2018年09月05日

くすみ 貧血改善 発がん抑制 さんま

  気温が目まぐるしく変わる初秋。”くすみ肌・立ちくらみ”、“爪が白い・貧血”、“肌が荒れる”、“潤いがない”、“むくみ・太りやすい”など、身体からのサインがみられませんか?

  酸素を全身に運ぶ赤血球を生成するコラーゲン素のアミノ酸を合成し赤血球の生成を促すビタミンB6、傷付いた遺伝子を修復し抗貧血作用があるビタミンB12活性酸素から赤血球を守るビタミンEと、【コラーゲン素のアルギニングリシンプロリン、コラーゲン生成を助けるビタミンC始め、肌老化の原因物質を除去するシスチンヒスチジンメチオニン抗酸化成分】 が得られるため、がん発症を抑え、くすみ貧血潤いを改善に導きます
※高温加熱に弱いアミノ酸の効力【 】内を最大限に活かすには、お刺身がオススメ。

 「症状がある」、「潤いを改善、痩身効果を上げたい」 方にオススメで 【 一石三鳥 】 以上の効果的な食材、『 さんま 』 です。
青色文字をクリックして頂きますと、説明文または関連記事、対処法、サイトが表示されます。

  青身魚で秋の味覚さんまには、ビタミンB12が豊富、ビタミンB6、ナイアシンリン、DHA、EPAが多く、ビタミンB2パントテン酸カリウムマグネシウムなど身体の働きを保持・調整に必須な栄養素も含まているため、効果が期待できます。
  また、必須アミノ酸リジンメチオニンシスチン、フェニルアラニン、チロシントリプトファンヒスチジンが豊富、イソロイシン、ロイシン、バリン、アミノ酸アルギニンアラニンアスパラギン酸グリシンプロリングルタミンが多く含まれています。

さんま100gを摂った場合、日本成人女性1日の栄養素必要量を満たす割合(%)
●鉄=12〜14 ●ビタミンB6=43 ●ビタミンB12=738 ●ビタミンE=16 ●ナイアシン=54 ●マグネシウム=10〜12 ●ビタミンB2=26 ●パントテン酸=16 ●リン=30 ●カリウム=10 ●葉酸=9 ●カルシウム=5 ●亜鉛=8〜9 ●銅=7〜8
関連記事くすみ 貧血改善 心臓病リスク低下サビさせず 美肌力up さやいんげん

体重が50kgの場合、成人1日の必須アミノ酸推奨量WHO満たす割合
●シスチン=112 ●メチオニン=127 ●ヒスチジン=240 ●フェニルアラニン、チロシン=120 ●イソロイシン=95 ●ロイシン=82 ●リジン=120 ●バリン=85 ●スレオニン=125 ●トリプトファン=115
※鮨だね1切約10g、頭部、内臓、骨、ひれ除く1尾約100g
関連記事シミ そばかす抑制 ナスじんだ和え太もも痩せ! 太る 寝ても怠い改善

*DHA:脳・心筋梗塞、脳卒中・高血圧・動脈硬化・高脂血症老化肌荒れ予防
  すじこ(イクラ)、養殖まだいぶりさばはまち、はも、うなぎ蒲焼さんまさわら真いわし、身欠きにしん、にじます、さけ、むつ、あじししゃも生干し、はたはた、まぐろとろうるめいわしかたくちいわしにしんなどに多く含まれています。
  脳や目の網膜神経、循環器系組織の生成に関わり、血液が固まって血栓ができるのを防ぎ、血圧の上昇を抑える不飽和脂肪酸食事から摂取する必要がある必須脂肪酸です。≫ 詳しく見る
  血中の悪玉コレステロール(L.D.L)や中性脂肪を減らし、善玉コレステロール(H.D.L)の生成を促進する作用が、1日50g摂取すれば、十分に期待できます。
関連記事腸の若さ保ち 痩身&美肌力アップ脂肪消費up 太る改善 豆腐バーグ

*ビタミンB6:肌荒れ予防改善先端疼痛症・皮膚炎・浮腫(むくみ)・貧血予防
  まぐろ抹茶レバー*、かつお、鶏挽き肉ささ身白さけきな粉青身魚いわし真さばさんまにしん)、大豆鶏むね本ますくるみピーナッツひらめぶり豚ヒレあずきにらバナナ、和牛ヒレそとももいんげん豆などに多く含まれています。 ※食材名*は一部除く
  同じ作用を持つ10種類以上の化合物の総称で、光、特に紫外線により分解される性質。 腸内細菌によって供給され、呼吸・循環、消化器の調子を保ち、必須アミノ酸を除くたんぱく質の素になるアミノ酸を合成赤血球生成を促進、肌・粘膜の健康をつ作用がある栄養素です。
  必要量は、たんぱく質の摂取量と密接に関わってます。≫ 詳しく見る
不足しやすい 】 肌が荒れやすい立ちくらみがする減量・ダイエットをしている、レバー・魚介類が嫌い、種実・豆類をあまり摂らない方などです。
関連記事かつお山掛けカブささ身煮鴨南蛮うどん人参ナッツ和え

  消化・分解代謝に関わる酵素を活性化する基礎代謝を上げるナイアシン、エネルギーを消費する際に必要なマグネシウム栄養エネルギーに変える際に必要な脂肪ビタミンB2パントテン酸と、【この働きを助ける脂肪はフェニルアラニン、チロシン糖質はイソロイシン、ロイシン、リジン、バリン、エネルギーを作る働きを活性化するアスパラギン酸アラニン】 が得られるため、脂肪の蓄積を防ぎ、太りやすい体質の改善効果が上がります
※高温加熱に弱いアミノ酸の効力【 】内を最大限に活かすには、お刺身がオススメ。
関連記事肌老化防ぎ 潤い改善 発がん抑制貧血改善 ゆで鶏ささ身もやしニラ付合

  継続して3日に1100g摂るで、動脈硬化、胎児の神経管発育不全・皮膚炎・貧血肌荒れ冷え性改善、脳・心筋梗塞、脳卒中・高血圧・糖尿病
高脂血症・がん抑制ペラグラ神経症状先端疼痛症・骨折・口舌炎・胃腸病 ・老化むくみ予防効果があると考えます。

  アミノ酸の効力は、視・肝機能修復、疲労回復、若返り、解毒抗酸化作用、認知症・高血圧・動脈硬化・肥満、ペラグラ神経症状感染症・皮膚炎・口舌炎・胃腸病・風邪・抜け毛改善、がん、うつ病・骨粗鬆症抑制、脳・心筋梗塞、脳卒中・狭心症・糖尿病、関節痛予防効果があると考えます。
※成分と含有量を数値化、100以上改善、60以上抑制、30以上予防とみています。

【 参考資料 】
さんまDHAビタミンB6栄養成分効果辞典2011年10月20日開設

Related posts(外部サイト)


posted by 水夢 at 08:05 | Comment(0) | くすみ 貧血 予防 / 食べ合わせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月27日

貧血改善 ゆで鶏笹身もやしニラ付合

  寝苦しくなり始めた初夏から仲夏。”くすみ肌・立ちくらみ”、“爪が白い・貧血”、“シミ・たるみ”、“むくみ・太りやすい”、“ガスたまる・便秘”など、身体からのサインがみられませんか?

  赤血球を生成を促すビタミンB6吸収を助けるビタミンC、古くなった赤血球を再生する葉酸、赤血球を守るビタミンEと、コラーゲンの素となるアミノ酸を合成するビタミンB6、コラーゲンやセラミドの再合成を促すビオチン、美白と保湿性を上げるイソフラボンと、ドライアイを改善し肌の潤いを保つカロテンを始め、ビタミンC・E、シスチンメチオニンヒスチジニンアリシンフラボノイドケンフェロールなど肌老化の原因物質を除去する抗酸化成分も得られるため、くすみ貧血肌荒れを改善し、肌老化を抑えます

 「症状がある」、「肌老化を抑え、太りやすいを防ぎたい」 方が効果的に摂取できる食べ合わせが、『 ゆで鶏ささ身肉のモヤシとニラの付合せ 』 です。
青色文字をクリックして頂きますと、説明文または関連記事、改善策、サイトが表示されます。

  鶏肉の中でも脂肪が少ない若鶏ささ身は、ビタミンB6ナイアシンリンと、グルタミンカルニチンが多く、ビタミンB1B2カリウムマグネシウムなども含み、成鶏に比べパントテン酸が34%多く含まれ、焼かずゆでる事で、油分の約100kcalが抑えられます。
  大豆もやしには、葉酸ビオチンαーリノレン酸レシチンと、システインイソフラボングルコン酸サポニン大豆たんぱくフラボノイドにらには、カロテン、ビタミンE、葉酸と、アリシンが多く含まれているため、相乗効果が期待できます。
  また、大豆もやしには、ビタミンB1、食物繊維ケンフェロールにらには、ビタミンB2・B6・、パントテン酸、カリウム、マンガン、食物繊維など体の働きを保持・調整に必須な栄養素もバ含まれているため、更に効果が期待できます。
  アミノ酸は高温加熱に弱いため、レンジ調理する事で、大豆もやしシスチントリプトファン、アスパラギン酸、イソロイシン、ロイシン、リジンメチオニン、フェニルアラニン、チロシン、スレオニン、バリン、ヒスチジンにらのシスチン、フェニルアラニン、チロシン、スレオニン、トリプトファンも得られるため、効果がより期待できます。

ささ身100、もやし、にら各50g摂取時日本成人女性1日の栄養素必要量満たす割合
  ●ビタミンB6=58 ●ビタミンC=12 ●葉酸=52 ●ビタミンE=21 ●カロテン(ビタミンA当量)=17 ●食物繊維=10〜13 ●ナイアシン=83 ●ビタミンB1=16 ●ビタミンB2=22 ●パントテン酸=58 ●カリウム=32 ●リン=40 ●マグシウム=14〜17 ●亜鉛=11〜12
●ビタミンB12=4 ●カルシウム=4 ●鉄=5〜6 ●銅=6〜7 ●マンガン=6〜7 ●下限カロリー(1,190)=13(順に125、18.5、10.5で154kcal) ※ささ身調理時のビタミンB1喪失を50%みました
関連記事ストレス 食事原因? 大人ニキビ対策くすみ 貧血改善 心臓病リスク低下

体重が50kgの場合、成人1日の必須アミノ酸推奨量WHO満たす割合
  ●シスチン=26 ●メチオニン=9 ●ヒスチジン=18 ●トリプトファン=28 ●イソロイシン=17 ●ロイシン=13 ●バリン=14 ●リジン=13 ●フェニルアラニン、チロシン=14 ●スレオニン=17(単位%)
※下記食品成分表には、若鶏ささ身肉のアミノ酸測定値の記述はありませんでした。
関連記事脂吸収抑え 痩身促進 さやえんどう肌老化防ぎ 潤い改善 発がん抑制

*ビタミンE:肌荒れ予防改善、認知症・動脈硬化・糖尿病白内障貧血冷え性予防
  油脂*、抹茶ピーナッツ、魚卵(さけたらにしん)、モロヘイヤ、養殖あゆ、うなぎ、赤ピーマン、のりじねんじょはまち大根かぶの葉くるみめかじきなばな、クロワッサン、油揚げにらブロッコリー大豆きな粉などに多く含まれています。
  酸敗油、鉄、紫外線などで分解、単一の摂取より食事からの方が吸収が良い性質。 抗酸化作用により、動脈壁を緩め縮めるなど重要な働きがある必須脂肪酸の過酸化、ビタミンAカロテン酸化活性酸素による赤血球の溶血、老化防止に役立つ栄養素です。
  また、体内の生体膜脂質に広く存在、リポたんぱく質によって各細胞に運搬、生体膜を健全に保ち、正常な生殖に必要です。≫ 詳しく見る
不足しやすい 】 肌が荒れやすい立ちくらみがするむくみ・冷えやすい、外食や調理済み食品を多く摂る方などです。
関連記事人参ナッツ和えかつお山掛けアサリなばな酒蒸し大根油揚げ煮

*アスパラギン酸:疲労回復、冷え性肌荒れ予防改善、心臓疾患・高血圧・肥満予防
  ゼラチンしらすまぐろかつお、鶏むねももひらめかれいぶりはまちさけかじきとり貝サーロイン豚ロースチーズあじえび青身魚うなぎ枝豆いか、卵、いちごずわいがに、うに、もやし、(大豆製品種実・魚・肉)などに多く含まれています。 ※( )内食材名は一部除く
  体液バランスを整え、カリウムマグネシウムと結び付き細胞内に取込み、筋肉疲労、関節痛・肩こりを緩和、乳酸(疲労物質分解新陳代謝、細胞の合成を促進するたんぱく質の素になるアミノ酸です。≫ 詳しく見る
  また、糖質たんぱく質脂肪代謝させる過程で、エネルギーを作り出すTCA回路効率良く動かすため、エネルギー代謝を促進する作用も期待できます。
不足しやすい 】 チーズ・魚介類が嫌い、豆・種実類、卵をあまり摂らない、肌が荒れやすいむくみ・冷えやすい減量・ダイエットをしている方などです。
関連記事肌バリア強化 潤い保ち 紫外線対策太もも痩せ! 太る 寝ても怠い改善

  コレステロールの上昇を抑える食物繊維基礎代謝を上げるナイアシン大豆たんぱく脂肪エネルギーに変えるカルニチン、脂肪の分解を促すレシチンサポニン、エネルギーを作る際に必要な糖質はビタミンB1、脂肪はビタミンB2パントテン酸、エネルギーを作る働きを助ける糖質はイソロイシン、ロイシン、バリン、リジン、脂肪はフェニルアラニン、チロシンも摂れるため、脂肪の消費を上げ、太りやすい体質の改善に繋がります

  これらを継続して摂るで、疲労回復、若返り、整腸抗酸化作用、認知症・高血圧・動脈硬化・肥満・糖尿病ペラグラ神経症状・皮膚炎・口舌炎・胃腸病・貧血肌荒れむくみ冷え性改善、脳梗塞・がん、骨粗鬆症・便秘抑制、心筋梗塞・高脂血症、うつ病・胎児の神経管発育不全・更年期障害・白内障・骨折・先端疼痛症・下痢・風邪・生理不順予防効果があると考えます。
※成分と含有量を数値化、100以上で改善、60以上で抑制、30以上で予防とみています。
関連記事しわ たるみ くすみ 貧血改善 そら豆シミ そばかす抑制 ナスじんだ和え

健康に二重丸の評価 緑黄色野菜

  平山雄・予防がん老化研究所長(元・国立がんセンター疫学部長)は27万人を17年間追跡した調査で、緑黄色野菜を毎日食べる人の死亡率は低く、病気にもかかりにくいことを発見した。 統計上は 「老化が10年遅れる}。

  活性酸素は体の仕組みを狂わせ、がんや老化の原因になる。 体の中の脂肪を過酸化脂質にして、動脈硬化を作るとされる。 活性酸素の主発生源は、たばこと酒。 脂肪などの食品、排気ガスやアスベストなど環境汚染物質、オゾンや紫外線なども加わる。

  この活性酸素を、カロチンがなだめ、除去するという研究が、最近次々に出始めた。 例えば、「がん患者は、カロチン摂取が少なく、血液にもカロチンが少ない」 という。

「朝日新聞1991年5月28日掲載記事より一部抜粋

【 参考資料 】
「七訂食品成分表 2017」女子栄養大学出版部2017年2月9日発行
「食品成分表改定最新版」女子栄養大学出版部2011年2月25日発行
「五訂食品成分表2001」女子栄養大学出版部2000年11月発行
若鶏ささ身ニラビタミンEアスパラギン酸栄養成分効果辞典2011年10月
 20日開設

Related posts(外部サイト)


  このサイトから 「 お探しの項目 」 をもっとお知りになりたい方は、Googleから関連サイト内の検索ができるようにボックスを設置しております。お役に立てば幸いです。

posted by 水夢 at 17:33 | Comment(0) | くすみ 貧血 予防 / 食べ合わせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月23日

くすみ 貧血改善 心臓病リスク低下

  日差しが強く、日中と明け方の気温差が大きい晩春。“くすみ”、“潤いがない”、“爪が白っぽい”、“太りやすいなど身体からのサインみられませんか?

