2015年07月15日

サビさせず 美肌力up きな粉ココア

  紫陽花が梅雨の終わりを告げ夏本番、”くすみ肌・立ちくらみ”、“爪が白い・貧血”、“しわ・肌荒れ”、“むくみ・太りやすい”、“下腹の張り・便秘”など、身体からのサインがみられませんか?

  貧血を改善し、酵素を活性化するが豊富で、鉄の吸収を助ける、、内臓疲労を防ぐテオブロミンが多く含まれ、栄養価も高く、痩身効果が上がると考えます。

  症状がある、特に手・足先が冷えやすい方が効果的に摂取できる摂り合わせが、『 きな粉ココア 』 です。
青色文字をクリックして頂きますと、説明文または関連記事、サイトが表示されます。

  大豆を原料とするきな粉には、葉酸が豊富、ビタミンB1B6ビオチン、カリウム、カルシウム、マグネシウム、リン、鉄、亜鉛、銅、食物繊維、αーリノレン酸レシチンなど身体の働きを保持・調整に必須な栄養素システインと、イソフラボン、グルコン酸サポニン大豆たんぱくフラボノイドが多く、ビタミンB2ナイアシンパントテン酸も含まれています。
  カカオを原料とするピュアココアには、カリウムマグネシウムリン、銅、食物繊維が豊富、亜鉛と、カフェインタンニンテオブロミンポリフェノールリグナンが多く、ビタミンB1・B2、ナイアシン、葉酸、パントテン酸、カルシウムなどもバランス良く含まれているので、相乗効果が期待できます。
  また、きな粉ピュアココアには、必須アミノ酸シスチントリプトファンが豊富、アミノ酸アルギニンアスパラギン酸が多く、きな粉には、必須アミノ酸のイソロイシン、ロイシン、リジンメチオニン、フェニルアラニン、チロシン、スレオニン、バリン、ヒスチジンが豊富、アミノ酸アラニングリシンプロリンも多く含まれているので、更に効果が期待できます。

*身体に良い製品でも、摂り過ぎには気を付けましょう!

きな粉10、ピュアココア20gを摂取した場合、1日の成人所要量が男性で28%、女性で31〜37%満たされます。「食品成分表改定最新版より算出」
関連記事⇒体脂肪 蓄積抑え 肌活性 枝豆くすみ 貧血防ぎ 疲れ 太りやすい 解消

ピュアココア20gを摂取した場合、1日の成人所要量が男性で42〜48%、女性で48〜54%満たされます。「食品成分表改定最新版より算出」
関連記事⇒下腹の張り 便秘解消 痩身力UP内臓冷え防ぎ 美しさ保つ ポークカレー

*イソフラボン:美肌作用、高血圧・動脈硬化・乳がん、更年期障害・骨粗鬆症・生理不順予防
  大豆きな粉豆腐油揚げがんもどき納豆、味噌などの大豆製品に多く含まれ、更年期障害や骨からのカルシウム溶解を抑え、乳がんの発症に関わる女性ホルモンエストロゲンホルモンの分泌を調整、美白と保湿性の向上、豊乳、生理不順を予防改善する働きがある成分で、血中コレステロールの上昇、特に悪玉(L.D.L)を抑制する作用が期待できます。
  ただ、食べて24時間以内に尿と一緒に排泄され、体内に蓄積される事はありません。 単一のイソフラボン、またはこれを含む成分を大量に摂取した場合、女性ホルモンのバランスが崩れ、月経周期の遅れや子宮内膜増殖症などのリクスが高まる事があります。≫ 詳しく見る
乳がん予防のお薦め摂取 】 50mg以上。 豆腐半丁、納豆1パック、きな粉20g、煮豆60gが目安です。
関連記事しわ たるみ 肌老化抑える 入眠法隠れ肥満度 上げる習慣 理由と対策

