB2パントテン酸カリウムカルシウム亜鉛など身体の働きを保持・調整に必須な栄養素がバランス良く含まれてます。
  また、必須アミノ酸シスチントリプトファンが豊富、イソロイシン、ロイシン、メチオニン、フェニルアラニン、チロシン、スレオニン、バリン、ヒスチジンアミノ酸アルギニンアラニンアスパラギン酸、グリシンが多く、リジンプロリンも含まれているので、更に効果が期待できます。
ただ、身体に良い食材でも、摂り過ぎには気を付けましょう!

いりくるみ40gを摂った場合、日本成人女性1日の栄養素必要量を満たす割合
  ●マンガン=39.3〜45.9 ●ビタミンB1=13 ●ビタミンB6=16.3 ●ビタミンE=18 ●葉酸=18.2 ●マグネシウム=21.4〜25 ●リン=18.7 ●銅=30.3〜34.6 ●食物繊維=9〜15 ●ビタミンB2=6 ●パントテン酸=5.4 ●カリウム=6.8 ●カルシウム=5.7 ●鉄=8.7〜10.4 ●亜鉛=10.4〜11.6 ●ナイアシン=3.1
関連記事美肌力上げ 貧血 くすみ改善 よもぎダイエット原因 抜け毛 肌荒れ解消

体重が50kgの場合、成人1日の必須アミノ酸推奨量WHO満たす割合
  ●シスチン=54.6 ●トリプトファン=40 ●イソロイシン=24.8 ●ロイシン=22.5  ●リジン=11.2 ●メチオニン=20.8 ●フェニルアラニン、チロシン=38.4  ●スレオニン=27.2 ●バリン=23.1 ●ヒスチジン=30.4(単位%) ※一掴み約40g
カロリーは270kcalとになります。(単位%) ※一掴み約40g
関連記事⇒美肌up ガスたまる お腹張り解消潤い保ち くすみ 貧血防ぐ ティラミス風

*グリシン:肌荒れ予防改善、脳卒中・高血圧予防
  ゼラチンえびとり貝ほたて貝、さざえ、かに、、まぐろあわびうなぎかじきかつおぶりはまち、鶏むねももかれいさけひらめ豚ロースサーロイン青身魚あじくるみいか、(大豆製品種実類・魚介・肉)などに多く含まれています。
  食事から摂取する必要がある必須栄養素セレンから体内で合成され、皮膚や筋肉など身体のいたるところに存在、血中コレステロールを低下、コラーゲンの約30%を占め、たんぱく質の素になるアミノ酸で、 コラーゲンの生成を促進する作用が期待でき、中枢神経系においては、GABAに次いで重要な抑制性神経伝達物質でもあります。≫ 詳しく見る
不足しやすい 】 肌が荒れやすいストレスを受けやすい減量・ダイエットをしている、魚介類が嫌い、豆・種実、卵類をあまり摂らない方などです。 ※( )内食材名は一部除く
関連記事気張らず 平日ダイエット 1日-300kcal手足冷え むくみは 隠れ肥満 サイン

*銅(Cu):免疫力強化、風邪・冷え性貧血予防改善、骨折・変形、がん予防
  蛍いか、いいだこ、干しやつめうなぎ、干し舞茸、きな粉、うなぎ肝、レバー*、かきイクラ、くわい、のりえび納豆種実類*(ピュアココアごまくるみピーナッツ)、そば粉*、高野豆腐、干しずいき、、干し椎茸、焼き板ふ、毛がに、あわ、こういかなどに多く含まれています。
  腸管からの吸収を助け神経伝達物質の中心になるカテコールアミン代謝する酵素成分として重。 脳の発達、心筋収縮、乳児の成長、防御機構、骨強度・赤血球白血球細胞の成熟、鉄輸送、コレステロール炭水化物代謝に必要とされる栄養素です。
  また、不足しますとヘモグロビン成分が減少し貧血になる、白血球、特に好中球減少、骨折・変形をおこすなどの欠乏症状がみられる場合があります。≫ 詳しく見る
不足しやすい 】 立ちくらみがするむくみ・冷えやすい、レバー・魚介類が嫌い、種実・豆類をあまり摂らない、風邪をひきやすい方などです。 ※食材名*は一部除く
関連記事レンコンえび挟焼しょうがココアブロッコリーナッツ炒カボチャあずき煮

  継続して1日40gを食後に摂取するで、疲労回復、若返り、抗酸化作用貧血肌荒れ冷え性予防改善、認知症・動脈硬化・肥満・糖尿病、うつ病・皮膚炎・風邪・便秘予防効果が期待できます。
関連記事⇒太り体質 乾燥肌 しわ解消の工夫老け顔 口元が物語る?! 原因と対策

  妊娠や閉経を迎えない限り月経に伴う出血で、全身に酸素を運ぶ赤血球の生成を促進する鉄も失うため、意識的に鉄を含む食材を摂る必要があります吸収を助ける、付いてしまった脂肪代謝するチロシン炭水化物エネルギー化するビタミンB1リジンいっぺんに摂れ、痩身効果が上がると考えます。

【 参考資料 】 「くるみグリシン栄養成分効果辞典2011年10月20日開設

Related posts(外部サイト)


  このサイトから 「 お探しの項目 」 をもっとお知りになりたい方は、Googleから関連サイト内の検索ができるようにボックスを設置しております。 お役に立てば幸いです。

↑ TOP貧血 原因効果的 食材不足 成分痩せたい 用心美 保つ

2016年04月06日

美肌力up 貧血 くすみ改善 よもぎ

  日中と明け方の気温差が大きい仲春。”くすみ肌・立ちくらみ”、“爪が白い・貧血”、“シミ・肌荒れ”、“むくみ・太りやすい”、“下腹の張り・便秘”など、身体からのサインがみられませんか?