  これらのサインと、しっかり寝てても疲れが取れない場合、血や肉となるたんぱく質の素となるアミノ酸を合成するビタミンB6が不足している可能性が高くなります。 また、コラーゲンは体内で作られるアミノ酸のアルギニングリシンプロリンを素に、このB6が合成しています。

  妊娠や閉経を迎えない限り、月経に伴う出血の際に、血液の主成分である酸素を全身に運ぶ赤血球も失ってしまうため、肌がくすみ、手足が冷たくなる貧血症状を伴い、肌が荒れ太りやすくもなってしまいます

ビタミンB6の性質と生理作用

  光、特に紫外線により分解される性質。 アミノ酸代謝に関わる多くの酵素補酵素として働き、呼吸・循環、消化器の調子を保ち、必須アミノ酸を除くたんぱく質の素になるアミノ酸を合成赤血球生成を促進、肌・粘膜の健康を栄養素です。≫ 詳しく見る

多く含む食材

  まぐろ抹茶 レバーかつお春63・秋 ●黒糖 ●いりごま さけますきな粉 青身魚 くるみピーナッツ ひらめ(●天然養殖ぶりそら豆あずきあじさわら 和牛バナナ ●赤ピーマン ●いんげん豆めかじきにんにくの茎

まぐろ[赤身(●南 ●) とろ(●南 ●) ●きはだびんながめばち
  ※まぐろ赤身南=南まぐろ赤身
レバー(●あんこう) さけ(●)、ます
[(●挽き肉 ささ身(●) むね{(皮なし●成 ●、皮付 ◆成 ●若)}
  手羽(◆) もも{皮なし(◆成 ◆) 皮付(◆成 ◆若)}]
※鶏むね皮なし成=成鶏むね皮なし
青身魚[いわし(●かたくちうるめ) ●真さばさんまにしん
  ※いわしかたくち=かたくちいわし
(●大豆そら豆あずきいんげん豆えんどう
(●ヒレ挽き肉かたロースももももそとももかたロース
和牛[(●そとももヒレももかたランプサーロイン ロース(◆リブ
 ◆かた)]

日本成人1日の必要 男性1.6、女性1.2mg
  上記の食材を100g摂る事で、、男性が23%、女性が30%以上満たします
※◆は含む(10〜29%)、■少量(4〜9%)
AFPBB News ナッツ類の摂取、心臓病リスク低下に関連 米研究 2017.11.15】

ビタミンB6を摂る事で、コラーゲンの素になるアミノ酸もゲット

  まぐろ レバーかつお 若鶏皮なし(●むねもも) ●さけ 大豆製品 青身魚 さわらひらめ 種実類ぶりはまちあじかじき豚ロース いかサーロインかれい かに(◆ずわい) ■うなぎ車えびほたて貝ナチュラルチェダーチーズさざえ

まぐろ[赤身(●南 ●) とろ(●南 ●) ●きはだびんながめばち
レバー(●
大豆製品(●きな粉納豆 ◆豆味噌 ■油揚げおから木綿豆腐
青身魚[いわし(●かたくちうるめ) ●真さばさんまにしん
(●大豆そら豆あずきいんげん豆えんどう
種実類(●ピーナッツごまくるみ
(◆たらうずらさけ

  ただ、アミノ酸は高温加熱でほとんど残らないため、効力を最大限に活かすには、魚介類に多く含まれていますので、そのままか、刺身、寿司、レアで摂るのがベストです。
食べ合わせかつお山掛けきな粉バナナ卵納豆ワカメいかキムチ和え

  上記の食材を参考にして頂き、「緑赤黄を1:1:1」 のバランスの取れた食事を心掛ける事で、潤いがない、太りやすいを防ぎ、くすみ、貧血を改善します
※緑は野菜などビタミンミネラル、赤は肉・魚などたんぱく質、黄はご飯、パンなど糖質

【 参考書籍・資料 】
「七訂食品成分表 2017」女子栄養大学出版部2017年2月9日発行
「食品成分表改定最新版」女子栄養大学出版部2011年2月25日発行
「五訂食品成分表2001」女子栄養大学出版部2000年11月発行
ビタミンB6栄養成分効果辞典2011年10月20日開設

Related posts(外部サイト)


posted by 水夢 at 08:39 | Comment(0) | くすみ 貧血 予防 / 食べ合わせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月24日

肌潤い 貧血改善 菜花レバー生姜炒

 「都心、積雪20cm超」 寒さひとしお。 ”くすみ肌・立ちくらみ”、“爪が白い・貧血”、“シミ・たるみ”、“冷え・太りやすい”、“ガスたまる・便秘”など、身体からのサインがみられませんか?

  赤血球を生成をする、これの吸収を助けるビタミンC、古くなった赤血球を再生する葉酸、赤血球を守るビタミンE、抗貧血作用があるビタミンB12と、コラーゲンの素となるアミノ酸を合成するビタミンB6、コラーゲンやセラミドの再合成を促すビオチン、肌の新陳代謝を活性化するコリンと、ドライアイを改善し肌の潤いを保つビタミンAを始め、ビタミンC・E、イソチオシアネートなど肌老化の原因物質を除去する抗酸化成分も得られるため、くすみ貧血を改善し、美肌効果が更に上がります

 「症状がある」、「目の疲れ、肌老化を改善し、太りやすいを防ぎたい」 方が効果的に摂取できる食べ合わせが、『 ナバナと鶏レバーの生姜炒め 』 です。
青色文字をクリックして頂きますと、説明文または関連記事、改善策、サイトが表示されます。

  アブラナ科野菜なばなには、ビタミンC、葉酸が豊富、ビタミンEと、イソチオシアネート、ビタミンUが多く、カロテン、ビタミンB1・B2・B6、ナイアシン、パントテン酸、カリウムカルシウムマグネシウムリン、鉄、マンガン食物繊維など身体の働きを保持・調整に必須な栄養素も含まれているため、単体で摂っても効果が期待できます。
  鶏レバーには、ビタミンAB2B12パントテン酸傷ついた遺伝子を修復、赤血球再生、アミノ酸やDNA基本構造の生成に必要で貧血予防作用がある葉酸が豊富、ビタミンB1B6ナイアシンニコチン酸ビオチン、リン、鉄、亜鉛レシチンコリンと、αーリポ酸コエンザイムQ10が多く、ビタミンC、カリウム、マンガンも含まれているため、相乗効果が期待できます。
  また、鶏レバーには、必須アミノ酸シスチン、フェニルアラニン、チロシントリプトファンヒスチジンが豊富、イソロイシン、ロイシン、リジンメチオニン、バリン、アミノ酸アルギニンアラニンアスパラギン酸グリシンプロリングルタミンが多く含まれています。
  レバーしょうがで炒め、臭みを取り、これに多く含まれる脂肪代謝する細胞に働きかけ、血流を促進し、代謝を向上させる肥満・冷え性予防効果があるショウガオールジンゲロールも得られ、電子レンジで調理したなばなを加える事で、加熱に弱い栄養素・成分を酸化させずに摂取できるため、更に効果が期待できます。

※身体に良いレバーでも1日30gを目安に、摂り過ぎには気を付けましょう!

なばな100、鶏レバー30、油10gを摂ったカロリーは、順に33、33.3、92.1で約158kcalで、日本成人女性1日のカロリー必要下限量の約7です。 ※100g約1/2束、30g串焼き1本
関連記事冷えやすい=太りやすい 改善シミ たるみ改善 ほうれん草卵グラタン

これらを摂った場合、日本成人女性1日の栄養素必要量を満たす割合(%)
  ●鉄=47〜56 ●ビタミンC=136 ●銅=12〜13 ●葉酸=365 ●ビタミンE=40 ●ビタミンB12=555 ●ビタミンB6=76 ●ビタミンA=254 ●食物繊維=17〜21 ●ナイアシン=20 ●ビタミンB1=34 ●ビタミンB2=44 ●パントテ=76 ●カリウム=25 ●カルシウム=27 ●マグネシウム=12〜14 ●リン=29 ●亜鉛=17〜19 ●マンガン=12〜14
※調理によるビタミンB1損失を50%みます。
関連記事目と肌守り シミ しわ たるみ改善くすみ 貧血 肌老化改善 サニーレタス

*イソチオシアネート:食欲増進、殺菌・抗酸化作用肌荒れ予防改善、がん予防
  からし、からし菜、わさび、大根、キャベツカリフラワーブロッコリーかぶケール小松菜なばな白菜水菜などのアブラナ科野菜に多く含まれています。
  強い殺菌と抗酸化力を持ち、発がん物質の活性化を防ぐ辛味成分で、活性酸素で傷付いた細胞ががん化するのを抑制する作用が期待できます。
  また、からし、わさび、大根に含まれるアリルイソチオシアネートは、肌の老化、皮膚がんの発生や増殖・転移を防ぎ、死にいたる場合がある白血病細胞を自滅させる作用が期待できます。
  調理する際に煮る事で、食材の細胞が壊れ、吸収しやすくなります。≫ 詳しく見る
  ただ、単一のイソチオシアネート、またはこれを含む成分を大量に摂取した場合、一過性の不快症状を招く事があります。
関連記事ガスたまる 下腹ぽっこり防ぐ 4習慣シミ たるみ改善 脂肪吸収も抑制

*鉄(Fe):赤血球生成貧血予防改善
  ひじき抹茶、干しえび、ピュアココアレバー*(あんこう)、のりごま切干し大根きな粉しじみはつ赤貝ほっき貝よもぎ油揚げあげまきあさりがんもどき、ライ麦、い貝、コンビーフ缶詰、納豆みる貝などに多く含まれています。
  成人体内に約3g含まれ、赤血球のヘモグロビン、筋肉のミオグロビンや肝臓のフェリチン、一部は全身の細胞に広く分布。 主にヘモグロビンの鉄は身体の隅々まで酸素を運び、ミオグロビンの鉄は酸素を細胞内にとり入れ、各細胞の鉄は酵素の活性化に関わり、栄養素の燃焼に役立っている栄養素です。
  赤血球は絶えず骨髄などで造られ、古くなったものは分解されるため、鉄が不足しますと、赤血球の生成が妨げられ、貧血となります。≫ 詳しく見る
不足しやすい 】 立ちくらみがする閉経前の女性妊や胎児、レバー・貝類が嫌い、豆・海藻類をあまり摂らない方などです。 ※食材名*は一部除く
関連記事生姜ココア南瓜ライ麦パンサンドあさりナバナ酒蒸がんも大根煮

  コレステロールの上昇を抑える食物繊維基礎代謝を上げるナイアシン脂肪分解を促すレシチンエネルギーを作る際に必要な糖質はビタミンB1、脂肪はビタミンB2パントテン酸も摂れるため、就寝3時間前のご飯で摂る事で、脂肪の消費を上げ、痩せ体質に繋がります
※高温加熱に弱いビタミンUアミノ酸αーリポ酸コエンザイムQ10の効力は、望めません。
関連記事ジム通いなしで 太もも痩せ隠れ肥満防ぎ ダイエット効果up たらこ

  これらを継続して摂るで、抗酸化作用、認知症・脳梗塞・高血圧・動脈硬化・肥満・糖尿病、胎児の神経管発育不全・壊血病白内障夜盲症・皮膚炎・風邪・ドライアイ貧血肌荒れむくみ冷え性改善高脂血症・がん、先端疼痛症抑制、うつ病・骨折・口角炎・角膜炎予防効果があると考えます。
※成分と含有量を数値化、100以上改善、60以上抑制、30以上予防とみています。

重大な病気が隠れていることも

  貧血の中で圧倒的に多いのは、ヘモグロビンの材料である鉄が不足するためにおきる 「鉄欠乏性貧血」。 バランスのとれた食事には1日平均20ミリグラムの鉄が含まれている。 1割が体内で吸収されているので鉄が不足することはない。

  しかし、偏食をしたり、ダイエットで極端に食事制限をしたりすると、鉄が不足する。 「自覚症状がない人が多いのは、徐々に進行するので体が慣れてしまうからです」 と慶応義塾大学の池田康夫教授(血液内科)は言う。

  自覚症状がなくても、疲れやすく集中できなくなっていることが多いという。 「体内で慢性的な出血が起きている可能性があります。 たとえば、胃がんや大腸がん、子宮がんなどです。 精密検査をすぐに受けてください」 と池田さん。

「朝日新聞 2008年10月20日(体とこころの通信簿)より一部抜粋」

【 参考資料 】
なばな鶏レバーイソチオシアネート栄養成分効果辞典2011年10月20日開設

Related posts(外部サイト)


posted by 水夢 at 08:34 | Comment(0) | くすみ 貧血 予防 / 食べ合わせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月29日

貧血改善 焼豚肉ブロッコリー炒

  気温が変わりやすい晩秋。 ”くすみ肌・立ちくらみ”、“爪が白い・貧血”、“シミ・たるみ”、“冷え・太りやすい”、“ガスたまる・便秘”など、身体からのサインがみられませんか?