*銅(Cu):免疫力強化、骨折・変形、風邪・冷え性貧血予防
  ピュアココア、蛍いか、いいだこ、干しやつめうなぎ、干し舞茸、きな粉、うなぎ肝、レバー*、かきイクラ、くわい、のり、えび伊勢大正納豆種実*、そば粉*、高野豆腐、干しずいき、、干し椎茸、焼き板ふ、かに*、あわ、こういかなどに多く含まれています。
  腸管からの吸収を助け神経伝達物質の中心になるカテコールアミン代謝する酵素成分として重。 脳の発達、心筋収縮、乳児の成長、防御機構、骨強度・赤血球白血球細胞の成熟、鉄輸送、コレステロール代謝に必要とされる栄養素です。
  また、不足しますヘモグロビン成分が減少し貧血になる、白血球、特に好中球減少、骨折・変形をおこすなどの欠乏症状がみられる場合があります。≫ 詳しく見る
不足しやすい 】 立ちくらみがするむくみ・冷えやすい、レバー・魚介類が嫌い、種実・豆類をあまり摂らない、風邪をひきやすい方などです。 ※食材名*は一部除く
関連記事くすみ和らげ 贅肉化防ぐ モロヘイヤ隠れ肥満度下げ なかから キレイ

  これらを継続して摂り合わせで、疲労回復、整腸抗酸化作用貧血肌荒れ冷え性予防改善、脳・心筋梗塞、認知症・高血圧・動脈硬化・肥満・糖尿病・がん、骨粗鬆症・風邪・便秘予防効果が期待できます。
関連記事朝食抜き 早期認知症 リスク対策保湿 解毒力up 下腹の張り防ぐ あずき

  シミ・しわ、肌老化原因の活性酸素を除去するビタミンEフラボノイドタンニンポリフェノールリグナンが多く含まれていますので、美肌効果も上がると考えます。

【 参考資料 】
きな粉ピュアココアイソフラボン食品栄養素成分栄養成分効果辞典
2011年10月20日開設

Related posts(外部サイト)


  このサイトから 「 お探しの項目 」 をもっとお知りになりたい方は、Googleから関連サイト内の検索ができるようにボックスを設置しております。 お役に立てば幸いです。

2015年02月04日

くすみ 貧血 太る改善 生姜ココア

  空気が乾燥し冷え込みが増す晩冬、”くすみ肌・立ちくらみ”、“爪が白い・貧血”、“しわ・肌荒れ”、“冷え・太りやすい”、“下腹の張り・便秘”など、身体からのサインがみられませんか?

  気温が下がれば下がるほど血行不良になり、内臓が冷えますので、腸の血行、代謝を向上させる生姜内臓疲労を解消するテオブロミンが多く含む食材の摂取がオススメです。

  お腹周り、下腹ぽっこりが気になる、症状がある方が効果的に摂取できる摂り合わせが、『 しょうが蜂蜜入ココア 』 です。
青色文字をクリックして頂きますと、説明文または関連記事、サイトが表示されます。

  カカオを原料とするココアには、カフェインタンニンテオブロミンポリフェノールが多く、その中でもピュアココアには、カリウムマグネシウムリン、鉄、食物繊維が豊富、亜鉛が多く、ビタミンB1B2ナイアシン葉酸パントテン酸カルシウムなど体の働きを保持・調整に必須な栄養素もバランス良く含まれているので、単体で効果が期待できます。
  しょうがには、ショウガオールジンゲロール蜂蜜には、プロリン、果糖、グルコン酸活性酸素の除去力がある抗酸化成分酸化による老化の進行を防ぐ肌荒れ予防効果があるフェノールが多く含まれているので、相乗効果が期待できます。
  また、ピュアココアには、必須アミノ酸シスチントリプトファンが豊富、イソロイシン、ロイシン、リジンメチオニン、フェニルアラニン、チロシン、スレオニン、バリン、ヒスチジンアミノ酸アルギニンアスパラギン酸が多く含まれているので、更に効果が期待できます。

*身体に良い食材でも、摂り過ぎに気を付けしましょう!