  閉経や妊娠を迎えない限り、月経に伴う出血で、全身に酸素を運ぶ赤血球の生成を促進する鉄も失うため、意識的に鉄を含む食材を摂る必要があります。そのが1日に必要な40%近くをゲット、古くなった赤血球を再生する葉酸と、鉄吸収を促進するビタミンC赤血球の溶血を防ぐ生理作用があるビタミンEカロテン抗酸化成分も摂れ、美肌効果が上がると考えます。

  症状がある、特に手足が冷えやすい方にオススメで 【 一石三鳥 】 以上の効果的な食材、『 よもぎ 』 です。
青色文字をクリックして頂きますと、説明文または関連記事、サイトが表示されます。

  キク科野菜よもぎには、カロテンビタミンB2・E、葉酸カリウム、カルシウム、食物繊維が多く、ビタミンB1ナイアシンパントテン酸マグネシウムリンマンガンなど身体の働きを保持・調整に必須な栄養素もバランス良く含まれています。   古くから草餅や草団子、おひたし、汁物の具、天ぷら、ご飯に混ぜてよもぎ飯などにして食され、薬用として、葉に止血作用があります。 乾燥よもぎは、1年中出まわっていますが、旬は春で、3〜5月になります。
関連記事食事制限 偏食注意 疲労 くすみ 貧血くすみ シミ しわ 肌荒れ改善 くるみ

よもぎ100gを摂った場合、日本成人女性1日の栄養素必要量を満たす割合(%)
  ●カロテン(ビタミンA当量)=49 ●ビタミンB2=34 ●ビタミンC=35 ●ビタミンE=40 ●葉酸=95 ●カリウム=45 ●カルシウム=30 ●鉄=36〜43 ●食物繊維=31〜39 ●ビタミンB1=24 ●ナイアシン=19 ●マグネシウム=10〜12 ●リン=17 ●銅=18〜21 ●マンガン=21〜24 ●ビタミンB6=7 ●亜鉛=6〜7(単位%) ※餅10、団子20、ご飯30g
カロリーはと46kcal ゆで42なります。 ※餅10、団子20、飯30g
関連記事⇒ニキビ 肌荒れ防ぎ 痩せ体質 導く太り体質抑え くすみ 貧血改善 卵納豆

*カルシウム(Ca):正常な成長、骨・歯の生成、神経過敏・肌荒れ予防
  干し桜えび、ひじき、たたみいわし、バルメザンチーズ、ごまわかめ切干し大根、しらす干し乾燥(、微)、チーズスプレット、チーズ*(チェダープロセス)、あゆ、モロヘイヤ大根かぶの葉大豆大豆製品*、ケールよもぎ、めざしなどに多く含まれています。
  成人体内に約1kg、99%がリン酸塩・炭酸塩として骨・歯の成分、残りは血液や筋肉、神経組織などのイオン、種々の塩として含まれ、ビタミンP吸収を促進、骨・歯などの硬組織の生成、細胞間の情報伝達に関わり、心筋の収縮作用を増やし、筋肉の興奮性を抑制、神経の感受性を静め、たんぱく質分解酵素働きを活性化させる作用がある必須栄養素です。≫ 詳しく見る
不足しやすい 】 小魚・乳製品が嫌い、肌が荒れやすい妊婦や胎児、成長期の子供、ご年配の方などです。 ※食材名*は一部除く
関連記事サビさせず 痩身パワーup レバにら炒太り体質 乾燥肌 しわ解消の工夫

*ビタミンE:認知症・糖尿病・動脈硬化、白内障肌荒れ貧血冷え性予防
  油脂*、抹茶ピーナッツ、魚卵(さけたらにしん)、モロヘイヤ、養殖あゆ、うなぎ、赤ピーマン、のりじねんじょはまち大根かぶの葉よもぎくるみめかじきなばな、クロワッサン、油揚げにらブロッコリー大豆きな粉などに多く含まれています。
  酸敗油、鉄、紫外線などで分解、単一の摂取より食事からの方が吸収が良い性質。 抗酸化作用により体内で重要な働きを持つ必須脂肪酸の過酸化、ビタミンAカロテン酸化活性酸素による赤血球の溶血、老化防止に役立つ必須栄養素です。
  また、体内の生体膜脂質に広く存在、リポたんぱく質によって各細胞に運搬、生体膜を健全に保ち、正常な生殖に必要です。≫ 詳しく見る
不足しやすい 】 肌が荒れやすい立ちくらみがするむくみ・冷えやすい、外食や調理済み食品を多く摂る方などです。
関連記事ひじきハムサラダ抹茶バナナミルクあさり菜花酒蒸しがんも大根煮

  継続して1日100g摂取する事で抗酸化作用貧血肌荒れ冷え性予防改善、認知症・脳梗塞・高血圧・動脈硬化・糖尿病高脂血症・がん、白内障・胎児の神経管発育不全・皮膚炎・風邪・浮腫(むくみ)・便秘予防が期待できます。
関連記事腸助け 隠れ肥満防ぐ かつお山掛気張らず 平日ダイエット 1日-300kcal

  寝ているだけでもエネルギーを消費するナイアシンを含み、ビタミンB1は糖分、ビタミンB2パントテン酸は脂肪をエネルギーに変える栄養素で、葉菜の中でもトップクラス。 就寝3時間前のご飯で摂る事で、痩身効果が更に上がると考えます。

ビタミン、C+Eがいい 酸化作用、協して

ストレスに補充が効果

  ビタミンCとEの補充でストレスによる体への悪影響を防ぐことができる−昭和大学医学部の研究グループによるマウスの実験で、そんな結果が出た。 さまざまなストレスで活性酸素ができ、遺伝子が傷つけられたり、酸化作用の強い過酸化脂質などが生じたりする。 CとEはこのようなメカニズムに対抗する役目を果たしているようだ。

内で分業

  体内にある酸化力の強い活性酸素は必要な物質だが、ストレスなどで増え過ぎると悪影響が出る。 ビタミンCとEは活性酸素をなくしたり、酸化を防ぐ抗酸化作用がある。 水に溶けやすいCは水のあるとこらを担当し、油になじみやすいEは細胞膜などで働く。
  また、Cは、抗酸化作用を発揮して機能を失ったEを元に戻したり、ストレス対抗ホルモンの材料になったりすることが知られている。

「朝日新聞2000年2月4日掲載記事より一部抜粋」

【 参考資料 】
よもぎカルシウムビタミンE栄養成分効果辞典2011年10月20日開設

Related posts(外部サイト)


↑ TOP貧血 原因効果的 食材不足 成分痩せたい 用心美 保つ

2016年02月24日

痩身力up くすみ 貧血改善 がんも

  ここ数日、北風がきつく寒さが戻った晩冬。”くすみ肌・立ちくらみ”、“爪が白い・貧血”、“しわ・肌荒れ”、“冷え・太りやすい”、“下腹の張り・便秘”など、身体からのサインがみられませんか?