  赤血球を生成をする、これの吸収を助けるビタミンC、古くなった赤血球を再生する葉酸、赤血球を守るビタミンEと、基礎代謝を上げるナイアシン脂肪分解を促しエネルギーの産出を活性するカルニチン、エネルギーを作る際に必要な糖質はビタミンB1、これを促すイソロイシン、ロイシン、バリン、リジン、脂肪はビタミンB2パントテン酸、これを促すフェニルアラニン、チロシンも摂れるため、くすみ貧血を改善し、脂肪の消費を上げ、痩せ体質に繋がります

 「症状がある」、「太りやすいを改善し、肌老化を防ぎたい」 方が効果的に摂取できる食べ合わせが、『 焼豚ヒレ肉とブロッコリーのサッと炒め 』 です。
青色文字をクリックして頂きますと、説明文または関連記事、改善策、サイトが表示されます。

  豚肉の中でも脂肪が少ないヒレにはビタミンB1が豊富、ナイアシン、リンと、アルブミンカルニチングルタチオン、αーリポ酸、コエンザイムQ10アミノ酸の合成と代謝赤血球生成を促進、肌を保つむくみ肌荒れ貧血予防作用があるビタミンB6が多く、ビタミンB2・B12、パントテン酸、カリウム、マグネシウム、亜鉛なども含まれています。
  アブラナ科野菜ブロッコリーには、ビタミンC、葉酸が豊富、ビタミンEと、イソチオシアネートケルセチンケンフェロールビタミンUルティンが多く、ビタミンB1・B2・B6、パントテン酸カリウムマグネシウムリン食物繊維など身体の働きを保持・調整に必須な栄養素も含まれているため、相乗効果が期待できます
  また、シスチントリプトファンが多く、イソロイシン、ロイシン、リジンメチオニン、フェニルアラニン、チロシン、スレオニン、バリン、ヒスチジンアラニンアスパラギン酸も含まれ、電子レンジを使い調理しておき、肉を焼いた後に手早く炒める事で、高温加熱に弱い栄養素・成分アミノ酸を最大限に活かせるため、更に効果が期待できます

豚ヒレ肉、ブロッコリー各100g摂った場合、日本成人女性1日の栄養素必要量を満たす割合
  ●鉄=17〜21 ●ビタミンC=120 ●葉酸=105 ●ビタミンE=31 ●ナイアシン=47 ●ビタミンB1=71 ●ビタミンB2=47 ●パントテン酸=43 ●ビタミンB6=58 ●リン=48 ●ビタミンB12=17 ●カリウム・・・18 ●マグネシウム=19〜24 ●食物繊維=18〜21 ●カロテン(ビタミンA当量)=7 ●カルシウム=27 ●亜鉛=28〜31 ●銅=11〜12 ●マンガン=6〜7(単位%) ※ブロッコリー1/3株約100g
関連記事太る くすみ 貧血改善 疲労も回復肌老化抑え 美肌力up 鴨南蛮うどん

体重が50kgの場合、成人1日の必須アミノ酸推奨量WHO満たす割合
  ●シスチン=40 ●トリプトファン=34 ●イソロイシン=20 ●ロイシン=17 ●リジン=22 ●メチオニン=18 ●フェニルアラニン、チロシン=28 ●スレオニン=27 ●バリン=25 ●ヒスチジン=26
※カロリーは順に115と33、油10g92.1で約240kcal。 調理によるビタミンB1の損失を50%とみました。
関連記事ガスたまる 肌荒れ 太り体質 改善4選太もも痩せ ジム通いしなくとも 可能?!

*αーリポ酸:疲労回復、抗酸化作用肌荒れ冷え性予防改善、脳・心筋梗塞、高血圧・動脈硬化・肥満・糖尿病予防
  レバー(あんこう)、豚肉かたかたロースロース、ばら、ももそとももヒレ)に多く含まれ、体内で合成されますが、加齢とともに減少。 健康を維持、糖質たんぱく質脂肪エネルギーに変えるTCA回路を動かし、エネルギー代謝を促進、人が生きていく上で最も必要な補酵素です。
  また、強い抗酸化力を持ち、カロテンビタミンCグルタチオンコエンザイムQ10などの抗酸化成分を活性化させ、ビタミンEを再生、その抗酸化力は、ビタミンCの約400倍あり、肌の血流を促進、シミやしわを薄くし、キメ細やかな肌にする作用が期待できます。
  ただ、単一のαーリポ酸、またはこれを含む成分を大量に摂取した場合、一過性の不快症状を招く事があります。
関連記事潤わせ 肌老化改善 ブロッコリー痩身力up ガスたまる改善 黄粉バナナ

*葉酸(ビタミンB9):胎児の神経管発育不全・貧血改善、認知症・脳梗塞・動脈硬化・肺がん、肌荒れ予防
  レバー抹茶、うに、なばな枝豆からし菜きな粉モロヘイヤブロッコリーほうれん草アスパラガス春菊よもぎ*、そら豆サニーレタス小松菜にらいちごほたて、大豆もやし、ひじきかぼちゃえのき茸ゴーヤごぼう白菜種実類*などに多く含まれています。
  アミノ酸・たんぱく質代謝においてビタミンB12と共に必須アミノ酸メチオニン生成に関わり、傷ついた遺伝子を修復、赤血球再生、アミノ酸や遺伝子本体であるDNAの合成に必要な栄養素で、重篤な欠乏症には巨赤芽球性貧血が挙げられます。≫ 詳しく見る
  がんは発がん遺伝子の障害によって起こるとされ、遺伝子が修復されれば、がんは抑えられることになる。 ビタミンB12には遺伝子が傷つくと、それを修復する働きがある。 葉酸も同様。「讀賣新聞1994年4月3日掲載記事(肺がんの前がん治療 緑野采の葉酸が効果)より一部抜粋」
不足しやすい 】 妊娠の可能な女性肌が荒れやすい立ちくらみがする、レバーが嫌い、緑黄色野菜、豆・種実類をあまり摂らない方などです。
関連記事鶏レバー串焼ききな粉ココアハムにら玉かぼちゃライ麦パンサンド

  コラーゲンの素となるアミノ酸を合成するビタミンB6と、紫外線から目と肌を守るルティンを始め、ビタミンCイソチオシアネートケルセチンケンフェロールビタミンUシスチンメチオニンヒスチジングルタチオン、αーリポ酸、コエンザイムQ10など肌老化の原因物質を除去する抗酸化成分も得られるため、就寝3時間前のご飯で摂る事で、美肌効果が更に上がります

  これらを継続して摂るで、疲労回復、免疫力向上、抗酸化作用、脳梗塞・認知症・高血圧・動脈硬化・肥満・糖尿病、胎児の神経管発育不全・壊血病・皮膚炎・風邪・貧血肌荒れむくみ冷え性改善、心筋梗塞・高脂血症・がん、うつ病・白内障ペラグラ神経症状脚気多発性神経炎・心臓肥大・骨折・口舌炎・胃腸病抑制肝硬変、十二指腸・胃潰瘍、ネフローゼ症候群黄班変性症味覚障害先端疼痛症・食中毒・栄養失調・角膜炎・胃腸病・口角炎予防効果があると考えます。
※成分と含有量を数値化、100以上改善、60以上抑制、30以上予防とみています。
関連記事太り体質 肌老化改善 がんも抑制冷えやすい=太りやすい 改善策

【 参考書籍・資料 】
「七訂食品成分表 2017」女子栄養大学出版部2017年2月9日発行
「食品成分表改定最新版」 女子栄養大学出版部2011年2月25日発行
「五訂食品成分表2001」 女子栄養大学出版部2000年11月発行
ブロッコリー豚ヒレ肉αーリポ酸葉酸栄養成分効果辞典2011年10月20日
 開設

Related posts(外部サイト)


  このサイトから 「 お探しの項目 」 をもっとお知りになりたい方は、Googleから関連サイト内の検索ができるようにボックスを設置しております。 お役に立てば幸いです。

posted by 水夢 at 08:30 | Comment(0) | くすみ 貧血 予防 / 食べ合わせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月05日

太る 貧血改善 さつま芋かぼす含煮

  つかぬまの梅雨の晴れ間。 ”くすみ肌・立ちくらみ”、“爪が白い・貧血”、“しわ・たるみ”、“むくみ・太りやすい”、“ガスたまる・便秘”など、身体からのサインがみられませんか?

  赤血球の生成をする吸収を助けるビタミンC、古くなった赤血球を再生する葉酸、赤血球を守るビタミンEと、脂肪分解するリモネン、余分な脂肪をエネルギーに変えるクエン酸、食後の急激な血糖値の上昇を抑えるペクチンも摂れるため、くすみ貧血を改善し、脂肪の消費を上げ、痩せ体質に繋がります

 「症状がある」、「太りやすいを改善し、肌老化を防ぎたい」 方が効果的に摂取できる食べ合わせが、『 さつま芋かぼす含煮 』 です。
青色文字をクリックして頂きますと、説明文または関連記事、改善策、サイトが表示されます。

  ヒルガオ科さつま芋には、クロロゲン酸、ヤラピンが多く、ビタミンB1B6・C・パントテン酸葉酸カリウムマグネシウムマンガン食物繊維など身体の働きを保持・調整に必須な栄養素がバランス良く、必須アミノ酸シスチンも含まれています。
  また、加熱されるとのり状になるでんぷんのおかげで、加熱・水に溶け出す性質のビタミンCが比較的減りにくく、パントテン酸、食物繊維が生より30〜50%増えます
  調理の際に、柑橘類かぼす果汁と刻んだ果皮を加え煮る事で、これに多く含まれるペクチン活性酸素の除去力が強くビタミンC吸収を促進し成分を保持する肌荒れ予防効果があるビタミンCと、クエン酸テルペンフラボノイド、ヘスペリジン、リモネンβークリプトキサンチン栄養成分も摂取できます。

*身体に良い食材でも、摂り過ぎには気を付けましょう!

さつま芋150、かぼす果汁100gを摂ったカロリーは、198、25で223kcalになります。 ※下記成分表に煮た数値がなかったため生の値、さつま芋Lサイズ1/2、かぼす100gは3〜4個
関連記事肌老化防ぎ くすみ 貧血改善 鶏卵太り体質 お腹張り改善 マーボ豆腐

これらを摂った場合、日本成人女性1日の栄養素必要量を満たす割合
  ●鉄=10 ●ビタミンB6=35 ●ビタミンC=51 ●銅=18 ●葉酸=55 ●ビタミンE=30 ●パントテン酸=32 ●カリウム=43 ●食物繊維=16 ●ビタミンB1=11 ●ナイアシン=11 ●カルシウム=11 ●マグネシウム=15 ●リン=12 ●マンガン=21 ●ビタミンB2=5
※下記成分表には煮る値がなかったため、調理で失うB1は50、Cは40%としました。
関連記事たるみ防ぐ 椎茸挽肉玉葱鋏焼潤いない 太り体質 くすみ 貧血改善

*クロロゲン酸:疲労回復、抗酸化作用肌荒れ予防改善、肥満・糖尿病・がん、風邪予防
  さつま芋じゃが芋、うど、ごぼう、コーヒー豆など双子葉植物の種子や葉に多く含まれ、渋味があり、水に溶けやすく、熱に不安定な性質で、コーヒー豆の場合、焙煎により分解されますので、深煎りほど減少します。
  肝臓で食物から摂取した糖分から生成、糖質の吸収を遅らせ、血糖値の上昇を抑制、活性酸素を除去する抗酸化力が強いポリフェノールの一種で、疲労の原因となる老廃物や有害物質を処理する作用が期待できます。≫ 詳しく見る
  ただ、単一のクロロゲン酸、これを含む成分を大量に摂取した場合、便秘になるなど一過性の不快症状を招く事があります。
関連記事シミ たるみ防ぎ 美肌up ささ身真夏になる前に 痩身力活性 美肌GET

*ビタミンP:抗酸化作用肌荒れ予防改善、脳・心筋梗塞、高血圧・動脈硬化・がん、風邪予防
  柑橘類のヘスペリジン、うど、玉ねぎブロッコリーモロヘイヤ、ベリークラン・ラズ、ぶどうりんご*のケルセチン、そば、里芋山芋オクラピーマンれんこんなめこのムチンに多く含まれるフラボノイドの一種です。
  血管壁や毛細血管を強化、毛細血管の浸透性を保持し、抹消組織との水分や栄養素の運搬を一定に調整、活性酸素の除去力が強くビタミンC吸収を促進し成分を保持する働きがあるので、悪玉コレステロール(L.D.L)を抑制する作用が期待できます。≫ 詳しく見る
  また、ムチンは、粘性成分で、大豆たんぱくの吸収や体内でクロロゲン酸の合成を促進、胃腸壁・角膜の保湿を保護する作用が期待できます。 ※食材名*は含む
関連記事手羽ジャガブロッコリーナッツ炒里芋いか煮蓮根人参豚肉団子煮

  コラーゲンの素となるアミノ酸を合成するビタミンB6新陳代謝を活性化するテルペンと、肌老化の原因物質を除去するリモネンを始め、ビタミンC、クロロゲン酸、フラボノイド、ヘスペリジン、βークリプトキサンチンも得られるため、就寝3時間前のご飯で摂る事で、美肌効果が更に上がります

  これらを食べ合わせ継続して摂るで、疲労回復、鎮静・安眠、整腸抗酸化作用、心筋梗塞、胎児の神経管発育不全・壊血病・骨折・先端疼痛症・皮膚炎予防、脳梗塞・認知症・がん、白内障抑制、高血圧・動脈硬化・肥満・糖尿病、風邪・貧血肌荒れ便秘むくみ冷え性改善効果があると考えます。
※成分と含有量を数値化し、100以上で改善、60以上で抑制、30以上で予防とみています。
関連記事肌老化 原因物質 除去力up術太る改善 いちじく林檎ヨーグルトサラダ

【 参考書籍・資料 】
「七訂食品成分表 2017」女子栄養大学出版部2017年2月9日発行
「食品成分表改定最新版」女子栄養大学出版部2011年2月25日発行
「五訂食品成分表2001」女子栄養大学出版部2000年11月発行

さつま芋かぼすクロロゲン酸ヘスペリジン栄養成分効果辞典2011年10月20日
 開設

Related posts(外部サイト)


2017年04月12日

肌老化防ぎ くすみ 貧血改善 鶏卵

  天候や気温が変わりやすい仲春。”くすみ肌・立ちくらみ”、“爪が白い・貧血”、“シミ・そばかす”、“しわ・たるみ”、“冷え・太りやすい”など、身体からのサインがみられませんか?