ピュアココア20gを摂取した場合、1日の成人所要量が男性で28%、女性で23〜28%満たされます。「食品成分表改定最新版より算出」 ※ティースプーン1杯約10g
関連記事⇒脂肪分解up 太る 肌荒れ くすみ改善/サビさせず シミ抑え 美肌力up工夫

ココア20、蜂蜜10、しょうが3gを摂取したカロリーは、順に54と、29、1で、約84。 ショートケーキ1個100gとしますと344で、24%程度となります。「食品成分表改定最新版より算出」
関連記事⇒腸内環境整え 強光から 肌と目を守るお腹 下腹太りになる 理由 と 対策

*リグナン:抗酸化作用、心筋梗塞・動脈硬化・がん、骨粗鬆症・肌荒れ予防
  ごまココア、穀類(ライ麦、小麦、えんぱく、大麦)に多く含まれる植物に含まれる化合物群の一種で、女性ホルモンエストロゲンに似た作用あり、ホルモンの分泌を調整、脂肪代謝を促進、活性酸素を除去する働きがある抗酸化成分です。
  また、アルコール分解を促進、血中コレステロール、特に悪玉(L.D.L)を抑制、善玉(H.D.L)を増やしますので、老化防止、肝機能改善する作用も期待できます。
関連記事肌乾燥 抑え かすれ目 くすみ改善美肌 痩身 整腸効果 サビないコラボ

*鉄(Fe):赤血球生成貧血予防改善
  ひじき抹茶、干し海老、ピュアココアレバーのり、ごま、切干し大根きな粉しじみはつ赤貝ほっき貝、あげまき、あさりがんもどき、ライ麦、い貝、コンビーフ缶詰、糸引き納豆みる貝などに多く含まれています。
  成人体内に約3g含まれ、赤血球のヘモグロビン、筋肉のミオグロビンや肝臓のフェリチン、一部は全身の細胞に広く分布。 主にヘモグロビンの鉄は血液を介して酸素を運搬、ミオグロビンの鉄は酸素を細胞内にとり入れ、各細胞の鉄は酵素活性化に関わり、栄養素の燃焼に役立っている栄養素です。
  赤血球は絶えず骨髄などで造られ、古くなったものは分解してしまうので、鉄が不足すると赤血球の生成が妨げられ、貧血となります≫ 詳しく見る
不足しやすい 】 立ちくらみがする閉経前の女性妊婦や胎児、レバー・貝類が嫌い、豆・海藻類をあまり摂らない方などです。
関連記事くさい うんち おなら 原因 と 対策くすみ 肌荒れ 太る抑え 隠れ貧血 解消

  これらを継続して摂り合わせで、免疫力強化、疲労回復、整腸抗酸化作用貧血肌荒れ冷え性予防改善、高血圧・動脈硬化・肥満・糖尿病、骨折・変形、老化・風邪・便秘予防効果が期待できます。
関連記事⇒お腹 下半身太り 胃腸疲れが原因くすみ シミ 解消 潤い与え 美効果UP

  ただ、身体を温め、利尿作用があるため、就寝前に摂りますと、寝汗をかく、おしっこに起きる原因になり、睡眠エステ効果を下げてしまいますので、就寝1時間前は避けましょう。

【 参考資料 】
「朝日新聞」2007年4月16日掲載記事(食の健康学 「ゴマすり」 効果いっぱい)
カカオ食品栄養素成分栄養成分効果辞典2011年10月20日開設

Related posts(外部サイト)


  このサイトから 「 お探しの項目 」 をもっとお知りになりたい方は、Googleから関連サイト内の検索ができるようにボックスを設置しております。 お役に立てば幸いです。

2013年06月04日

くすみ肌 貧血 改善 パンプキンスープ

 ”くすみ肌・立ちくらみ”、“爪が白い・貧血”、“むくみ・太りやすい”、“シミ・肌荒れ”、“お腹の張り・便秘”など、身体からのサインがみられませんか?