  牛ヒレ肉100g323kcalに比べカロリー42%オフ。 寝ている間でも消費するカロリーを上げる大豆たんぱく脂肪分解を促進するレシチン、腸内環境を整える善玉菌を増やすグルコン酸を多く含んでいますので、就寝3時間前のご飯で摂る事で、痩身効果上がると考えます。

  症状がある、特に手足が冷えやすい方にオススメで 【 一石三鳥 】 以上の効果的な食材、『 がんもどき 』 です。
青色文字をクリックして頂きますと、説明文または関連記事、サイトが表示されます。
関連記事シミ そばかす しわ抑え 肌活性 いちごダイエット 偏食原因? 便秘 だるい

  大豆を原料とするがんもどきには、ビオチンビタミンEカルシウムマグネシウムリン、鉄、マンガンレシチン、αーリノレン酸と、システインイソフラボンサポニンフラボノイドグルコン酸大豆たんぱくが多く、葉酸亜鉛など身体の働きを保持・調整に必須な栄養素も含まれています。

がんもどき100gを摂った場合、日本成人女性1日の栄養素必要量を満たす割合
  ●ビタミンE=30 ●カルシウム=32 ●マグネシウム=25〜29 ●リン=23 ●鉄=30〜36 ●マンガン=26〜30 ●葉酸=11 ●亜鉛=11〜12 ●銅=14〜16 ●ビタミンB1=3 ●ビタミンB2=3 ●ビタミンB6=5 ●パントテン酸=3 ●カリウム=3 ●食物繊維=4〜5
カロリーは228kcalとなります。(単位%)
関連記事⇒肌乾燥しのぎ 貧血抑制 ほうれん草紫外線対策 シミ たるみ 原因と対策

*αーリノレン酸:脳・心筋梗塞、高血圧・動脈硬化、冷え性肌荒れ予防
  なたね、サラダ、くるみ、大豆、とうもろこし、米ぬか、オリーブ、ひまわり、ごまなどの植物性油、マーガリンソフト、きな粉がんもどき納豆、豆味噌、天然あゆなどに多く含まれています。
  体内に入るとEPAに変化、血小板を凝集させる物質の生成を抑制、血液の粘性を下げ血流を促進する不飽和脂肪酸で食品から摂取する必要がある必須脂肪酸です。
  血中の悪玉コレステロール(L.D.L)や中性脂肪を減らし、善玉コレステロール(H.D.L)の生成を促進する作用が期待できます。
関連記事サビさせない ストレス招く 肌老化抑制ダイエット力up太る改善 ぶんたん

*鉄(Fe):赤血球生成貧血予防改善
  ひじき抹茶、干しえび、ピュアココア、レバー()、のりごま切干し大根きな粉大豆いんげん豆そら豆あずきえんどう)、しじみはつ赤貝ほっき貝あげまきあさりがんもどき、ライ麦、い貝、コンビーフ缶詰、納豆みる貝などに多く含まれています。
  成人体内に約3g含まれ、赤血球のヘモグロビン、筋肉のミオグロビンや肝臓のフェリチン、一部は全身の細胞に広く分布。 主にヘモグロビンの鉄はの隅々まで酸素を運び、ミオグロビンの鉄は酸素を細胞内にとり入れ、各細胞の鉄は酵素活性化に関わり、栄養素の燃焼に役立っている必須栄養素です。
  赤血球は絶えず骨髄などで造られ、古くなったものは分解されるため、鉄が不足しますと、赤血球の生成が妨げられ、貧血となります。≫ 詳しく見る
不足しやすい 】 立ちくらみがする閉経前の女性妊婦や胎児、レバー・貝類が嫌い、豆・海藻類をあまり摂らない方などです。
関連記事ひじきハムサラダきな粉ココア炒大豆大根煮アサリはばな酒蒸し

  継続して1日100g摂取する事で整腸抗酸化作用、骨折・貧血肌荒れ冷え性予防改善、高血圧・動脈硬化・肥満・糖尿病・がん、骨粗鬆症・皮膚炎・便秘予防効果が期待できます。
関連記事美肌力up 下腹ぽっこり防ぐ ケールカイロダイエット 太り体質 冷え性改善

  閉経や妊娠を迎えない限り、月経に伴う出血で、全身に酸素を運ぶ赤血球の生成を促進する鉄も失うため、意識的に鉄を含む食材を摂る必要があります。 牛ヒレ肉に比べ量44%と、赤血球を守る生理作用があるビタミンEが多く、古くなった赤血球を再生する葉酸、鉄吸収を助けるも摂る事ができますので、オススメです。

【 参考資料 】
がんもどきαーリノレン酸栄養成分効果辞典2011年10月20日開設

Related posts(外部サイト)


↑ TOP貧血 原因効果的 食材不足 成分痩せたい 用心美 保つ

2016年01月27日

肌乾燥しのぎ 貧血抑制 ほうれん草

  空気が乾燥し北風が冷たい仲冬。”くすみ肌・立ちくらみ”、“爪が白い・貧血”、“しわ・肌荒れ”、“冷え・太りやすい”、“下腹の張り・便秘”など、身体からのサインがみられませんか?

  閉経や妊娠を迎えない限り、月経に伴う出血で、全身に酸素を運ぶ赤血球の生成を促進する鉄も失うため、意識的に鉄を含む食材を摂る必要があります。 古くなった赤血球を再生する生理作用がある葉酸が豊富、や鉄吸収を助けるビタミンCを同時に摂る事ができます。

  症状がある、特に手足が冷えやすい方にオススメで 【 一石三鳥 】 以上の効果的な食材、『 ほうれん草 』 です。
青色文字をクリックして頂きますと、説明文または関連記事、サイトが表示されます。

  アカザ科野菜ほうれん草には、葉酸が豊富、カロテン、ビタミンC、カリウムと、グルタチオンビタミンBχ、ルティンが多く、ビタミンB1B2B6マグネシウムマンガン食物繊維など身体の働きを保持・調整に必須な栄養素も含まれています。
  また、必須アミノ酸のイソロイシン、シスチン、フェニルアラニン、チロシン、スレオニン、トリプトファン、バリン、ヒスチジンも含まれています。
  調理の際に、電子レンジを使用することで、水煮に比べ、熱に弱い栄養素・成分酸化させずに摂取できますので、更に効果が期待できます。
ほうれん草は、1年中出まわり、冬野菜ですが、旬は11〜2月になります。

ほうれん草100gを摂った場合、日本成人女性1日の栄養素必要量を満たす割合
  ●葉酸=105 ●カロテン(ビタミンA当量)=39 ●ビタミンC=春秋採れ35、夏20、冬65 ●カリウム=44 ●ビタミンB1=14 ●ビタミンB2=20 ●ビタミンB6=12 ●ビタミンE=26 ●マグネシウム=25〜29 ●鉄=17〜20 ●マンガン=9〜10 ●食物繊維=11〜14 ●カルシウム=8 ●リン=8 ●亜鉛=7〜8 ●銅=7〜8
ほうれん草摂り合わせハム白和えほたて味噌焼ポタージュ

体重が50kgの場合、成人1日の必須アミノ酸推奨量WHO満たす割合
  ●イソロイシン=10 ●シスチン=13 ●フェニルアラニン、チロシン=17 ●スレオニン=12 ●トリプトファン=27 ●バリン=11 ●ヒスチジン=11 ●ロイシン=9 ●リジン=8 ●メチオニン=6(単位%) ※1/3束約100g
カロリーは20kcal ゆで25となります。(単位%) ※1/3束約100g
関連記事⇒猫背は腰痛 ヘルニア 骨粗鬆症助長脂肪太り抑え 太り体質改善 大豆