  赤血球を生成する、赤血球を再生する葉酸、これを守るビタミンE、抗貧血作用があるビタミンB12、不足すると貧血になるリジンと、スマホ凝視で減るルティン始め、シスチンメチオニンヒスチジンなど肌老化を防ぐ抗酸化成分コラーゲンの素になるアルギニングリシンプロリンも摂れるため、くすみ、貧血、肌老化の改善効果が上がります
アミノ酸の効力を最大限に活かすには、高温加熱に弱いため、そのままの生食がオススメです。

 「症状がある」、「美肌と痩身効果を上げたい」 方にオススメで 【 一石三鳥 】 以上の効果的な食材、『 鶏卵 』 です。
青色文字をクリックして頂きますと、説明文または関連記事、対処法、サイトが表示されます。

  鶏卵には、必須栄養素ビタミンB2・B12、ビオチンリン、レシチン、コリン、食事から補充する必要がある成分ルティンと、アルブミンも多く、ビタミンE葉酸パントテン酸亜鉛など身体の働きを保持・調整に必須な栄養素も含まれています。
  また、必須アミノ酸シスチンが豊富、イソロイシン、ロイシン、リジンメチオニン、フェニルアラニン、チロシン、スレオニン、トリプトファン、バリン、ヒスチジンアミノ酸アラニンアスパラギン酸グルタミンも多く、アルギニングリシンプロリンも含まれています。

鶏卵50gを摂った場合、日本成人女性1日の栄養素必要量を満たす割合(%)
  ●鉄=8〜9 ●葉酸=11 ●ビタミンE=7 ●ビタミンB12=19 ●ビタミンB2=2 ●パントテン酸=15 ●リン=15 ●亜鉛=7 ●ビタミンA=4 ●ビタミンB1=4 ●ビタミンB6=3 ●カリウム=3 ●カルシウム=4 ●マグネシウム=2
関連記事美肌力上げ ガスたまる防ぐ よもぎ肌老化改善 痩身力上げる ココア

体重が50kgの場合、成人1日の必須アミノ酸推奨量WHO満たす割合
  ●リジン=30 ●シスチン=88 ●メチオニン=39 ●ヒスチジン=31 ●イソロイシン=34 ●ロイシン=28 ●バリン=32 ●フェニルアラニン、チロシン=44 ●スレオニン=38 ●トリプトファン=48
カロリーは76kcal ゆで77となります。 ※Mサイズ1個約50g
関連記事⇒くすみ 潤い お腹張り 太る改善体内浄化 潤い改善 レーズン牛乳寒天

*レシチン:若返り作用、肌荒れ予防改善、高血圧・動脈硬化・肥満・糖尿病予防
  卵黄大豆、レバー(あんこう)、うなぎなどに多く含まれ、動植物において全ての細胞内に存在、体内のいたるところにあり、細胞膜の素になる成分で、細胞の合成、これに必要な栄養素酵素を吸収、老廃物を排泄するリン脂質です。
  また、血中コレステロール、特に悪玉コレステロール(L.D.L)の合成を抑制するので、善玉(H.D.L)が増やし、中性脂肪脂肪酸分解を促進する作用が期待できます。≫ 詳しく見る
  ただ、単一のレシチン、またはこれを含む成分を大量に摂取した場合、一過性の不快症状を招く事があります。
関連記事美肌力up りんご黒糖シナモン煮太り体質 くすみ 貧血改善up がつお

*ビタミンB12:貧血予防改善、肺がん、胎児の神経管発育不全予防
  のり*、レバー*(たらにしんうずら)、青身魚あじ、あゆ、いかさけ・ます、さわらぶりかれいたこえびかに*、はつひらめチーズ*、和牛ベーコン、成鶏手羽・皮なしもも、ハム・ソーセージ*、魚介などに多く含まれています。
  光によって分解される性質。 アミノ酸、たんぱく質の代謝において葉酸とともに必須アミノ酸メチオニン生成に関わり、脳の血流を促進、遺伝子が傷つくと、それを修復、遺伝子本体を合成、アミノ酸代謝たんぱく質核酸の生合成に必要な栄養素です。
  不足しますと疲労、物忘れ、悪性貧血、うつ病、神経疾患、核酸合成異常など脳や神経に障害をもたらす欠乏症状がみられる場合があります。≫ 詳しく見る
不足しやすい 】 立ちくらみがする減量・ダイエットをしている、レバー・魚介類が嫌い、卵や乳製品をあまり摂らない、野菜中心に摂る方などです。 ※食材名*は一部除く
関連記事いか茸カレースープ牛肉そら豆生姜葫炒かぼちゃハムグラタン

  中性脂肪を抑えるメチオニン、脂肪の分解を促すヒスチジン成長ホルモンの分泌を促すアルギニンエネルギーを作り出す働きを上げるアスパラギン酸脂肪はイソロイシン、ロイシン、バリン、チロシン、糖質はリジンがエネルギーに変えるため、脂肪の蓄積を防ぎ、太りやすい体質を改善に導きます

  継続して1日50g摂るで、肝機能・疲労回復、若返り、解毒抗酸化作用、認知症・高血圧・動脈硬化・肥満・がん、貧血肌荒れ冷え性改善糖尿病、皮膚炎・風邪・抜け毛抑制、脳卒中・心臓疾患・高脂血症肝硬変、骨粗鬆症・ネフローゼ症候群黄班変性症白内障ペラグラ感染症・うつ病・神経症状口舌炎・胃腸病・皮膚炎・栄養失調・むくみ予防効果があると考えます。
※成分と含有量を数値化、100以上改善、60以上抑制、30以上予防とみています。
関連記事太りやすい防ぎ 美肌力上げる 豚ヒレ肉痩せ体質に導く 水分の摂り方

【 参考資料 】
鶏卵レシチンビタミンB12栄養成分効果辞典2011年10月20日開設

Related posts(外部サイト)


2017年02月22日

しわ くすみ 貧血改善 根菜サラダ

  朝晩の冷え込みが厳しい晩冬。 ”くすみ肌・立ちくらみ”、“爪が白い・貧血”、“しわ・たるみ”、“冷え・太りやすい”、“ガスたまる・便秘”など、身体からのサインがみられませんか?

  赤血球の生成をする吸収を助けるビタミンC、古くなった赤血球を再生する葉酸、赤血球を守るビタミンEと、脂肪分解するレシチン、余分な脂肪をエネルギーに変えるクエン酸も摂れるため、くすみ貧血を改善し、脂肪の消費を上げ、痩せ体質に繋がります

 「症状がある」、「肌老化を防ぎ、痩せ体質にしたい」 方が効果的に摂取できる食べ合わせが、『 根菜マヨサラダ 』 です。
青色文字をクリックして頂きますと、説明文または関連記事、改善策、サイトが表示されます。

  ごぼうには、葉酸と、イヌリンタンニン、フェノールが多く、カリウムマグネシウムリン食物繊維必須アミノ酸シスチントリプトファンアミノ酸アルギニンも含まれ、発汗・利尿作用があります。
  れんこんには、ビタミンCと、タンニン、ポリフェノールムチン人参には、フラボノイド活性酸素の除去力が強く、肌と粘膜の健康を保持ドライアイ肌荒れ予防改善作用があるカロテンが多く含まれています。
  また、れんこんには、ビタミンB1パントテン酸、カリウム、リンマンガン人参には、葉酸、カリウム、食物繊維など体の働きを保持・調整に必須な栄養素も含まれています。
  調理の際に、マヨネーズを加え和える事で、これに多く含まれる卵黄ビオチン、ビタミンE、レシチンヒスチジンルティンクエン酸グルコン酸悪玉菌を抑制し、腸を整える便秘予防作用がある栄養成分も摂取できます。

*カロリーが気になる方は、カロリーハーフがオススメ。 ただ、ビタミンEの値は不明です。

ごぼう、れんこん、人参各50、マヨネーズ30gを摂ったカロリーは、順に32.5 33 18.5 59,9で約144kcalです。 ※順に約半本、1/10節、1/3本、大さじ1
関連記事ガス防ぎ ニオイcut ラタトゥイユ太り体質防ぎ 美肌力上げる 豚ヒレ肉

これらを摂った場合、日本成人女性1日の栄養素必要量を満たす割合
  ●カロテン(ビタミンA当量)=42 ●葉酸=28 ●ビタミンB6=13 ●ビタミンC=28 ●ビタミンE=61 ●ビタミンB1=13 ●パントテン酸=16 ●カリウム=26 ●マグネシウム=15〜17 ●リン=11 ●銅=10〜11 ●マンガン=14〜16 ●食物繊維=25〜27 ●ビタミンB2=2 ●ナイアシン=6 ●カルシウム=8 ●鉄=5〜6 ●亜鉛=6 ※ビタミンEはマヨネーズ除くと11
関連記事くすみ改善 瘦身力up ロール白菜4週間で1.5kg減 下腹張りも解消

*フェノール:抗菌・抗酸化作用肌荒れ予防改善、胃がん予防
  蜂蜜、コーヒー、ごぼうじゃが芋などに多く含まれ、老化物質である活性酸素を除去、酸化による老化の進行をポリフェノールの一種である有機化合物で、抗菌作用があるため、胃がんの原因因子の1つであるピロリ菌を死滅化される作用が期待できます。
関連記事肌荒れ しわ たるみ抑え 美肌キープ痩身力up しわ たるみ防ぐ ゴボウ

*ビタミンE:肌荒れ予防改善、認知症・動脈硬化・糖尿病白内障貧血冷え性予防
  油脂*、抹茶マヨネーズピーナッツ、魚卵(さけたらにしん)、モロヘイヤ、養殖あゆ、うなぎ、赤ピーマン、のりじねんじょはまち大根かぶの葉くるみめかじきなばな、クロワッサン、油揚げにらブロッコリー大豆きな粉などに多く含まれています。
  酸敗油、鉄、紫外線などで分解、単一の摂取より食事からの方が吸収が良い性質。 抗酸化作用により、動脈壁を緩め縮めるなど重要な働きがある必須脂肪酸の過酸化、ビタミンAカロテン酸化活性酸素による赤血球の溶血、老化防止に役立つ栄養素です。
  また、体内の生体膜脂質に広く存在、リポたんぱく質によって各細胞に運搬、生体膜を健全に保ち、正常な生殖に必要です。≫ 詳しく見る
不足しやすい 】 肌が荒れやすい立ちくらみがするむくみ・冷えやすい、外食や調理済み食品を多く摂る方などです。
関連記事美肌力up 貧血 くすみ改善 からし菜くすみ 潤い ガスたまる 太る改善

  コラーゲンの素となるアミノ酸を合成するビタミンB6と、肌の張りを保つタンニンを始め、肌老化原因物質を除去するカロテンビタミンC・E、フェノール、フラボノイドポリフェノールムチンルティンが得られるため、就寝3時間前のご飯で摂る事で、美肌効果が更に上がります

  これらを継続して食べ合わせで、整腸抗酸化作用、風邪・貧血肌荒れ冷え性便秘改善、認知症・高血圧・動脈硬化・肥満・糖尿病高脂血症・がん、下痢・白内障抑制、脳梗塞、胃腸病・皮膚炎・夜盲症ドライアイむくみ予防効果があると考えます。
※成分と含有量を数値化、100以上改善、60以上抑制、30以上予防とみています。
関連記事痩せたい 用心 たるみ 貧血原因冷え 肌荒れ 便秘は 身体からSOS

【 参考書籍・資料 】
「食品成分表改定最新版」女子栄養大学出版部2011年2月25日発行
「五訂食品成分表2001」女子栄養大学出版部2000年11月発行
ごぼうれんこん人参フェノールビタミンE栄養成分効果辞典2011年10月

Related posts(外部サイト)


2017年01月25日

くすみ改善 瘦身効果up ロール白菜

  日を重ねるごとに朝晩の冷え込みが厳しくなる仲冬。 ”くすみ肌・立ちくらみ”、“爪が白い・貧血”、“しわ・たるみ”、“冷え・太りやすい”、“ガスたまる・便秘”など、身体からのサインがみられませんか?