  症状がある方が、不足しやすい必須栄養素に 『 傷ついた遺伝子を修復、アミノ酸代謝たんぱく質核酸の生合成に必要で貧血予防作用があるビタミンB12 』 と 『 補酵素成分としてアミノ酸炭水化物脂質の代謝に必要で冷え性・肌荒れ予防作用があるビタミンB2 』 が挙げられます。

  これらと 『 活性酸素を除去ビタミンC吸収を促進し成分を保持する肌荒れ予防効果があるケルセチン(ビタミンP) 』、『 活性酸素の除去力が強く、吸収を促進、宿便を抑える肌荒れ・便秘・貧血予防作用があるラクトフェリン 』 を効果的に摂取できる摂り合わせが、『 パンプキンスープ 』 です。

排便がない”、“むくみ・冷えやすい”、“肌が荒れやすい”方にもオススメです。
青色文字をクリックして頂きますと、説明文または関連記事、サイトが表示されます。

  ウリ科野菜かぼちゃには、傷ついた遺伝子を修復、赤血球再生、アミノ酸やDNA基本構造の生成に必要で貧血予防作用がある葉酸と、ビタミンBхが多く、ビタミンB6パントテン酸カリウムマグネシウム食物繊維など身体の働きを保持・調整に必須な栄養素シスチンシトルリンも含まれているので、単体で摂取しても効果が期待できます。
  紫玉ねぎには、アリシン、ケルセチンが多く、ビタミンB6、葉酸、アントシアニンなども含まれ、炒める事で、玉ねぎの甘味成分は、砂糖の50〜70倍となり、エネルギー代謝され冷え性予防となるので、相乗効果が期待できます。
  調理の際に、牛乳パセリを加える事で、牛乳のアルブミン、ラクトフェリンビタミンB2B12、パントテン酸、カルシウムリンパセリに多く含まれる血流を促進し、活性酸素を除去、宿便を抑え、腸を整える冷え性肌荒れ便秘予防効果があるフラボノイド栄養成分も摂取できるので、更に効果が期待できます。

日本かぼちゃ100g、普通牛乳1/2カップを摂取した場合、1日のビタミンB2成人所要量が男性で16%、女性で20%満たされる概算になります。「五訂食品成分表2001参照」
【 関連記事⇒お腹スッキリ で 痩せ体質?! 美肌にも美肌の大敵! 紫外線を完全ブロック?!

日本かぼちゃ100gを摂取した場合、1日の葉酸成人所要量が女とも40%満たされる概算になります。「五訂食品成分表2001参照」
【 関連記事⇒お酒 を 飲む なら 知って おき たいくすみ肌 立ちくらみ 貧血 見逃してない

*アリシン(硫化アリル):乾燥眼炎感染(ドライアイ)冷え性予防改善、肥満、肌荒れ予防
  ねぎ類、玉ねぎ、にんにく、にら、らっきょうなどユリ科のネギ属野菜ネギ属野菜に多くに含まれる成分。 抗酸化力を持ち、血管を詰まらせる血栓を溶かすトリスルフィドやセパエンの生成、ビタミンB1吸収を促進・保持させ、体内で吸収力を増加、アリチナミンに変化し代謝を促進、交感神経を刺激しアドレナリンを放出、脂肪分解酵素リパーゼを活性化させ、脂肪分解や血流を促進する作用が期待できます。
  また、揮発性成分が鼻粘膜と目を刺激し涙の分泌を促進、涙で目の表面を被い、目の保護作用が期待できます。
【 関連記事⇒おなか 整え 肌荒れ 抜け毛 貧血 改善太りやすい 体質 に なってしまう 前に

*アルブミン:長寿作用、肝硬変、栄養失調・ネフローゼ症候群肌荒れ予防
  豚肉、かつお、卵白、乳汁などに多く含まれ、体内では肝臓で生成、細胞や体液に含まれ、体液組織に漏れるのを防止、栄養素ホルモンなどの物質全身の細胞に運ぶ働きがあり、脳や身体の内部から活性化、老廃物を肝臓に運び体内を浄化などの役割を果たす最も重要な水によく溶けるたんぱく質の一つです。
  不足すると、栄養失調を招き、ネフローゼ症候群、ウィルス性肝炎・肝硬変などの肝機能障害になる場合があります。
不足しやすい 】 日焼けや熱傷(やけど)、偏った食事をしている方などです。
【 関連記事⇒どんなに頑張っても 美肌になれない?!痩せたい 用心! むくみ 肌荒れ 貧血