*ルティン:抗酸化作用肌荒れ予防改善、高血圧・動脈硬化・がん、黄班変性症白内障予防
  卵黄、アスパラガスいんげん、からし菜、キャベツほうれん草ブロッコリーなどの緑黄色野菜に多く含まれ、目の網膜水晶体、特に黄斑に多く、肌や乳房、子宮頸部などの体内器官にも存在、血管の柔軟性を保ち、悪玉(L.D.L)コレステロールを抑制、強い抗酸化力を持ち、紫外線による老化物質活性酸素から目と肌を保護する働きがあるカロテノイドの一種で、若返らせる作用が期待できます。
  ただ、体内では合成されず、加齢やストレス、強い光を頻繁に見る仕事、生活習慣によって消耗されてしまいますので、事から補充する必要があります
関連記事⇒肌荒れ 花粉症 ガスたまる改善肌潤い保ち 太りやすい防ぐ 手羽じゃが

*ビタミンC:肌荒れ予防改善、がん、壊血病白内障・風邪・貧血予防
  グァバ、トマピー、ゆず、なばなブロッコリーかぶ大根の葉ゴーヤピーマン、柿、キウイ紫キャベツモロヘイヤいちご、パパイア、れんこん、キャベツ、小松菜柑橘類*、ほうれん草*、じゃが芋たらこミニトマトさやえんどうなどに多く含まれています。
  水に溶けやすい性質で、体内に約1.5g貯蔵される抗酸化成分。 毛細管、歯、軟骨、結合組織に健在、体内の各種物質コレステロール代謝コラーゲンの生成、の吸収促進ビタミンEを再利用する働きがある栄養素です。
  適正摂取量は運動、労働、感染や各種ストレス、タバコ、多量のアルコール、経口避妊薬などの摂取、細菌・ウィルスなどの侵入により影響を受ける事から、個々の生活習慣を考え、摂取不足にならないよう注意が必要です。≫ 詳しく見る
不足しやすい 】 肌が荒れやすい立ちくらみがするストレスを受けやすい、たばこをよく吸う、果実をあまり摂らない、野菜が嫌いな方などです。 ※食材名*は一部除く
関連記事脂肪cut 貧血防ぐ ささ身蓮根金平下腹ぽっこり 太り体質防ぐ 花粉対策

  継続して1日100g摂取する事で抗酸化作用、風邪・貧血肌荒れ冷え性予防改善、認知症・脳梗塞・高血圧・動脈硬化・糖尿病・がん、胎児の神経管発育不全・白内障壊血病・皮膚炎・むくみ便秘予防効果が期待できます。
関連記事細胞活性! くすみ 貧血 冬太り防止ガスたまる 太り体質 がん防ぐ みかん

  肌の潤いを保つカロテン、ビタミンC、、グルタチオンビタミンBχ、ルティンが多く、ビタミンEシスチンヒスチジンなど抗酸化成分も含んでいますので、就寝3時間前のご飯で摂る事で、美肌効果が更に上がると考えます。

【 参考資料 】
ほうれん草ルティンビタミンC栄養成分効果辞典2011年10月20日開設

Related posts(外部サイト)


↑ TOP貧血 原因効果的 食材不足 成分痩せたい 用心美 保つ

2015年12月02日

美体効果up くすみ 貧血改善 納豆

  雨降るごとに寒さつのる初冬。”くすみ肌・立ちくらみ”、“爪が白い・貧血”、“しわ・肌荒れ”、“冷え・太りやすい”、“下腹の張り・便秘”など、身体からのサインがみられませんか?

  脂肪エネルギー化するチロシンビタミンB2パントテン酸、美白作用があるイソフラボン、コラーゲン生成に必要なアルギニングリシンプロリンを多く含んでいますので、就寝3時間前のご飯で摂る事で、痩身・美肌効果も上がると考えます。

  症状がある、特に手足が冷えやすい方にオススメで 【 一石三鳥 】 以上の効果的な食材、『 納豆 』 です。
青色文字をクリックして頂きますと、説明文または関連記事、サイトが表示されます。

  大豆を原料とする納豆には、ビオチンマグネシウムαーリノレン酸レシチンと、システインイソフラボングルコン酸:、コンドロイチン硫酸サポニン大豆たんぱくナットウキナーゼ、ナットウ菌、ピラジンフラボノイドが多く、ケンフェロールも含まれています。
  また、納豆の中でも糸引き納豆には、シスチン、フェニルアラニン、チロシントリプトファンが豊富、ビタミンB2パントテン酸カリウムリン食物繊維など身体の働きを保持・調整に必須な栄養素と、イソロイシン、ロイシン、リジン、メチオニン、スレオニン、バリン、ヒスチジンアルギニンアスパラギン酸グリシンプロリンアミノ酸が多く、ビタミンB6カルシウム亜鉛も含まれているので、更に効果が期待できます。

糸引き納豆50gを摂った場合、日本成人女性1日の栄養素必要量を満たす割合
  ●マグネシウム=18〜21 ●ビタミンB2=28 ●パントテン=36 ●カリウム=17 ●リン=16 ●鉄=14〜17 ●銅=19〜22 ●食物繊維=13〜17 ●ビタミンB6=10 ●ビタミンE=8 ●カルシウム=8 ●亜鉛=9.5〜11 ●ビタミンB1=4 ●ナイアシン=4 ●葉酸=3
関連記事隠れ肥満度下げ 痩せ体質になる術潤い くすみ 貧血改善 ごぼう柳川風

体重が50kgの場合、成人1日の必須アミノ酸推奨量WHO満たす割合
  ●シスチン=71 ●フェニルアラニン、チロシン=64 ●トリプトファン=60 ●イソロイシン=38 ●ロイシン=33 ●リジン=37 ●メチオニン=25 ●スレオニン=41 ●バリン=32 ●ヒスチジン=48
カロリーは100kcalとなります。(単位%) ※1パック50g
関連記事⇒腸整え 美肌&痩身 蜜柑ヨーグルト手足冷えはSOS 太り体質 むくみ改善

*ナットウ菌:整腸作用便秘予防改善、肥満、肌荒れ冷え性予防
  納豆に多く含まれ、分裂する過程で、炭水化物たんぱく質脂肪エネルギー化する酵素を産出する枯草菌の一種で、この酵素が整腸効果を上げ、腸の若さを保つ働きがあります。
  また、腸内で宿便抑制する善玉菌乳酸菌ビフィズス菌を増やし、腸を整える作用が期待できます。
不足しやすい 】 肌が荒れやすいむくみ・冷えやすい減量・ダイエットをしている、お酒をよく飲む方などです。
関連記事脂肪抑え 痩身up マッシュルームサラダお腹の張り ガス抑え くびれ回復