  赤血球の生成をする、鉄吸収を助けるビタミンC、古くなった赤血球を再生する葉酸、抗貧血作用があるビタミンB12と、脂肪分解エネルギーに変えるカルニチン基礎代謝を上げるナイアシンも摂れるため、くすみ貧血を改善し、脂肪の消費を上げ、痩せ体質に繋がります

 「症状がある」、「肌老化を防ぎ、痩せ体質にしたい」 方が効果的に摂取できる食べ合わせが、『 ロール白菜 』 です。
青色文字をクリックして頂きますと、説明文または関連記事、改善策、サイトが表示されます。

  アブラナ科野菜白菜には、葉酸と、イソチオシアネートビタミンU胃酸に強く、生きたまま腸内に届き、善玉菌を増やし腸を整える乳酸菌ラクトバチス菌が多く、ビタミンCカリウムなども含まれています。
  鶏ももむね肉を原料とする挽き肉には、ビタミンB6ナイアシンと、カルニチンアンセリン鶏はつには、ビタミンB2が豊富、ビタミンAB12、ナイアシン、パントテン酸コリンコエンザイムQ10が多く含まれています。
 挽き肉には、 ビタミンB1・B2、パントテン酸、カリウム、マグネシウムリン、鉄、はつには、ビタミンB1・B6・、葉酸、カリウム、リン、亜鉛など体の働きを保持・調整に必須な栄養素も含まれています。
  また、挽き肉はつには、シスチントリプトファン挽き肉には、リジンヒスチジン、フェニルアラニン、チロシンが豊富、挽き肉はつには、イソロイシン、ロイシン、メチオニン、スレオニン、バリン、鶏はつには、リジン、フェニルアラニン、チロシン、ヒスチジン、挽き肉はつには、アルギニンアラニンアスパラギン酸グリシンプロリングルタミンも多く含まれています。

白菜180、鶏挽き肉50、鶏はつ30gを摂ったカロリーは、順に23.4、83、62.1で約169kcalとヘルシーです。 ※鶏挽き肉・はつの煮た数値が下記成分表になかっため、生で算出。
関連記事太り体質改善 たるみ防ぐ いちじくガス抑え 美肌力もup りんごダイエット

これらを摂った場合、日本成人女性1日の栄養素必要量を満たす割合は、鉄●23〜27、ビタミンC●20、葉酸●46、ビタミンB12●25、ナイアシン●42、ビタミンB6●39、ビタミンA●1、ビタミンB2●49、パントテン酸●40、カリウム●25、ビタミンB1●18、カルシウム●13、マグネシウム●13〜15、リン●27、亜鉛●10〜12、食物繊維●11〜13です。(単位%)
※10%未満除く、白菜3枚約180g
関連記事ガスたまる 下腹太り防ぐ 大根油揚煮脂肪cut くすみ改善 プロセスチーズ

*アンセリン:疲労解消、抗酸化作用肌荒れ冷え性予防改善、肥満・糖尿病予防
  鶏むね、いわし(うるめかたくち)、さばさんまあじかつお、さけ、まぐろ(きはだびんながめばち)などに多く含まれ、食事から摂る必要があるヒスチジンと体内で合成できるアラニンが結合したペプタイドで、抗酸化力を持つため、活性酸素を除去する作用が期待できます。
  また、脳細胞を保護、疲労物質である乳酸や炭水化物たんぱく質脂肪代謝させる過程で、エネルギーが生産されるTCA回路活性化させるため、エネルギー代謝を促進する作用も期待できます。   一方、単一のアンセリン、またはこれを含む成分を大量に摂取した場合、一過性の不快症状を招く事があります。
関連記事下腹の張り抑え 太り体質防ぐ いちご肌の乾燥トラブル防ぎ 潤いを保つ

*ビタミンB6:肌荒れ予防改善先端疼痛症・皮膚炎・浮腫(むくみ)・貧血予防
  まぐろ(南、きはだびんながめばち)、抹茶レバー*、かつお鶏挽き肉・ささ身()、白さけきな粉青身魚大豆鶏むね、さくらます、くるみピーナッツひらめぶり豚ヒレあずきにらバナナ、和牛ヒレそとももいんげん豆などに多く含まれています。
  同じ作用を持つ10種類以上の化合物の総称で、光、特に紫外線により分解される性質。 腸内細菌によって供給され、炭素を切り離す補酵素の成分として関わり、アミノ酸代謝に関わる多くの酵素補酵素として働き、必須アミノ酸を除くたんぱく質の素になるアミノ酸を合成、赤血球の生成を促進、肌・粘膜の健康をつ作用がある必須栄養素です。
  必要量は、たんぱく質の摂取量と密接に関わってます。≫ 詳しく見る
不足しやすい 】 肌が荒れやすい立ちくらみがする減量・ダイエットをしている、レバー・魚介類が嫌い、種実・豆類をあまり摂らない方などです。 ※食材名*は一部除く
関連記事ささ身ジャガ豚ヒレ八幡巻豚もも菜花炒大豆サラダあずきリンゴ煮

  成分と含有量から効力をみてみますと、これらを食べ合わせで、抗酸化作用、浮腫(むくみ)・貧血肌荒れ冷え性予防改善、高血圧・動脈硬化・肥満・糖尿病高脂血症・がん、胎児の神経管発育不全・皮膚炎・便秘予防効果があると考えます。
関連記事良質の睡眠=起床後の食事が鍵むくみ防ぎ ダイエット力up ほうれん草

  コラーゲンの素となるアミノ酸を合成するビタミンB6と、コラーゲン生成を助けるビタミンCを始め、ビタミンA、アンセリン、イソチオシアネート抗酸化成分が得られるため、就寝3時間前のご飯で摂る事で、美肌効果が更に上がります
ただ、アミノ酸は高温加熱に弱いため、効力の期待はできません。

【 参考書籍・資料 】
「食品成分表改定最新版」女子栄養大学出版部2011年2月25日発行
「五訂食品成分表2001」女子栄養大学出版部2000年11月発行
白菜鶏挽き肉鶏はつアンセリン葉酸栄養成分効果辞典2011年10月20日
 開設

Related posts(外部サイト)


  このサイトから 「 お探しの項目 」 をもっとお知りになりたい方は、Googleから関連サイト内の検索ができるようにボックスを設置しております。 お役に立てば幸いです。

2016年11月16日

しわ くすみ 貧血改善 苺ババロア

  まだ秋なのに、北風が冷たい冬モード。 ”くすみ肌・立ちくらみ”、“爪が白い・貧血”、“しわ・たるみ”、“冷え・太りやすい”、“ガスたまる・便秘”など、身体からのサインがみられませんか?

  赤血球を生成する、鉄吸収を助けるビタミンC、古くなった赤血球を再生する葉酸と、アントシアニンラクトフェリンリコペンルティンレスベラトロールメチオニンヒスチジン抗酸化成分もいっぺんに摂れるため、くすみ貧血を改善し、美肌効果の強化に繋がります

 「症状がある」、「肌老化を防ぎ、太り体質を改善したい」 方が効果的に摂取できる食べ合わせが、『 いちごババロア 』 です。
青色文字をクリックして頂きますと、説明文または関連記事、サイトが表示されます。

  バラ科果実いちごには、ビタミンC葉酸ペクチンと、アスパラギン酸アントシアニンクエン酸サリチル酸テルペンリコペン紫外線から身を守る抗酸化成分で、脂肪エネルギーする肥満・肌荒れ予防効果があるレスベラトロールが多く、ケンフェロールも含まれています。
  ゼラチンを原料とするゼリーには、イソロイシン、ロイシン、リジンメチオニン、フェニルアラニン、スレオニン、バリン、アルギニンアラニン、アスパラギン酸、グリシン、免疫力を上げ、脂肪分解を促進、ストレスを緩和、肥満・肌荒れ予防効果があるヒスチジンが豊富、プロリンコラーゲンコンドロイチン硫酸も多く含まれています。
  卵黄には、ビタミンB12が豊富、ビタミンB2、葉酸、パントテン酸ビオチンリン亜鉛コリンレシチンルティンと、ゼラチン同様に必須アミノ酸・アミノ酸低殺菌牛乳には、アルブミンラクトフェリンが多く含まれています。
  また、卵黄には、ビタミンAB1B6カルシウム牛乳には、ビタミンB2・B12、パントテン酸、リン、カルシウムなど体の働きを保持・調整に必須な栄養素も含まれています。

いちご100、卵黄25、低殺菌牛乳90、グラニュー糖20gを摂った場合のカロリーは、順に34、37.7、67、77.4で約216で、ショートケーキ1個(334kcal)の63%程度となります。
関連記事たるみ回避 ガス防ぐ 白菜鮭シチュー脂肪cut ガス お腹張り改善 キウイ

いちご100、卵黄25、牛乳90gを摂った場合、日本成人女性1日の栄養素所要量を満たす割合は、鉄●16〜18、 ビタミンC●62、葉酸●63、ビタミンB12●43、パントテン酸●39、リン●43、ビタミンB1●16、ビタミンE●16、ビタミンB2●27、カリウム●17、カルシウム●23、亜鉛●15〜16、ビタミンA●7、ビタミンB6●5、マグネシウム●9〜10です。(単位%)
※いちご約5粒、卵黄約1個、10%未満除く
関連記事くすみ 貧血改善 痩身力上げる 緑野菜たるみ修復 ダイエットup しめじ

*グリシン:肌荒れ予防改善、脳卒中・高血圧予防
  ゼラチンえびとり貝ほたて貝さざえかに、まぐろ、あわびうなぎかじき、かつお、ぶり、はまち、鶏むねもも、かれい、さけ、ひらめ豚ロースサーロイン、青身魚、あじ、いか、(大豆製品種実類・魚介・肉)などに多く含まれています。
  食事から摂取する必要がある必須栄養素セレンから体内で合成され、皮膚や筋肉など身体のいたるところに存在、血中コレステロールを低下、コラーゲンの約30%を占め、たんぱく質の素になるアミノ酸で、 コラーゲンの生成を促進する作用が期待でき、中枢神経系においては、GABAに次いで重要な抑制性神経伝達物質でもあります。≫ 詳しく見る
不足しやすい 】 肌が荒れやすいストレスを受けやすい減量・ダイエットをしている、魚介類が嫌い、豆・種実、卵類をあまり摂らない方などです。 ※( )内食材名は一部除く
関連記事太りやすい=食べ方 タイミング原因脂cut 赤ちゃん肌回復 マーボ豆腐

*ビタミンB12:貧血予防改善、肺がん、胎児の神経管発育不全予防
  のり*、レバー*、青身魚、あじ、あゆ、かつおいかさけ・ます、まぐろぶりかれい卵黄、うなぎ、たこ、えび、かに*、はつ、ひらめ、チーズ*、和牛ベーコン、成鶏手羽・皮なしもも、ハム・ソーセージ*、魚介などに多く含まれています。
  光によって分解される性質。 アミノ酸、たんぱく質の代謝において葉酸とともに必須アミノ酸メチオニン生成に関わり、脳の血流を促進、遺伝子が傷つくと、それを修復、遺伝子本体を合成、アミノ酸代謝たんぱく質核酸生合成に必要な必須栄養素です。
  不足しますと疲労、物忘れ、悪性貧血、うつ病、神経疾患、核酸合成異常など脳や神経に障害をもたらす欠乏症状がみられる場合があります。≫ 詳しく見る
不足しやすい 】 立ちくらみがする減量・ダイエットをしている、レバー・魚介類が嫌い、卵や乳製品をあまり摂らない、野菜中心に摂る方などです。 ※食材名*は一部除く
関連記事美髪get くすみ 貧血抑える ライ麦パン肌老化 乾燥肌に効く ほうれん草

  成分と含有量から効力をみてみますと、これらを継続して食べ合わせで、疲労解消、鎮痛、整腸抗酸化作用、風邪・貧血肌荒れ冷え性予防改善、脳・心筋梗塞、認知症・高血圧・動脈硬化・肥満・糖尿病高脂血症・がん、胎児の神経管発育不全・骨粗鬆症・壊血病白内障便秘予防効果があると考えます。
関連記事ひじきハムサラダ山芋イクラ寄かつお山掛けワカメしらすマリネ

  余った脂肪エネルギーに変えるクエン酸、脂肪分解するレシチン成長ホルモンの分泌を促すアルギニン、エネルギーを作りやすくするアスパラギン酸、血行を良くするサリチル酸がいっぺんに摂れるため、脂肪の蓄積を防ぎ、太り体質を改善に繋がります
ただ、寝るまでに3時間空いていない場合は、身体を冷やしますので、避けてくださいね。

【 参考書籍・資料 】
「食品成分表改定最新版」女子栄養大学出版部2011年2月25日発行
「五訂食品成分表2001」女子栄養大学出版部2000年11月発行
いちごゼラチングリシンビタミンB12栄養成分効果辞典2011年10月20日
 開設

肺がんの前がん治療

抗貧血作用の栄養素

  先月8日、国立がんセンターで、欧米など9か国のがん研究者130人が集まって開かれた 「国際がん研究シンポジウム」 の席上、東京医大第一外科の加藤治文教授による報告が注目を浴び、質疑が相次いだ。

  葉酸は赤血球の形成に関与する抗貧血作用を持つ栄養素でホウレンソウから見つかったビタミンの複合体の一つ。 レバーや緑野采に多く含まれる。 がんは発がん遺伝子の障害によって起こるとされ、遺伝子が修復されれば、がんは抑えられることになる。

  一方、ビタミンB12には遺伝子が傷つくと、それを修復する働きがある。 両者は遺伝子本体のDNAを合成する必須補酵素。 喫煙者にはビタミンB12、葉酸とも血中の濃度が大幅に低く、たばこの本数と反比例する。

「讀賣新聞1994年4月3日掲載記事より一部抜粋」

Related posts(外部サイト)


2016年11月02日

美髪get くすみ 貧血改善 ライ麦パン

  日を重ねるごとに気温が下がる晩秋。くすみ肌・立ちくらみ”、“爪が白い・貧血”、“しわ・たるみ”、“冷え・太りやすい”、“ガスたまる・便秘”など、身体からのサインがみられませんか?