  これらを摂り合わせで、抗酸化作用貧血冷え性肌荒れ予防改善、高血圧・動脈硬化・肥満・糖尿病・高脂血症・がん、風邪・便秘予防効果が期待できます。
【 関連記事⇒簡単キレイ! 立ちくらみ 貧血 解消 もお腹スッキリ で 痩せ体質?! 美肌にも

【 参考資料 】 「アリシンアルブミン栄養成分効果辞典2011年10月20日開設

関連サイト最近の主な記事


↑ TOP 】 【 貧血 原因 】 【 効果的 食材 】 【 不足 成分 】 【 痩せたい 用心 】 【 美 保つ

2012年10月30日

くすみ肌 貧血 改善 抹茶バナナミルク

 ”くすみ肌・立ちくらみ”、“爪が白い・貧血”、“むくみ・太りやすい”、“シミ・肌荒れ”、“下腹の張り・便秘”など、身体からのサインがみられませんか?

  症状がある方が、不足しやすい必須栄養素に『 傷ついた遺伝子を修復、赤血球再生、アミノ酸やDNA基本構造の生成に必要で貧血予防作用がある葉酸 』、『 心臓・筋肉の働きエネルギー代謝、余分な塩分や水分の排出を担うむくみ冷え性予防作用があるカリウム 』 が挙げられます。

  これらと 『 活性酸素を除去、コラーゲンの生成、吸収を促進する肌荒れ・貧血予防作用があるビタミンC 』、『 意識して摂取しないと不足する排泄を促進、肥満・生活習慣病便秘予防作用がある食物繊維 』 を効果的に摂取できる摂り合わせが、『 抹茶バナナミルク 』 です。

排便がない”、“むくみ・冷えやすい”、“肌が荒れやすい”方にもオススメです。
青色文字をクリックして頂きますと、説明文または関連記事、サイトが表示されます。

  抹茶には、カロテンビタミンB2葉酸カリウム、鉄、食物繊維が豊富、ビタミンB1・B6・パントテン酸カルシウムマグネシウムリン亜鉛など身体の働きを保持・調整に必須な栄養素と、カテキンカフェインタンニンフラボノイドも多く含まれているので、単体で摂取しても効果が期待できます。
  バナナには、アミノ酸の合成と代謝赤血球生成を促進、肌を保つむくみ肌荒れ・貧血予防作用があるビタミンB6が多く、ビタミンC、葉酸、カリウム、マグネシウムと、ヒスチジンも含まれているので、相乗効果が期待できます。
  低殺菌牛乳には、食事から摂取する必要がある必須アミノ酸がバランス良く含まれ、アルブミンラクトフェリンが多く、ビタミンB2・B12、パントテン酸、リン、カルシウムも含まれているので、更に効果が期待できます。
  また、バナナを摂取する事で、メラトニンの分泌を促進、代謝の時間が異なるブドウ糖、果糖、ショ糖を含み、この甘味のため、「太る」 という誤解がありますが、皮なしバナナ1本が100gだとすると86Kcal、ショートケーキ1個(100g)の15%程度と低カロリーなので、効果がより期待できます。

*身体に良い食材でも、摂り過ぎには気を付けましょう!