*リジン:肝機能・疲労回復、若返り作用、高血圧・動脈硬化、感染症肌荒れ冷え性予防
  高野豆腐、ゼラチンしらすまぐろ大豆、鶏むねももかつおチーズすじこぶりかじきかれいひらめ豚ロースさけあじサーロインとり貝青身魚えびうなぎ、レバー納豆、(大豆製品・魚・肉)などに豊富に含まれています。
  身体の組織を修復、細胞を活性化、アルコール摂取やストレスなどで弱った肝臓の働きを向上、炭水化物エネルギー代謝を促進し、疲労を回復する働きがある必須アミノ酸の一つで、食事から摂取する必要があります。
  また、細菌・ウィルスに対する免疫力を上げ、感染症を予防する作用が期待できます。 不足すると目の充血、めまい、おう吐、貧血などの症状を招く場合があります。≫ 詳しく見る
不足しやすい 】 立ちくらみがする肌が荒れやすい減量・ダイエットをしている、レバー・魚介類が嫌い、豆類をあまり摂らない方などです。 ※( )内食材名は一部除く
関連記事旬食 太り体質 くすみ 貧血改善ドライアイ防ぎ 美肌力up いちごババロア

  継続して1日50g摂取したとすると、疲労回復、安眠、若返り、整腸解毒抗酸化作用、脳・心筋梗塞、認知症・高血圧・動脈硬化・肥満・糖尿病・がん、骨粗鬆症・うつ病・ペラグラ神経症状口舌炎・皮膚炎・胃腸病・風邪・抜け毛貧血便秘予防肌荒れ冷え性予防改善効果が期待できます。

  閉経や妊娠を迎えない限り、月経に伴う出血で、全身に酸素を運ぶ赤血球の生成を促進する鉄も失うため、意識的に鉄を含む食材を摂る必要があります。 糸引き納豆はが多く、鉄吸収を助けるを同時に摂れますので、オススメです。
関連記事サビさせず 痩せ体質 カリフラワー下腹の張り 太り体質防ぐ 緑黄色野菜

【 参考資料 】 「納豆ナットウ菌リジン栄養成分効果辞典2011年10月20日開設

Related posts(外部サイト)


  このサイトから 「 お探しの項目 」 をもっとお知りになりたい方は、Googleから関連サイト内の検索ができるようにボックスを設置しております。 お役に立てば幸いです。

↑ TOP貧血 原因効果的 食材不足 成分痩せたい 用心美 保つ

2015年10月21日

肌荒れ 太り体質防ぎ 貧血改善 春菊

  雨降るごとに秋深まる仲秋。”くすみ肌・立ちくらみ”、“爪が白い・貧血”、“シミ・肌荒れ”、“冷え・太りやすい”、“下腹の張り・便秘”など、身体からのサインがみられませんか?


  閉経や妊娠を迎えない限り、月経に伴う出血で、全身に酸素を運ぶ赤血球の生成を促進するも排出してしまいます。 古くなった赤血球再生の生理作用がある葉酸を多く摂る事で、「肌が荒れ、身体が冷え、太りやすくなる防げると考えます。


  症状がある、特に手足が冷えやすい方にオススメで 【 一石三鳥 】 以上の効果的な食材、『 春菊 』 です。
青色文字をクリックして頂きますと、説明文または関連記事、サイトが表示されます。

  キク科野菜春菊には、カロテン、葉酸が多く、ビタミンB1B2B6カリウムカルシウムマグネシウムマンガン食物繊維など身体の働きを保持・調整に必須な栄養素も含まれているます。
  また、必須アミノ酸のイソロイシン、シスチン、フェニルアラニン、チロシン、スレオニン、トリプトファン、バリン、ヒスチジンも含まれているので、更に効果が期待できます。
春菊は、菊菜とも呼ばれ、1年中出まわり、秋野菜ですが、旬は10〜12月になります。

春菊100gを摂取した場合、日本成人女性1日の栄養素必要量を満たす割合
  ●カロテン(ビタミンA当量)=42 ●葉酸=95 ●ビタミンB1=13 ●ビタミンB2=16 ●ビタミンB6=11 ●ビタミンC=19 ●ビタミンE=21 ●カリウム=23 ●カルシウム=20 ●マグネシウム=9〜11 ●鉄=14〜17 ●マンガン=11〜13 ●食物繊維=13〜16 ●ナイアシン=6 ●パントテン酸=5 ●リン=7 ●銅=6〜7
関連記事お腹張り 隠れ肥満抑え 貧血改善ドライアイ防ぎ 貧血改善 鶏レバー串焼

体重が50kgの場合、成人1日の必須アミノ酸推奨量WHO満たす割合<
  ●イソロイシン=10 ●シスチン=11 ●フェニルアラニン、チロシン=14 ●スレオニン=13 ●トリプトファン=21 ●バリン=10 ●ヒスチジン=10 ●ロイシン=9 ●リジン=9 ●メチオニン=7

カロリーは22kcal ゆで27となります。 ※1束約100g
関連記事⇒睡眠エステ&痩身効果up スィートサラダニキビ しわ くすみ ストレス原因

*ビタミンA:正常な成長、骨・歯の発育、がん、夜盲症ドライアイ肌荒れ予防
  のり、レバー、抹茶、うなぎ肝、しそモロヘイヤ人参うなぎ、蛍いか、きんとき、パセリ、わかめ、よめな、銀だら、あしたば、よもぎ、なずな、乾燥あんずほうれん草春菊、すじこ、にらひじき大根の葉、糸三つ葉などに多く含まれています。
  Aは動物のみ、カロテンは動植物に存在、酸化、乾燥、高温でこわれますが、水に溶けない、ビタミンEやその他の抗酸化成分を一緒に摂ると安定度を増す性質。 抗がん作用があり、薄暗い所での視力、と粘膜の健康を保持する栄養素です。
  また、肌表面をおおう上皮、器官・臓器の成長や分化、目の働き、細胞内での遺伝情報の伝達に関わるため、妊婦や胎児にとっては特に必要な栄養素でもあります。≫ 詳しく見る
不足しやすい 】 肌が荒れやすい妊婦や胎児、成長期の子供、 薄暗い所で見えにくい、目が乾きがち、レバー・緑黄色野菜が嫌いな方などです。
関連記事ガス 疲れ目改善 パンプキンスープ下腹の張り抑え 美肌&ダイエット効果