  付いてしまった脂肪エネルギーに変えるチロシン成長ホルモンの分泌を促進するアルギニン糖質エネルギー化に必要なビタミンB1、寝てても消費するエネルギー量を上げるナイアシンがいっぺんに摂れるためむくみを防ぎ、痩身効果が上がると考えます。
ただ、アミノ酸の効力を最大限に活かすには、トーストにせず、そのまま食べるのがベストです。

 「症状がある」、「身体を引き締め、美肌・髪も手に入れたい」 方にオススメで 【 一石三鳥 】 以上の効果的な食材、『 ライ麦パン 』 です。
青色文字をクリックして頂きますと、説明文または関連記事、サイトが表示されます。

  パンを発酵させる際に使う酵母は、ビオチンと、βーグルカンが多く、パンの中でもライ麦パンには、ビタミンB1マグネシウムリン、鉄、マンガン食物繊維がパンの中で最も多く、葉酸ナイアシンカリウム亜鉛など身体の働きを保持・調整に必須な栄養素も含まれています。
  また、必須アミノ酸シスチンが豊富、イソロイシン、ロイシン、リジンメチオニン、フェニルアラニン、チロシン、スレオニン、トリプトファン、バリン、ヒスチジンと、プロリンが多く、アルギニンアラニンアスパラギン酸グリシンも含まれています。

ライ麦パン150gを摂った場合、日本成人女性1日の栄養素必要量を満たす割合
  ●ビタミンB1=30 ●葉酸=26 ●ナイアシン=16 ●カリウム=14 ●マグネシウム=21〜25 ●リン=33 ●鉄=18〜21 ●亜鉛=20〜22 ●銅=17〜19 ●マンガン=37〜44 ●食物繊維=34〜42 ●ビタミンB2=9 ●ビタミンB6=11 ●ビタミンE=6 ●パントテン酸=14
関連記事くすみ 貧血改善 痩身力上げる 緑野菜肌老化 ガス防ぐ 白菜鮭シチュー

体重が50kgの場合、成人1日の必須アミノ酸推奨量WHO満たす割合
  ●シスチン=227 ●イソロイシン=72 ●ロイシン=68 ●リジン=31 ●メチオニン=60 ●フェニルアラニン、チロシン=118 ●スレオニン=80 ●トリプトファン=105 ●バリン=66 ●ヒスチジン=93(単位%)
カロリーはパンの中では最も低く、396kcalとなります。 ※1枚約75g
関連記事⇒抜毛を助長しかねない NG習慣肌老化抑え痩身力up笹身れんこん金平

*ヒスチジン:発育促進、抗酸化作用、認知症・肥満、肌荒れ予防
  まぐろ赤身とろかつおきはだかじきぶりはまち、鶏むねももさけ豚ロース、チーズチェダープロセスあじサーロイン、すじこ、うなぎゼラチンひらめ、(大豆製品青身魚、魚介・肉・種実類)などに豊富、ライ麦パンに多く含まれています。
  体内でヒスタミンに変換され、集中・記憶力を向上、細菌・ウィルスなど侵入してきた生体異物を除去する免疫抗体の生成と、交感神経を刺激し脂肪分解を促進する抗酸化力を持つ必須アミノ酸の一つで、ストレスを緩和する作用が期待できます。
  ただ、単一のヒスチジン、またはこれを含む成分を大量に摂取した場合、一過性及び喘息やアレルギー性皮膚炎などの症状を悪化させる事があります。≫ 詳しく見る
不足しやすい 】 肌が荒れやすい減量・ダイエットをしているストレスを受けやすい、チーズ・魚介類が嫌い、豆・種実、卵類をあまり摂らない方などです。 ※( )内食材名は一部除く
関連記事ガスたまる抑え しわ修復 カリフラワー脂肪抑え しわ たるみ改善 ケール

*鉄(Fe):赤血球生成貧血予防改善
  ひじき抹茶、干しえび、ピュアココア、レバー*(あんこう)、のりごま切干し大根きな粉しじみはつ赤貝ほっき貝よもぎ油揚げあげまきあさりがんもどき、ライ麦、い貝、コンビーフ缶詰、納豆みる貝などに多く、ライ麦パンに含まれています。
  成人体内に約3g含まれ、赤血球のヘモグロビン、筋肉のミオグロビンや肝臓のフェリチン、一部は全身の細胞に広く分布。 主にヘモグロビンの鉄は身体の隅々まで酸素を運び、ミオグロビンの鉄は酸素を細胞内にとり入れ、各細胞の鉄は酵素の活性化に関わり、栄養素の燃焼に役立っている必須栄養素です。
  赤血球は絶えず骨髄などで造られ、古くなったものは分解されるため、鉄が不足しますと、赤血球の生成が妨げられ、貧血となります。≫ 詳しく見る
不足しやすい 】 立ちくらみがする閉経前の女性妊婦や胎児、レバー・貝類が嫌い、豆・海藻類をあまり摂らない方などです。 ※食材名*は一部除く
関連記事シミ しわ抑え 貧血改善 がんもジャガ太り体質=食べ方 タイミング原因

  成分と含有量から効力をみてみますと、継続して1日2枚摂るで、疲労回復、若返り、解毒抗酸化作用抜け毛貧血肌荒れ冷え性予防改善、うつ病・認知症・高血圧・動脈硬化・肥満・糖尿病・がん、ペラグラ口舌炎・胃腸病・皮膚炎・風邪・便秘予防効果があると考えます。
関連記事しょうがココアあさり菜花酒蒸し大根油揚げ煮がんも大根煮卵納豆

  吸収を助ける、古くなった赤血球を再生する葉酸と、セラミドコラーゲンの生合成を高めるビオチン、髪の毛の主成分シスチン肌老化を防ぐメチオニン抗酸化成分もいっぺんに摂れるためくすみ、貧血を改善し、美肌効果の強化に繋がります

【 参考資料 】
ライ麦パンヒスチジン栄養成分効果辞典2011年10月20日開設

重大な病気が隠れていることも

  貧血の中で圧倒的に多いのは、ヘモグロビンの材料である鉄が不足するためにおきる 「鉄欠乏性貧血」。 バランスのとれた食事には1日平均20ミリグラムの鉄が含まれている。 1割が体内で吸収されているので鉄が不足することはない。

  しかし、偏食をしたり、ダイエットで極端に食事制限をしたりすると、鉄が不足する。 「自覚症状がない人が多いのは、徐々に進行するので体が慣れてしまうからです」 と慶応義塾大学の池田康夫教授(血液内科)は言う。

  自覚症状がなくても、疲れやすく集中できなくなっていることが多いという。 「体内で慢性的な出血が起きている可能性があります。 たとえば、胃がんや大腸がん、子宮がんなどです。 精密検査をすぐに受けてください」 と池田さん。

「朝日新聞2008年10月20日(体とこころの通信簿)より一部抜粋」

Related posts(外部サイト)


2016年10月05日

肌老化抑え 貧血改善 がんもジャガ

  今年は台風の当たり年? ”くすみ肌・立ちくらみ”、“爪が白い・貧血”、“しわ・たるみ”、“むくみ・太りやすい”、“下腹の張り・便秘”など、身体からのサインがみられませんか?

  寝てても消費するエネルギー量を上げる大豆たんぱく脂質の合成・吸収を抑制、分解を促進する大豆サポニン脂肪を分解するレシチンアリシンがいっぺんに摂れるため、脂肪の蓄積を防ぎ、太り体質を改善すると考えます。

  症状がある、太りやすいを改善し肌老化を防ぎたい方が効果的に摂取できる食べ合わせが、『 がんもどきのジャガイモと人参、玉ねぎの煮物 』 です。
青色文字をクリックして頂きますと、説明文または関連記事、サイトが表示されます。

  大豆を原料とするがんもどきには、ビオチン、ビタミンE、カルシウムマグネシウムリンマンガンレシチンαーリノレン酸酵素活性や酸素を運ぶ赤血球の生成促進、栄養素燃焼に役立つ貧血改善作用があると、システインイソフラボングルコン酸サポニン大豆たんぱくフラボノイドが多く、葉酸亜鉛なども含まれています。
  じゃが芋には、ビタミンCクロロゲン酸、サポニン、フェノール人参には、カロテン、フラボノイド、紫玉ねぎには、アリシンケルセチンが多く含まれていますので、相乗効果が期待できます。
  また、人参には、葉酸、カリウム食物繊維紫玉ねぎには、ビタミンB6、葉酸、アントシアニンじゃが芋には、ビタミンB1・B6、ナイアシン、葉酸、カリウムなど体の働きを保持・調整に必須な栄養素と、シスチン、フェニルアラニン、チロシントリプトファン、スコポラミンも含まれていますので、更に効果が期待できます。

がんもどき100、煮じゃが芋100、人参50、紫玉ねぎ50gを摂った場合、ビタミンB6●32、ビタミンE●33、葉酸●33、カリウム●32、鉄●33〜40、ビタミンC●27、銅●19〜22、食物繊維●21〜27%日本成人女性1日の栄養素必要量を満たします

関連記事潤い保ち 痩身uo 蓮根人参挽肉煮シミ 肌荒れ くすみ 貧血防止 ほたて

人参50gを摂った場合、1日のカロテン(ビタミンA)成人必要量をともに42%満たされます。「食品成分表改定最新版より算出」 ※Mサイズ1/3本約50g

関連記事姿勢が原因? たるみ 下腹ぽっこり改善サビさせず シミ しわ抑制 小松菜

*ビタミンP:抗酸化作用肌荒れ予防改善、脳・心筋梗塞、高血圧・動脈硬化・がん、風邪予防
  柑橘類のヘスペリジン、うど、玉ねぎブロッコリーモロヘイヤ、ベリークラン・ラズ、ぶどうケルセチン、そば、里芋山芋オクラピーマンれんこんなめこのムチンに多く含まれるフラボノイドの一種です。
  血管壁や毛細血管を強化、毛細血管の浸透性を保持し、抹消組織との水分や栄養素の運搬を一定に調整、活性酸素の除去力が強くビタミンC吸収を促進し成分を保持する働きがあるので、悪玉コレステロール(L.D.L)を抑制する作用が期待できます。≫ 詳しく見る
  また、ムチンは、粘性成分で、大豆たんぱくの吸収や体内でクロロゲン酸の合成を促進、胃腸壁・角膜の保湿を保護する作用が期待できます。

関連記事脂肪蓄積 むくみ防ぎ 保湿up さつま芋隠れ肥満度上げる 食&生活習慣

*ビタミンE:肌荒れ予防改善、認知症・動脈硬化・糖尿病白内障貧血冷え性予防
  油脂*、抹茶ピーナッツ、魚卵(さけたらにしん)、モロヘイヤ、養殖あゆ、うなぎ、赤ピーマン、のりじねんじょはまち大根かぶの葉くるみめかじきなばな、クロワッサン、油揚げにらブロッコリー大豆きな粉がんもどきなどに多く含まれています。
  酸敗油、鉄、紫外線などで分解、単一の摂取より食事からの方が吸収が良い性質。 抗酸化作用により体内で重要な働きを持つ必須脂肪酸の過酸化、ビタミンAカロテン酸化、活性酸素による赤血球の溶血、老化防止に役立つ必須栄養素です。
  また、体内の生体膜脂質に広く存在、リポたんぱく質によって各細胞に運搬、生体膜を健全に保ち、正常な生殖に必要です。≫ 詳しく見る
不足しやすい 】 肌が荒れやすい立ちくらみがするむくみ・冷えやすい、外食や調理済み食品を多く摂る方などです。

関連記事太りやすい改善 くすみ 貧血解消ダイエット 疲労臭cut くすみ 貧血改善

  成分と含有量から効力をみてみますと、これらを食べ合わせで、疲労回復、整腸抗酸化作用貧血肌荒れ冷え性便秘予防改善、脳・心筋梗塞、うつ病・認知症・高血圧・動脈硬化・肥満・糖尿病・がん、骨粗鬆症・白内障・骨折・皮膚炎・風邪・むくみ予防効果があると考えます。

関連記事美肌保てない=洗顔し過ぎ原因太り体質改善 切干大根しい茸炊込飯

  赤血球を生成する、鉄の吸収を助ける、古くなった赤血球を再生する葉酸と、肌の潤いを保つカロテン始め、ビタミンCアントシアニンクロロゲン酸フェノールフラボノイド抗酸化成分もいっぺんに摂れるため、くすみ貧血を改善し、美肌効果アップに繋がります

【 参考資料 】

がんもどきじゃが芋人参紫玉ねぎケルセチンビタミンE栄養成分効果辞典

 2011年10月20日開設

Related posts(外部サイト)



2016年09月07日

くすみ 貧血解消 脂cut レバにら炒

  季節が夏から秋に移りが変わる時期。”くすみ肌・立ちくらみ”、“爪が白い・貧血”、“しわ・たるみ”、“むくみ・太りやすい”、“下腹の張り・便秘”など、身体からのサインがみられませんか?

  赤血球を生成する、鉄の吸収を助ける、古くなった赤血球を再生する葉酸、抗貧血作用があるビタミンB12と、抗酸化成分の赤血球を守るビタミンEカロテンビタミンAアリシンもいっぺんに摂れるため、くすみ貧血を改善し、美肌効果も上がると考えます。

  症状がある、スマホやパソコンを凝視する方が効果的に摂取できる食べ合わせが、『 豚レバーにら炒め 』 です。
青色文字をクリックして頂きますと、説明文または関連記事、サイトが表示されます。

  豚肉の部位の中でもレバーには、ビタミンAB2B12ナイアシン葉酸パントテン酸が豊富、ビタミンB1・B6、ビオチンニコチン酸リン亜鉛レシチンコリンなど身体の働きを保持・調整に必須な栄養素と、αーリポ酸コエンザイムQ10が多く、ビタミンCカリウムも含まれていますので、単体で摂取しても効果が期待できます。
  ユリ科野采でねぎの仲間であるにらには、カロテン、葉酸、ビタミンAの酸化活性酸素による赤血球の溶血、老化を防ぐ肌荒れ貧血冷え性予防作用があるビタミンEと、アリシンが多く、ビタミンB2・B6・C、パントテン酸、カリウム、マンガン食物繊維なども含まれていますので、相乗効果が期待できます。
  また、豚レバーには、必須アミノ酸リジンシスチン、フェニルアラニン、チロシントリプトファンヒスチジンが豊富、イソロイシン、ロイシン、メチオニン、バリン、アミノ酸アルギニンアラニンアスパラギン酸グリシンプロリングルタミンが多く、にらには、シスチン、フェニルアラニン、チロシン、スレオニン、トリプトファンも含まれていますので、更に効果が期待できます。

*身体に良い食材でも、摂り過ぎには気を付けましょう!