バナナ1本(約100g)を摂取した場合、1日のビタミンB6成人所要量が男性で約24%、女性で約32%満たされる概算になります。「五訂食品成分表2001参照」

抹茶ティースプーン1杯(約10g)を摂取した場合、1日の葉酸成人所要量が女とも約60%満たされる概算になります。「五訂食品成分表2001参照」

*カテキン:抗酸化作用、風邪予防改善、高血圧・動脈硬化・肥満・糖尿病・がん、肌荒れ予防
  緑茶(抹茶)、ウーロン茶、紅茶などに多く:含まれる渋味・苦味成分のポリフェノールの一種。 血圧の上昇を抑制し、血中コレステロールや血糖値を調節、ビタミンCの約80倍、ビタミンEの約10倍の抗酸化力を持ち、体内の老化物質活性酸素や毒素を除去し、細胞や遺伝子の損傷を抑制、抗がん作用があります。
  また、緑茶には、4種類のカテキンが含まれ、この中でエピガロカテキンガレートには、ビタミンEの約200倍と最も強い抗酸化作用があります
国内では、茶カテキンが有効成分として、「体脂肪が気になる方に」 という機能表示が厚生労働省により許可された特定保健飲料として販売されています。
  一方、単一のカテキン、またはこれを含む成分を大量に摂取した場合、肝機能障害を招く事があります。

*鉄:赤血球生成貧血予防改善
  ひじき抹茶、干しえび、ピュアココア、レバー、のり、ごま、切干し大根、きな粉、豆、しじみ、はつ、赤貝、ほっき貝、よもぎ、鴨、油揚げ。あげまき、あさり、がんもどき、ライ麦、い貝、コンビーフ缶詰、納豆、みる貝などに多く含まれています。
  成人体内に約3g含まれ、赤血球のヘモグロビン、筋肉のミオグロビンや肝臓のフェリチン、一部は全身の細胞に広く分布、主にヘモグロビンの鉄は血液を介して酸素を運搬、ミオグロビンの鉄は酸素を細胞内にとり入れ、各細胞の鉄は酵素活性化に関係、栄養素の燃焼に役立っている必須栄養素です。
  赤血球は絶えず骨髄などで造られ、古くなったものは分解してしまうので、鉄が不足すると赤血球の生成が妨げられ、貧血となります≫ 詳しく見る
不足しやすい 】 レバー・豆・海藻類をあまり摂らない立ちくらみがする閉経前の女性妊婦や胎児、方などです。

  これらを摂り合わせで、抗酸化整腸作用貧血冷え性肌荒れ予防改善、高血圧・動脈硬化・肥満・糖尿病・がん、皮膚炎・風邪・浮腫(むくみ)・便秘予防効果が期待できます。
【 関連記事⇒血管 を 保ち 肌 を 老化 させない肌くすみ めまい 貧血 予防 & 美肌効果

【 参考資料 】 「カテキン栄養成分効果辞典2011年10月20日


↑ 戻る 】 【 貧血 原因 】 【 効果的 食材 】 【 不足 成分 】 【 痩せたい 用心 】 【 美 保つ

2012年04月09日

くすみ 貧血改善 ほうれん草ポタージュ

 ”くすみ肌・立ちくらみ”、“爪が白い・貧血”、“むくみ・太りやすい”、“シミ・肌荒れ”、“下腹の張り・便秘”など、身体からのサインがみられませんか?

  症状がある方が、不足しやすい必須栄養素に、『 傷ついた遺伝子を修復、赤血球再生、アミノ酸やDNA基本構造の生成に必要で貧血予防作用がある葉酸 』、『 カロテン酸化活性酸素による赤血球の溶血、老化を防ぐ肌荒れ・貧血・冷え性予防作用があるビタミンE 』 が挙げられます。

  これらと 『 紫外線、活性酸素から目と肌を保護、食事からの摂取が必要で肌荒れ予防効果があるルティン 』、『 意識して摂取しないと不足する排泄を促進、肥満・生活習慣病便秘予防作用がある食物繊維 』 を効果的に摂取できる摂り合わせが、『 ほうれん草ポタージュ 』 です。

排便がない”、“むくみ・太りやすい”、“肌が荒れやすい”方にもオススメです。
青色文字をクリックして頂きますと、説明文または関連記事、サイトが表示されます。

お知らせ 】 2011年2月25日発刊の「食品成分表改定最新版」 女子栄養大学出版部発行を確認致しましたが、当サイトで表示させて頂いている所要量の変更はありませんでした。