*葉酸(ビタミンB9):認知症・脳梗塞・動脈硬化・肺がん、胎児の神経管発育不全・貧血予防
  レバー、抹茶、うに、なばな枝豆、ささげ、きな粉、モロヘイヤ、ブロッコリー、ほうれん草、アスパラガス春菊、よもぎ、*、そら豆、サニーレタス小松菜、にら、いちごほたて、大豆もやし、ひじき、かぼちゃえのき茸ゴーヤごぼう白菜種実*などに多く含まれています。
  アミノ酸・たんぱく質代謝においてビタミンB12とともに必須アミノ酸メチオニン生成に関わり、傷ついた遺伝子を修復、赤血球の再生、アミノ酸・DNAの基本構造の一つである核酸塩基の生合成に必要な栄養素です。「五訂食品成分表2001参照」≫ 詳しく見る
  がんは発がん遺伝子の障害によって起こるとされ、遺伝子が修復されれば、がんは抑えられることになる。 ビタミンB12には遺伝子が傷つくと、それを修復する働きがある。 葉酸も同様。「讀賣新聞1994年4月3日掲載記事(肺がんの前がん治療 緑野采の葉酸が効果)より一部抜粋」
不足しやすい 】 妊娠の可能な女性妊婦肌が荒れやすい立ちくらみがする、レバー・緑黄色野菜が嫌い、種実・豆類をあまり摂らない方などです。
関連記事お肉派注意 身近なガン 原因と対策むくみ 冷え抑える 睡眠ダイエットUP

  継続してで1日100g摂取するで、貧血肌荒れ冷え性予防改善抗酸化作用、認知症・脳梗塞・動脈硬化・糖尿病・がん、胎児の神経管発育不全・便秘予防効果が期待できます。
関連記事肌老化を抑え 細胞活性 ピーナッツダイエット 偏食 洗い過ぎ原因 抜け毛

  肌の健康を保つカロテン、ビタミンCシスチンヒスチジンなど、シミ・そばかす、肌老化、がんの原因である活性酸素を除去する抗酸化成分を含みますので、美肌効果も上がると考えます。

【 参考資料 】
春菊カロテン葉酸食品栄養素成分栄養成分効果辞典2011年10月20日開設

Related posts(外部サイト)


2015年09月09日

シミ くすみ 貧血改善 カリフラワー

  雨降るごとに気温が下がる初秋。”くすみ肌・立ちくらみ”、“爪が白い・貧血”、“シミ・肌荒れ”、“むくみ・太りやすい”、“下腹の張り・便秘”など、身体からのサインがみられませんか?

  調理の際に、電子レンジを使用することで、水煎に比べ、コラーゲンを生成するビタミンC、冷房で弱った胃腸を整えるビタミンUなど水や熱に弱い栄養素・成分酸化させずに摂る事で、美肌効果も上がると考えます。

  症状がある、美しくありたいと思っている方にオススメで 【 一石三鳥 】 以上の効果的な食材、『 カリフラワー 』 です。
青色文字をクリックして頂きますと、説明文または関連記事、サイトが表示されます。

  アブラナ科野菜カリフラワーには、ビタミンC葉酸と、イソチオシアネート、ビタミンUが多く、ビタミンB2・B6・B12カリウムリン食物繊維など身体の働きを保持・調整に必須な栄養素も含まれています。
  また、必須アミノ酸のイソロイシン、リジンシスチン、フェニルアラニン、チロシン、スレオニン、トリプトファン、バリン、ヒスチジンも含まれています。
カリフラワーは、花野采(はなやさい)とも呼ばれ、1年中出まわり、秋野菜ですが、旬は9〜12月になります。

カリフラワー100gを摂った場合、日本成人女性1日の栄養素必要量を満たす割合
  ●ビタミンC=81 ●葉酸=47 ●ビタミンB2=11 ●ビタミンB6=19 ●ビタミンB12=10 ●カリウム=21 ●リン=11 ●食物繊維=12〜15 ●ビタミンB1=8 ●ナイアシン=5 ●カルシウム=4 ●マグネシウム=6〜8 ●鉄=5〜6 ●亜鉛=5〜6 ●マンガン=6〜7
関連記事乾燥肌&内臓冷え防ぎ 快眠導く術睡眠の質上げ 美肌up リンゴきんとん

体重が50kgの場合、成人1日の必須アミノ酸推奨量WHO満たす割合
  ●イソロイシン=12 ●リジン=11 ●シスチン=22 ●フェニルアラニン、チロシン=15 ●スレオニン=15 ●トリプトファン=20 ●バリン=13 ●ヒスチジン=14 ●ロイシン=9 ●メチオニン=8
カロリーは27kcal ゆで26となります。(単位%) ※1/3株約100g
関連記事⇒お腹張り ガスたまる改善 美肌up痩身&美肌upがんも防ぐ きな粉バナナ

*イソチオシアネート:食欲増進、殺菌・抗酸化作用、がん、肌荒れ予防
  かぶカリフラワーキャベツ小松菜、大根、なばな白菜ブロッコリー、辛子、わさびなどのアブラナ科野菜に多く含まれ、強い殺菌と抗酸化力を持ち、発がん物質の活性化を防ぐ辛味成分で、活性酸素で傷付いた細胞ががん化するのを抑制する作用が期待できます。
  また、わさび、辛子、大根に含まれるアリルイソチオシアネートは、肌の老化、皮膚がんの発生や増殖・転移を防ぎ、死にいたる場合がある白血病細胞を自滅させる作用が期待できます。
  調理する際に煮ることで、食材の細胞が壊れ、吸収しやすくなります。≫ 詳しく見る
  ただ、単一のイソチオシアネート、またはこれを含む成分を大量に摂取した場合、一過性の不快症状を招く事があります。
関連記事シミ しわ 防ぐ力強化 モロヘイヤ内臓冷えが招く 疲労臭 太りリスク改善

*ビタミンB6:先端疼痛症・皮膚炎・浮腫(むくみ)・肌荒れ貧血予防
  まぐろ抹茶レバー*、かつお、鶏挽き肉ささ身白さけきな粉青身魚大豆鶏むね、さくらます、くるみピーナッツひらめぶり豚ヒレあずきにらバナナ、和牛ヒレ・そともも、いんげん豆などに多く、カリフラワーに含まれています。
  同じ作用を持つ10種類以上の化合物の総称で、光、特に紫外線により分解される性質。 腸内細菌によって供給され、内での非必須アミノ酸を合成、脱炭素反応に補酵素の成分として関わり、アミノ酸の代謝に関わる多くの酵素補酵素として働き、赤血球の生成を促進、肌・粘膜の健康を保つ作用がある栄養素です。
  必要量は、たんぱく質の摂取量と密接に関わってます。≫ 詳しく見る
不足しやすい 】 肌が荒れやすい立ちくらみがする減量・ダイエットをしている、レバー・魚介類が嫌い、種実・豆類をあまり摂らない方などです。 ※食材名*は一部除く
関連記事ダイエット 疲労臭cut くすみ 貧血改善冷たい飲食 長期継続で 太り体質