豚レバー50gを摂った場合、1日の女性栄養素必要量を満たす割合、ビタミンA●366、ビタミンB2●180、ビタミン12●1,050、ナイアシン●54、葉酸●203、パントテン酸●72、鉄●54〜65、ビタミンB1●21、ビタミンB6●24、リン●28、亜鉛●35〜38、銅●31〜35、ビタミンC●10、カリウム●17、ビタミンE●3です。(単位%)
関連記事しわ たるみ防ぎ くすみ 貧血抑制 白鮭身体冷やす=内臓脂肪up 原因

にら100gを摂った場合、1日のビタミンE成人必要量が男性で26%、女性で33%満たされます。 ※1束約100g
関連記事自分の歯を削ってる?! NGな歯磨き脂肪消費up 下腹ぽっこり改善 にら

*コリン:肌荒れ予防改善、認知症・高血圧・動脈硬化・高脂血症予防
  卵黄、はつ()、レバーあんこう)、味噌などに多く含まれ、浸透圧の調整、栄養素酵素の吸収、老廃物の排泄をする細胞膜の働きを助け、脂肪エネルギー化に関わり、血中コレステロール中性脂肪を適正に保持、循環器系や脳の機能、細胞膜の構成と補修に必須なリン脂質です。≫ 詳しく見る
  また、新陳代謝を活性化、細胞や組織を傷付けたり、体内で血栓を作る過酸化脂質の蓄積を抑制、神経伝達物質の中で最も重要な物質の一つで内臓が働き、脳が休んでいる時に働くアセチルコリンの生成を促進するなどの役割を果たします。
関連記事寝てるのに怠い くすみ 太り体質改善美肌力up 痩せ体質 大豆ひじき煮

*ビタミンB6:肌荒れ予防改善先端疼痛症・皮膚炎・浮腫(むくみ)・貧血予防
  まぐろ(南、きはだびんながめばち)、抹茶レバー*、かつお、鶏挽き肉ささ身白さけきな粉青身魚大豆鶏むね、さくらます、くるみピーナッツひらめぶり豚ヒレあずきバナナ、和牛ヒレそとももいんげん豆などに多く含まれています。
  同じ作用を持つ10種類以上の化合物の総称で、光、特に紫外線により分解される性質。 腸内細菌によって供給され、内での非必須アミノ酸を合成、脱炭素反応に補酵素の成分として関わり、アミノ酸の代謝に関わる多くの酵素補酵素として働き、赤血球生成を促進、肌・粘膜の健康を保つ作用がある栄養素です。
  必要量は、たんぱく質の摂取量と密接に関わってます。≫ 詳しく見る
不足しやすい 】 肌が荒れやすい立ちくらみがする減量・ダイエットをしている、レバー・魚介類が嫌い、種実・豆類をあまり摂らない方などです。 ※食材名*は一部除く
関連記事かつお山掛け>トマト鮭卵とじ鶏肉エリンギ生姜焼ブロッコリーナッツ炒

  成分と含有量から効力をみてみますと、これらを継続して食べ合わせで、抗酸化作用、皮膚炎・夜盲症ドライアイ貧血肌荒れ冷え性予防改善、高血圧・動脈硬化・肥満・糖尿病高脂血症・がん、脂漏性皮膚炎・眼精疲労・眼膜炎・風邪・むくみ便秘予防効果があると考えます。
関連記事脂肪消費up 太る回避 抹茶バナナミルク受動喫煙から 美肌 身を守る

  寝てても消費するエネルギー量を上げるナイアシンニコチン酸脂肪分解するレシチン糖質ビタミンB1、脂肪はビタミンB2パントテン酸などエネルギーに変える栄養素がいっぺんに摂れるため、脂肪消費を上げ、太り体質の改善に繋がります

【 参考資料 】
豚レバーにらコリンビタミンB6栄養成分効果辞典2011年10月20日開設

Related posts(外部サイト)


  このサイトから 「 お探しの項目 」 をもっとお知りになりたい方は、Googleから関連サイト内の検索ができるようにボックスを設置しております。 お役に立てば幸いです。

2016年07月27日

貧血解消 痩身効果up きな粉バナナ

  過ごしやすいけれど、夏らしくない夏。”くすみ肌・立ちくらみ”、“爪が白い・貧血”、“シミ・肌荒れ”、“むくみ・太りやすい”、“下腹の張り・便秘”など、身体からのサインがみられませんか?

  付いてしまった脂肪代謝するチロシン、痩せホルモンの分泌を促進するアルギニン、脂肪を分解するレシチンと、赤血球を生成する、鉄の吸収を助ける、赤血球を守るビタミンEがいっぺんに摂れるため、太りやすいを防ぎ、貧血を改善すると考えます。

  症状がある、手・足先が冷えやすい、美肌に気を付けている方が効果的に摂取できる食べ合わせが、『 きな粉バナナ 』 です。
青色文字をクリックして頂きますと、説明文または関連記事、サイトが表示されます。

  皮の付いた大豆を原料とするきな粉には、葉酸が豊富、ビタミンB1・B6・ビオチンカリウムカルシウムマグネシウムリン亜鉛食物繊維αーリノレン酸レシチンなど体の働きを保持・調整に必須な栄養素システインと、イソフラボングルコン酸サポニン大豆たんぱくフラボノイドが多く、ビタミンB2ナイアシンパントテン酸も含まれていますので、単体で摂取しても効果が期待できます。
  バナナには、アミノ酸の合成と代謝赤血球の生成を促進、肌を保つむくみ肌荒れ・貧血予防作用があるビタミンB6が多く、ビタミンC、葉酸、カリウム、マグネシウムと、ヒスチジンも含まれているので、相乗効果が期待できます。
  また、バナナは、体内時計を調節するメラトニンの分泌を促進、きな粉30gと、皮なしバナナ1本が100gだとしますと、カロリーは順に131.1、86で約217Kcal、ショートケーキ1個(100g)344Kcalの63%程度と低カロリーですので、更に効果が期待できます。
  更に、きな粉には、必須アミノ酸のイソロイシン、ロイシン、リジンメチオニンシスチン、フェニルアラニン、チロシン、スレオニン、トリプトファン、バリン、ヒスチジンが豊富、アミノ酸アルギニン、アラニン、アスパラギン酸グリシンプロリンも多く含まれていますので、効果よりが期待できます。

*身体に良い食材でも、摂り過ぎには気を付けましょう!

きな粉30gを摂った場合、1日の成人必要量を男性が28%、女性が23〜28%満たされます。 ※大さじ1杯約30g
関連記事ニオイ源cut くすみ改善 かぼちゃ短期集中痩せ リバンドなし 糖質オフ

きな粉30gを摂った場合、成人1日の必須アミノ酸推奨量WHO満たす割合(%)は、イソロイシン●54、ロイシン●45、リジン●44、メチオニン●32、シスチン●30、フェニルアラニン、チロシン●77、スレオニン●56、トリプトファン●74、バリン●44、ヒスチジン●59
となります。 ※体重が50kgとした場合
関連記事肌バリア強化 いちじくヨーグルトサラダ脂肪cut 隠れ肥満防ぐ ライ麦パン

*アラニン:肥満、肌荒れ冷え性予防改善
  ゼラチンまぐろきな粉かつお、鶏むねももかれいかじきさけひらめぶりはまちとり貝豚ロースえびあじサーロインうなぎ青身魚つぶ貝あおやぎチーズしじみ、(大豆製品・魚介・肉・種実類)などに多く含まれいます。
  ほとんど全てのたんぱく質に存在、コラーゲン再生エネルギーが生産されるTCA回路活性化し、脂肪分解を促進する働きがあるたんぱく質の素になるアミノ酸で、肝臓内の酵素の働きを促進、肝機能障害予防・改善作用が期待できます。
  ただ、単一のアラニン、またはこれを含む成分を大量に摂取した場合、一過性の不快症状を招く事があります。≫ 詳しく見る
不足しやすい 】 肌が荒れやすいむくみ・冷えやすい減量・ダイエットをしている、魚介類が嫌い、豆・種実、卵類をあまり摂らない方などです。 ※( )内食材名*は一部除く
関連記事下腹凹ませ 寝ててもダイエット紫外線に負けず 痩身成分もゲット 枝豆

*葉酸(ビタミンB9):胎児の神経管発育不全・貧血改善、認知症・脳梗塞・動脈硬化・肺がん予防
  レバー抹茶、うに、菜花枝豆からし菜きな粉モロヘイヤブロッコリーほうれん草アスパラ春菊よもぎ*、そら豆、サニーレタス小松菜にら帆立、大豆もやし、ひじき南瓜えのき茸ゴーヤ牛蒡白菜種実類*などに多く含まれています。
  アミノ酸・たんぱく質代謝においてビタミンB12とともに必須アミノ酸メチオニン生成に関わり、傷ついた遺伝子を修復、赤血球の再生、アミノ酸・DNAの基本構造の一つである核酸塩基の生合成に必要な必須栄養素です。「五訂食品成分表2001参照」≫ 詳しく見る
  がんは発がん遺伝子の障害によって起こるとされ、遺伝子が修復されれば、がんは抑えられることになる。 ビタミンB12には遺伝子が傷つくと、それを修復する働きがある。 葉酸も同様。「讀賣新聞1994年4月3日掲載記事(肺がんの前がん治療 緑野采の葉酸が効果)より一部抜粋」
不足しやすい 】 妊娠の可能な女性肌が荒れやすい立ちくらみがする、レバー・緑黄色野菜が嫌い、種実・豆類をあまり摂らない方などです。
AFPBB News 葉酸の毎日摂取、出産適齢期の全女性に推奨 米国専門委 2017.1.11】
関連記事鶏レバー串焼きブロッコリーナッツ炒パンプキンスープハム入にら玉

  これらを継続して食べ合わせる事で、肝機能・疲労回復、若返り、整腸保湿抗酸化作用、骨粗鬆症・皮膚炎・風邪・貧血肌荒れむくみ冷え性予防改善、脳・心筋梗塞、認知症・高血圧・動脈硬化・肥満・糖尿病・がん、骨粗鬆症・骨折・うつ病・ペラグラ神経症状口舌炎・胃腸病・便秘予防効果があると考えます。
関連記事サビさせず 潤い増す ロースハム美肌up くすみ 貧血回避 ラタトゥイユ

  アルギニングリシンプロリンコラーゲンの素、これらを合成するビタミンB6と、抗酸化成分メチオニンシスチンシステインヒスチジンフラボノイドもいっぺんに摂れるため、就寝3時間前のご飯で摂る事で、美肌効果が更に上がります

【 参考資料 】
きな粉バナナアラニン葉酸栄養成分効果辞典2011年10月20日開設

Related posts(外部サイト)


2016年07月13日

美肌効果up 貧血改善 ラタトゥイユ

  夏を告げる蝉の音が聞こえ始めた仲夏。”くすみ肌・立ちくらみ”、“爪が白い・貧血”、“シミ・肌荒れ”、“むくみ・太りやすい”、“下腹の張り・便秘”など、身体からのサインがみられませんか?

  コラーゲンの素となるアミノ酸を合成するビタミンB6と、ビタミンCアントシアニンアリシンケルセチンムチンリコペンが多く、ビタミンE抗酸化成分もいっぺんに摂れますので、就寝3時間前のご飯で摂る事で、美肌効果が更に上がると考えます。
青色文字をクリックして頂きますと、説明文または関連記事、サイトが表示されます。

  ナス科野菜トマトには、リコペン、その中でもミニトマトには、ビタミンCが多く、ビタミンE葉酸カリウムなど身体の働きを保持・調整に必須な栄養素と、ケンフェロール、スコポラミンも含まれていますので、単体で摂取しても効果が期待できます。
  なすには、アントシアニン、きゅうりには、ピラジン青ピーマンには、ピラジン、ムチン活性酸素を除去、コラーゲンの生成、吸収を促進する肌荒れ・貧血予防作用があるビタミンCが多く含まれていますので、相乗効果が期待できます。
  また、なすピーマンには、葉酸、カリウム、食物繊維、スコポラミン、きゅうりには、シトルリン、ピーマンには、ビタミンB6・Eも含まれていますので、更に効果が期待できます。
調理する際に、玉ねぎにんにくを炒め、煮込む事で、玉ねぎにんにくアリシン玉ねぎに多く含まれるケルセチンも摂取でき、相乗効果がより期待できます。

ミニトマト200、青ピーマン30gを摂った場合、1日のビタミンC成人所要量が女とも87%満たされます。「食品成分表改定最新版より算出」 ※トマト1個約20、ピーマン1個約30g
関連記事防かび剤 発がん 催奇形性 リクス増美肌力up いちじくヨーグルトサラダ

ミニトマト200gを摂った場合、1日の葉酸成人所要量が女とも35%満たされます。「食品成分表改定最新版より算出」
関連記事太るが心配で 脂肪敬遠 貧血助長痩せホルモンup ライ麦パンツナサンド

*アントシアニン:視・肝機能向上、抗酸化作用、眼精疲労・肌荒れ予防改善
  ベリー(ブルー、ラズ、グラン、ストロ)、なす、ぶどう、紫芋、プルーン、紫キャベツあずきいちじくなどに多く、紫玉ねぎに含まれる植物界に広く分布する果実やの赤、青、紫の色素成分です。
  視神経の働きを支えているロドプシンの再合成を促進、目と肝臓の働きを向上、抗酸化力を持ち、活性酸素除去力が強いポリフェノールの一種で、眼精疲労予防と改善作用が期待できます。
  また、なすの含有量は、ぶどうの5房分に相当します。≫ 詳しく見る
  ロドプシンは、加齢、強い光によって分解され減少するため、不足しますと目が疲れたり、見えにくくなるなどの欠乏症状が伴う場合があります
関連記事レーズン牛乳寒天あずき林檎煮 紫玉ねぎ鮭ピリ辛レタス巻

*シトルリン:肩こりむくみ冷え性予防改善、高血圧・動脈硬化予防
  スイカ(西瓜)に多く、きゅうり(木瓜)、かぼちゃ(南瓜)、ズッキーニ、トウガン(冬瓜)、ゴーヤ(苦瓜)などウリ科野菜に含まれ、動物、特に哺乳類に存在、肝臓において各組織でたんぱく質代謝をした際に発生したアンモニアを尿素に変えて解毒する尿素回路(オルニチン回路ともいう)の基になる有機化合物アミノ酸の一種です。
  20歳前後を境に加齢とともに生じる血管の老化を防ぎますので、血流を促進し、肩こり、むくみ、冷え性を改善する作用が期待できます。≫ 詳しく見る
血管とは、全身の細胞に酸素や栄養分を運搬したり、二酸化炭素や老廃物を運び出す血液を身体の各所に送るための通路となる管です。
関連記事⇒ニオイ源cut くすみ 貧血改善 かぼちゃ紫外線対策 痩身成分もget 枝豆

  これらを継続して食べ合わせる事で、抗酸化作用貧血肌荒れ冷え性予防改善、脳・心筋梗塞、高血圧・動脈硬化・肥満・がん、白内障・風邪・むくみ便秘予防効果が期待できます。
関連記事シミ しわブロック 太り体質防ぐ 大豆下腹凹ませ 寝てても ダイエット可能

  脂肪の蓄積を抑えるリコペン、脂肪のエネルギー化を促進するアリシン吸収を助けるビタミンC、古くなった赤血球を再生する葉酸、赤血球を守るビタミンEがいっぺんに摂れるため、太りやすいを防ぎ、貧血の改善に繋がります

【 参考資料 】
「おもっきりテレビ」2002年2月12日放送(アミノ酸パワーを食べ物から引き出す方法)
トマトなすピーマンアントシアニンシトルリン栄養成分効果辞典2011年
 10月20日開設
Related posts(外部サイト)


2016年06月01日

太る くすみ 貧血防ぐ 大根油揚げ煮

  梅雨が早い?! 紫陽花が咲き始めたこの頃。”くすみ肌・立ちくらみ”、“爪が白い・貧血”、“シミ・肌荒れ”、“むくみ・太りやすい”、“下腹の張り・便秘”など、身体からのサインがみられませんか?