  アカザ科野菜ほうれん草には、葉酸が豊富、カロテン、ビタミンC、カリウムと、グルタチオン、ビタミンBχ、ルティンが多く、ビタミンB1B2B6マグネシウムマンガン食物繊維など身体の働きを保持・調整に必須な栄養素も含まれているので、単体で摂取しても効果が期待できます。
  低殺菌牛乳には、食事から摂取する必要がある必須アミノ酸がバランス良く含まれ、アルブミン活性酸素の除去力が強く、吸収を促進、宿便を抑える肌荒れ便秘・貧血予防効果があるラクトフェリンが多く、ビタミンB2・B12パントテン酸、リン、カルシウムなども含まれているので、相乗効果が期待できます。
  調理の際に、電子レンジを使用する事で、熱に弱い活性酸素を除去、コラーゲンの生成吸収促進する肌荒れ・貧血予防作用があるビタミンC酸化させず摂取できるので、効果がより期待できます。

ほうれん草1/3束(約100g)を摂取した場合、1日の葉酸成人所要量が女とも約105%満たされる概算になります。「五訂食品成分表2001参照」

ほうれん草1/3束(約100g)を摂取した場合、1日のビタミンE成人所要量が男性で約21%、女性で約26%満たされる概算になります。「五訂食品成分表2001参照」

*グルタチオン:肝機能強化、解毒抗酸化作用肌荒れ予防改善
  牛レバー、豚ヒレ、かき、しじみ、まぐろ、ほうれん草、酒粕などに多く含まれるグルタミン酸、システイングリシンアミノ酸が結合したペプタイド。 全身の細胞、特に肝臓に多く存在、体内で合成されますが、20歳前後を境に加齢とともに減少、抗酸化力を持ち、老化物質の活性酸素により酸化された酸化脂質や紫外線・ストレスなどを受けると体内で増加する活性酸素を除去する作用が期待できます。
  また、解毒力があり、二日酔いを防ぎ、肝臓の働きを強化する作用が期待できます。

*ビタミンA:正常な成長、骨・歯の発育、がん、夜盲症ドライアイ肌荒れ予防
  のり、レバー(、抹茶、うなぎ肝、しそ、モロヘイヤ、人参、うなぎ、蛍いか、きんとき、パセリ、わかめ、よめな、銀だら、あしたば、よもぎ、なずな、乾燥あんず、ほうれん草、春菊、すじこ、にら、ひじき、大根の葉、糸三つ葉などに多く含まれています。
  Aは動物のみ、カロテンは動植物に存在、酸化、乾燥、高温でこわれますが、水に溶けない、ビタミンEやその他の抗酸化成分を一緒に摂ると安定度を増す性質。 抗がん作用があり、薄暗い所での視力、と粘膜の健康を保持する必須栄養素です。
  また、肌表面をおおう上皮、器官と臓器の成長や分化、目の働き、細胞内での遺伝情報の伝達に関わるため、妊婦や胎児にとっては特に必要な栄養素でもあります。≫ 詳しく見る
不足しやすい 】 肌が荒れやすい妊婦や胎児、成長期の子供、 薄暗い所で見えにくい、目が乾きがち、レバー・緑黄色野菜が嫌いな方などです。

  これらを摂り合わせで、抗酸化作用貧血冷え性肌荒れ予防改善、高血圧・動脈硬化・糖尿病・がん、白内障・皮膚炎・風邪・便秘予防効果が期待できます。
【 関連記事⇒コラーゲン 再生 美肌 を 保つ 食材肌荒れ むくみ 貧血 疲れ 不調 を 改善

【 参考資料 】 「グルタチオンカロテン栄養成分効果辞典2011年10月20日


↑ 戻る 】 【 貧血 原因 】 【 効果的 食材 】 【 不足 成分 】 【 痩せたい 用心 】 【 美 保つ





スポンサードリンク