  継続して1日100g摂取する事で抗酸化作用貧血肌荒れ冷え性予防改善、認知症・がん、胎児の神経管発育不全・壊血病白内障・風邪・便秘予防効果が期待できます。
関連記事スマホ凝視ダメージ減 挽肉なす玉葱炒歯と歯茎はキレイ好き 顔歪防ぐ

  閉経、妊娠を迎えない限り、月経に伴う出血で血液の主成分である赤血球も失うため、吸収を促進するビタミンC、古くなった赤血球を再生する生理作用がある葉酸を多く含む食材を摂る事で、肌がくすむ、立ちくらみがするなど貧血症状が改善されると考えます。

【 参考資料 】
カリフラワーイソチオシアネートビタミンB6食品栄養素成分栄養成分効果
 辞典2011年10月20日開設

Related posts(外部サイト)


2015年07月30日

くすみ 貧血改善 美肌効果up 小松菜

  ”くすみ肌・立ちくらみ”、“爪が白い・貧血”、“しわ・肌荒れ”、“むくみ・太りやすい”、“下腹の張り・便秘”など、身体からのサインがみられませんか?


  閉経、妊娠を迎えない限り、月経に伴う出血で血液の主成分である赤血球も失うため、赤血球を生成するを意識して摂る必要があります。 小松菜は野菜の中で鉄を含む量が、トップクラス。 鉄吸収を促進するビタミンC、赤血球を再生する生理作用がある葉酸も多く含まれています。


  症状がある、紫外線が気になる方にオススメで 【 一石三鳥 】 以上の効果が期待できる食材、『 小松菜 』 です。
青色文字をクリックして頂きますと、説明文または関連記事、サイトが表示されます。

  <アブラナ科野菜の中でも小松菜には、ビタミンC葉酸と、イソチオシアネート、ビタミンUが多く、カロテンビタミンB1B2B6カリウムカルシウムなど身体の働きを保持・調整に必須な栄養素と、必須アミノ酸のフェニルアラニン、チロシントリプトファンも含まれています。
  調理の際に、電子レンジを使用する事で、水煮に比べ、熱に弱い栄養素・成分を酸化させずに摂取できますので、更に効果が期待できます。
小松菜は、1年中出まわっていますが、旬は秋で、9〜11月になります。

小松菜100gを摂った場合、日本成人女性1日の栄養素必要量を満たす割合
  ●ビタミンC=39 ●葉酸=55 ●カロテン(ビタミンA当量)=29 ●ビタミンB1・・・11 ●ビタミンB2=13 ●ビタミンB6=10 ●ビタミンE=11 ●カリウム=25 ●カルシウム=28 ●鉄=23〜28 ●ナイアシン=8 ●パントテン=6 ●リン=8 ●マグネシウム=4〜5●銅=4 ●マンガン=4 ●食物繊維=8〜10
関連記事くすみ 貧血防ぎ 疲れ 太り体質改善バリア強化 痩身に導く トマト鮭卵とじ

体重が50kgの場合、成人1日の必須アミノ酸推奨量WHO満たす割合
  ●フェニルアラニン、チロシン=11 ●トリプトファン=19 ●イソロイシン=7 ●ロイシン=7 ●リジン=7 ●メチオニン=4 ●シスチン=7 ●スレオニン=9 ●バリン=9 ●ヒスチジン=8
カロリーは14kcalになります。(単位%) ※1/3束約100g
関連記事⇒隠れ肥満度下げ 中から キレイup術サビさせず 美&痩身up 黄粉ココア

*ビタミンU(キャバジン):免疫力向上、がん、十二指腸・胃潰瘍、胃腸病・風邪・肌荒れ予防
  キャベツかぶ、からし菜、カリフラワー、ケール、小松菜大根なばな白菜ブロッコリー、辛子、わさびなどのアブラナ科野菜に特に多く含まれています。
  熱に弱い性質で、抗酸化力を持ち、老化物質活性酸素を除去、免疫力を向上、胃腸粘膜の修復する働きがあるので、サプリメント、医薬品などにも用いられている水溶性化合物です。   また、胃酸の分泌を抑え、ストレスなどで傷ついた胃腸粘膜の修復する作用が期待できます。
関連記事内臓冷え防ぎ 美しさ保つ ポークカレー痩せ体質&エステ効果up 新法則

*チロシン:脳活性作用、うつ病・冷え性予防改善、肥満予防
  高高野豆腐、チーズ大豆しらすきな粉ピーナッツ魚卵まぐろ鶏むねかつお油揚げごまそら豆、うるめいわし、かじきぶりはまちさけ伊勢えびかれい豚ロースとり貝さんまひらめ、竹の子などに豊富、小松菜に含まれています。
  体内では同族フェニルアラニンからも合成され、神経細胞や神経伝達物質の原料となり、脳を活性化し記憶や注意力を向上、ストレスの処理を調節する働きがある必須アミノ酸の一つで、付いてしまった脂肪を筋肉に取り込み分解代謝を促進する作用が期待できます。
  ただ、単一のチロシン、またはこれを含む成分を大量に摂取した場合、一過性の不快症状を招く事があります。≫ 詳しく見る
不足しやすい 】 むくみ・冷えやすい減量・ダイエットをしているストレスを受けやすい、チーズ・魚介類が嫌い、種実・豆類をあまり摂らない方などです。
関連記事保湿 解毒力up 下腹の張り防ぐ あずき内臓冷え 招く習慣=脂肪の蓄積

  継続して1日100g摂取する事で抗酸化作用貧血肌荒れ冷え性予防改善、認知症・動脈硬化・がん、風邪予防効果が期待できます。
関連記事肌角化防ぎ 脂肪消費up レバーにら炒脂肪敬遠リスク大 下腹の張り改善

  肌の健康を守るカロテンを始め、シミ・しわ原因の活性酸素を除去する抗酸化成分であるビタミンEイソチオシアネート、ビタミンUが含まれいますので、美肌効果も上がると考えます。

【 参考資料 】
小松菜ビタミンU(キャバジン)ビタミンC食品栄養素成分栄養成分効果辞典
 2011年10月20日開設

Related posts(外部サイト)



2015年06月17日

くすみ 貧血防ぎ 脂肪cut モロヘイヤ

  雨上がりは幾分過ごしやすい初夏ですが、”くすみ肌・立ちくらみ”、“爪が白い・貧血”、“しわ・肌荒れ”、“むくみ・太りやすい”、“下腹の張り・便秘”など、身体からのサインがみられませんか?

  妊娠、閉経を迎えない限り、月経に伴う出血の際に、と血液の主成分である赤血球も失ってしまいます。 モロヘイヤは、赤血球を再生する葉酸が豊富、鉄吸収を促進するビタミンC、赤血球を守る生理作用があるビタミンEを多く含む優れものです。

  症状がある、手・足先が冷えやすい方にオススメで 【 一石三鳥 】 以上の効果が期待できる食材が、『 モロヘイヤ 』 です。
青色文字をクリックして頂きますと、説明文または関連記事、サイトが表示されます。

  シナノキ科野菜モロヘイヤには、葉酸が豊富、カロテン、ビタミンB2、パントテン酸、カルシウムマンガンと、ケルセチンが多く、ビタミンB1B6カリウムマグネシウムリン食物繊維など身体の働きを保持・調整に必須な栄養素ムチンも含まれています。
  調理の際に、ジューサーか、電子レンジを使用する事で、水煮に比べ、熱に弱い栄養素・成分を酸化させずに摂取できるので、更に効果が期待できます。 モロヘイヤは、夏野菜で旬は、7〜8月になります。
関連記事くすみ 肌荒れ 太り体質 酸欠原因?!太りやすい 口臭防ぎ 痩身up 工夫

モロヘイヤ40gを摂った場合、日本成人女性1日の栄養素所要量を満たす割合(%)
  ●葉酸=50 ●カロテン(ビタミンA当量)=38 ●ビタミンB2=17 ●ビタミンC=26 ●ビタミンE=33 ●パントテン酸=15 ●カルシウム=17 ●マンガン=15〜18 ●ビタミンB1=9 ●ビタミンB6=12 ●カリウム=11 ●マグネシウム=7〜8 ●リン=7 ●銅=8〜9 ●食物繊維=9〜12 ●ナイアシン=3 ●鉄=3〜4 ●亜鉛=2〜3
カロリーは38kcal ゆで25になります。 ※一掴み約40g
関連記事⇒たるみ しわ抑え 脂肪消費up かれい下腹の張り 便秘解消 痩身効果UP

*ビタミンA:正常な成長、骨・歯の発育、がん、夜盲症ドライアイ肌荒れ予防
  のり、レバー(あんこう)、抹茶、うなぎ肝、しそモロヘイヤ人参うなぎ、蛍いか、きんとき、パセリ、わかめ、よめな、銀だら、あしたば、よもぎ、なずな、乾燥あんずほうれん草春菊、すじこ、にらひじき大根の葉、糸三つ葉などに多く含まれています。
  Aは動物のみ、カロテンは動植物に存在、酸化、乾燥、高温でこわれますが、水に溶けない、ビタミンEやその他の抗酸化成分を一緒に摂ると安定度を増す性質。 抗がん作用があり、薄暗い所での視力、と粘膜の健康を保持する栄養素です。
  また、肌表面をおおう上皮、器官・臓器の成長や分化、目の働き、細胞内での遺伝情報の伝達に関わるため、妊婦や胎児にとっては特に必要な栄養素でもあります。≫ 詳しく見る
不足しやすい 】 肌が荒れやすい妊婦や胎児、成長期の子供、 薄暗い所で見えにくい、目が乾きがち、レバー・緑黄色野菜が嫌いな方などです。
関連記事そのままにすると 太る原因 冷房対策スマホ凝視で不足 シミ 原因ガード

*パントテン酸:高血圧・動脈硬化・肥満・糖尿病冷え性肌荒れ予防
  レバー*、干し椎茸、まめ、はつ()、納豆挽きわり・糸引き、魚卵(たらさけ)、抹茶、鶏(ささ身、むねもも)、ピーナッツはたけしめじ平茸、松茸、あわびモロヘイヤえんどうマッシュルーム、とこぶし、大豆などに多く、動物性食品に広く含まれています。
  ビタミンB1とともに代謝、ビタミンB2とともに脂質代謝、エネルギーを生産するTCA回路を作動させる際、炭水化物たんぱく質の代謝に関わり、生物にとって最も重要な物質補酵素CoA構成成分として脂質代謝に必要な栄養素です。
  不足しますとめまい、頭痛、手のマヒ、焼けるような足の痛み、腎機能障害などの欠乏症状がみられる場合があります。≫ 詳しく見る
不足しやすい 】 むくみ・冷えやすい肌が荒れやすい減量・ダイエットをしている、神経をよく使う、外食や調理済み食品、野菜を中心に摂る方などです。 ※食材名*は一部除く
関連記事肌がたるむ 3つの原因 と 対処法炭水化物 + 脂肪消費up 鴨南蛮うどん

  継続して1日40g摂取する抗酸化作用貧血肌荒れ冷え性予防改善、脳梗塞・認知症・高血圧・動脈硬化・肥満・糖尿病高脂血症・がん、白内障壊血病・胎児の神経管発育不全・夜盲症ドライアイ・皮膚炎・風邪・むくみ便秘予防効果が期待できます。
関連記事⇒サビさせず 痩せ体質&美肌up 腸活性体脂肪蓄積抑え 肌活性する 枝豆

  野菜には珍しく、脂質代謝(=脂肪エネルギー化)に必要なビタミンB2、パントテン酸も多く含まれていますので、贅肉が気になる方にオススメで、痩身効果も上がると考えます。

健康に二重丸の評価 緑黄色野菜

  平山雄・予防がん老化研究所長(元・国立がんセンター疫学部長)は27万人を17年間追跡した調査で、緑黄色野菜を毎日食べる人の死亡率は低く、病気にもかかりにくいことを発見した。 統計上は 「老化が10年遅れる}。

  活性酸素は体の仕組みを狂わせ、がんや老化の原因になる。 体の中の脂肪を過酸化脂質にして、動脈硬化を作るとされる。 活性酸素の主発生源は、たばこと酒。 脂肪などの食品、排気ガスやアスベストなど環境汚染物質、オゾンや紫外線なども加わる。

  この活性酸素を、カロチンがなだめ、除去するという研究が、最近次々に出始めた。 例えば、「がん患者は、カロチン摂取が少なく、血液にもカロチンが少ない」 という。

「朝日新聞1991年5月28日掲載記事より一部抜粋

【 参考資料 】
モロヘイヤカロテンパントテン酸食品栄養素成分栄養成分効果辞典2011年
 10月20日開設

Related posts(外部サイト)


  このサイトから 「 お探しの項目 」 をもっとお知りになりたい方は、Googleから関連サイト内の検索ができるようにボックスを設置しております。 お役に立てば幸いです。





スポンサードリンク