  寝ているだけで消費するエネルギーを上げる大豆たんぱく脂肪分解するレシチン、脂肪の吸収を抑えるサポニン、酸素を全身に運ぶ赤血球を生成する、古くなった赤血球を再生する葉酸がいっぺんに摂れ、太りやすいを防ぎ、貧血を改善すると考えます。

  症状がある、特に手・足先が冷えやすい、寝つきが悪い方が効果的に摂取できる食べ合わせが、『 大根と油揚げの煮物 』 です。
青色文字をクリックして頂きますと、説明文または関連記事、サイトが表示されます。

  アブラナ科野菜大根には、アミラーゼアリルイソチオシアネートビタミンUには、カロテンビタミンC・E、葉酸カルシウムなど身体の働きを保持・調整に必要な栄養素が多く含まれてるので、単体で摂取しても効果が期待できます。
  大豆を原料とする油揚げには、カルシウム、マグネシウムリン、鉄、マンガンビオチンレシチンαーリノレン酸カロテンの酸化赤血球の溶血、老化を防ぐ肌荒れ貧血冷え性予防作用があるビタミンEと、システインイソフラボングルコン酸サポニン大豆たんぱく、ダイゼイン、フラボノイドが多く、葉酸、亜鉛も含まれているので、相乗効果が期待できます。
  また、油揚げには、イソロイシン、シスチン、フェニルアラニン、チロシン、スレオニン、トリプトファンヒスチジンが豊富、ロイシン、リジンメチオニン、バリン、アルギニンアラニンアスパラギン酸グリシンプロリンが多く、大根には、カリウム大根には、ビタミンC、葉酸、には、ビタミンB1B2B6、マグネシウム、リン、鉄、マンガン、食物繊維なども含まれているので、更に効果が期待できます。

大根100、葉40gをを摂取した場合、1日の葉酸成人所要量が女とも45%満たされます。「食品成分表改定最新版より算出」 ※一掴み約40g
関連記事⇒潤い保ち くすみ防ぐ ティラミス風むくみは 下肢静脈瘤 下半身太り前兆?!

大根の葉40、油揚げ60gを摂取した場合、1日の成人所要量が男性で38%、女性で31〜38%満たされます。「食品成分表改定最新版より算出」 ※油揚げ1枚約60g
関連記事⇒細胞活性 たるみ 貧血防ぐ くるみ糖質ゼロ いくら 摂っても 太らない?

*ダイゼイン:肥満予防
  油揚げに多く、大豆きな粉豆腐油揚げがんもどき納豆、味噌などの大豆製品に含まれ、部皮下脂肪の沈着を防止する作用が期待できます。
関連記事ガスたまる 下腹の張り解消 美肌up術紫外線対策 シミ たるみ防ぐ 鶏卵

*鉄(Fe):赤血球生成貧血予防改善
  ひじき抹茶、干しえび、ピュアココア、レバー*(あんこう)、のりごま切干し大根きな粉しじみはつ赤貝ほっき貝よもぎ油揚げあげまきあさりがんもどき、ライ麦、い貝、コンビーフ缶詰、納豆みる貝などに多く含まれています。
  成人体内に約3g含まれ、赤血球のヘモグロビン、筋肉のミオグロビンや肝臓のフェリチン、一部は全身の細胞に広く分布。 主にヘモグロビンの鉄は身体の隅々まで酸素を運び、ミオグロビンの鉄は酸素を細胞内にとり入れ、各細胞の鉄は酵素の活性化に関わり、栄養素の燃焼に役立っている栄養素です。
  赤血球は絶えず骨髄などで造られ、古くなったものは分解されるため、鉄が不足しますと、赤血球の生成が妨げられ、貧血となります。≫ 詳しく見る
不足しやすい 】 立ちくらみがする閉経前の女性妊婦や胎児、レバー・貝類が嫌い、豆・海藻類をあまり摂らない方などです。 ※食材名*は一部除く
関連記事林檎ココアゼリー鴨南蛮うどんがんも大根煮かぼちゃライ麦パンサンド

  これらを継続して食べ合わせる事で、整腸抗酸化作用貧血肌荒れ冷え性便秘予防改善、脳梗塞・認知症・高血圧・動脈硬化・肥満・糖尿病・がん、骨粗鬆症・白内障・骨折・皮膚炎予防効果が期待できます。
関連記事老け顔 口元が物語る? 原因と対策お腹張り 太り体質抑える ほうれん草

  セラミドコラーゲンの生合成するるビオチン、美白と保湿性を高めるイソフラボン、肌の老化を防ぐアリルイソチオシアネート、潤いを保つカロテンビタミンC抗酸化成分もいっぺんに摂れますので、就寝3時間前のご飯で摂る事で、美肌効果が更に上がると考えます。

【 参考資料 】
「おもっきりテレビ」2002年3月20日放送(納豆汁)
大根,、油揚げ栄養成分効果辞典2011年10月20日開設

Related posts(外部サイト)


2016年05月04日

潤い くすみ 貧血改善 ティラミス風

  日差し、紫外線の強さははや夏を思わせる晩春。”くすみ肌・立ちくらみ”、“爪が白い・貧血”、“シミ・肌荒れ”、“むくみ・太りやすい”、“下腹の張り・便秘”など、身体からのサインがみられませんか?

 身体内部から活性化するアルブミンと、肌の潤いを保つタンニンメチオニンシスチンヒスチジンテオブロミンビタミンBχポリフェノールラクトフェリン抗酸化成分もいっぺんに摂れますので、就寝3時間前のご飯で摂る事で、美肌効果が更に上がると考えます。
また、加熱に弱いアミノ酸パワーを最大限に活かせますので、オススメの食べ方です。

  症状がある、特に手・足先が冷えやすい、寝つきが悪い方が効果的に摂取できる食べ合わせが、『 ティラミス風 』 です。
青色文字をクリックして頂きますと、説明文または関連記事、サイトが表示されます。

  カカオを原料とするココアには、カフェインタンニンテオブロミンポリフェノールリグナンリグニンが多く、その中でもピュアココアには、カリウムマグネシウムリン食物繊維が豊富、亜鉛が多く、ビタミンB1B2ナイアシン葉酸パントテン酸カルシウムなど身体の働きを保持・調整に必須な栄養素もバランス良く含まれていますので、単体で効果が期待できます。
  プレーンヨーグルトには、アルブミンビタミンBχ乳酸菌活性酸素の除去力が強く、吸収を促進、宿便を抑える肌荒れ便秘・貧血予防効果があるラクトフェリンが多く、ビタミンB2、パントテン酸、カルシウム、リンなども含まれていますので、相乗効果が期待できます。
  また、ピュアココアには、必須アミノ酸シスチントリプトファンが豊富、イソロイシン、ロイシン、リジン、メチオニン、フェニルアラニン、チロシン、スレオニン、バリン、ヒスチジンアミノ酸アルギニンアスパラギン酸が多く含まれ、ヨーグルトは、牛乳よりカルシウムを約2倍吸収し、乳酸菌の効果を上げる作用がありますので、更に効果が期待できます。
*身体に良い食材でも、摂り過ぎには気を付けましょう!

ピュアココア20gを摂取した場合、1日の成人所要量が男性で28%、女性で23〜28%満たされます。「食品成分表改定最新版より算出」 ※テースプーン1杯約10g
関連記事⇒太る抑え くすみ 貧血改善 卵納豆ダイエット原因 抜け毛 肌荒れ解消

ピュアココア20gを摂取した場合、1日の成人所要量が男性で42〜48%、女性で48〜54%満たされます。「食品成分表改定最新版より算出」
関連記事⇒気張らず 平日ダイエット 1日-300kcalくすみ 身体だるい 疲れやすい改善

*リグナン:抗酸化作用肌荒れ予防改善、心筋梗塞・動脈硬化・がん、骨粗鬆症予防
  ごま、カカオ(ココア)、穀類(ライ麦、小麦、えんぱく、大麦)に多く含まれる植物に含まれる化合物群の一種で、女性ホルモンエストロゲンに似た作用あり、ホルモンの分泌を調整、脂肪代謝を促進、活性酸素を除去する働きがある抗酸化成分です。
  また、アルコール分解を促進、血中コレステロール、特に悪玉(L.D.L)を抑制、善玉(H.D.L)を増やしますので、老化を防止、肝機能を改善する作用も期待できます。
関連記事ニキビ 肌荒れ防ぎ 痩せ体質 導く美肌効果上げ 貧血 くすみ改善 よもぎ

*リジン:肝機能・疲労回復、若返り作用、高血圧・動脈硬化、感染症肌荒れ冷え性予防
  ゼラチンしらすまぐろ大豆、鶏むねももかつお、チーズチェダープロセスすじこぶりかじきかれいひらめ豚ロースあじサーロインとり貝青身魚えびうなぎ、レバー、(大豆製品・魚・肉)などに豊富、ピュアココアに多く含まれています。
  身体の組織を修復、細胞を活性化、アルコール摂取やストレスなどで弱った肝臓の働きを向上、炭水化物エネルギー代謝を促進し、疲労を回復する働きがある必須アミノ酸の一つで、食事から摂取する必要があります。
  また、細菌・ウィルスに対する免疫力を上げ、感染症を予防する作用が期待できます。 不足しますと目の充血、めまい、おう吐、貧血などの症状を招く場合があります。≫ 詳しく見る
不足しやすい 】 立ちくらみがする肌が荒れやすい減量・ダイエットをしている、レバー・魚介類が嫌い、豆類をあまり摂らない方などです。 ※( )内食材名は一部除く
関連記事林檎ココアゼリーわかめ白子マリネかつお山掛ほうれん草ハム白和え

  これらを継続して食べ合わせる事で、免疫力強化、疲労回復、整腸抗酸化作用、風邪・貧血肌荒れ冷え性便秘予防改善、うつ病・認知症・心臓疾患・高血圧・動脈硬化・肥満・糖尿病高脂血症・がん、骨粗鬆症・皮膚炎・むくみ予防が期待できます。
関連記事老廃物除き 下腹凹ます 薩摩芋檸檬煮太り体質 乾燥肌 しわ解消の工夫

  ココア20、ヨーグルト100gのカロリーは、54.2、62で、約116kcalとヘルシー。 脂肪分解するカフェイン、脂肪をエネルギーに変えるチロシン、酸素を全身に運ぶ赤血球を生成する、鉄吸収を助けるがいっぺんに摂れ、太りやすいを防ぎ、貧血を改善すると考えます。

【 参考資料 】
ココアヨーグルトリグナンリジン栄養成分効果辞典2011年10月20日開設

Related posts(外部サイト)


  このサイトから 「 お探しの項目 」 をもっとお知りになりたい方は、Googleから関連サイト内の検索ができるようにボックスを設置しております。 お役に立てば幸いです。

2016年03月23日

太る抑え くすみ 貧血改善 卵納豆

  日中と明け方の気温差が大きい初春。”くすみ肌・立ちくらみ”、“爪が白い・貧血”、“しわ・肌荒れ”、“冷え・太りやすい”、“下腹の張り・便秘”など、身体からのサインがみられませんか?

  鶏卵、納豆各50gのカロリーは、順に75.5、100で、約180kcalとヘルシー。 酸素を全身に運ぶ赤血球を生成する、鉄吸収を助ける、抗貧血作用があるビタミンB12、古くなった赤血球を再生する葉酸がいっぺんに摂れ、太りやすいを抑え、貧血改善に繋がると考えます。

  症状がある、特に手・足先が冷えやすい、寝つきが悪い方が効果的に摂取できる食べ合わせが、『 卵納豆 』 です。
青色文字をクリックして頂きますと、説明文または関連記事、サイトが表示されます。

  鶏卵には、ビタミンB2ビオチンリンコリンレシチン傷ついた遺伝子を修復、アミノ酸代謝たんぱく質核酸の生合成に必要で貧血予防作用があるビタミンB12栄養素グルタミン、食事から補充する必要がある成分ルティンと、アルブミンも多く、ビタミンE葉酸、パントテン酸、鉄、亜鉛なども含まれていますので、単体で摂取しても効果が期待できます。
  大豆を原料とする糸引き納豆には、ビタミンB2、パントテン酸、ビオチン、カリウム、マグネシウム、リン、、銅、食物繊維αーリノレン酸、レシチンなど身体の働きを保持・調整に必須な栄養素と、システイン:、イソフラボングルコン酸コンドロイチン硫酸サポニン大豆たんぱくナットウキナーゼナットウ菌ピラジンフラボノイドが多く、ビタミンB6・E、カルシウム、亜鉛も含まれていますので、相乗効果が期待できます。
  また、鶏卵糸引き納豆には、アミノ酸シスチン納豆には、フェニルアラニン、チロシントリプトファンが豊富、納豆には、イソロイシン、ロイシン、リジン、メチオニン、スレオニン、バリン、ヒスチジンアラニンアスパラギン酸納豆には、アルギニングリシンプロリンが多く、には、アルギニン、グリシン、プロリンも含まれていますので、更に効果が期待できます。

鶏卵Mサイズ1個、納豆1パックを摂取した場合、1日の成人必要量が男性で26%、女性で21〜26%満たされます。「食品成分表改定最新版より算出」 ※卵約50g、納豆50g
関連記事⇒下腹張り防ぎ 貧血解消 大豆ひじき煮ニキビ 肌荒れ防ぎ 痩せ体質 導く

体重50kgの場合、成人1日の必須アミノ酸推奨量WHO満たす割合、シスチン159、フェニルアラニン、チロシン108、トリプトファン108、イソロイシン72、ロイシン62、リジン66、メチオニン64、スレオニン74、バリン64、ヒスチジン81となります。(単位%) ※卵、納豆各50g
関連記事腸助け 隠れ肥満防ぐ かつお山掛食事制限 偏食注意 疲労 くすみ 貧血

*銅(Cu):免疫力強化、骨折・変形、風邪・冷え性貧血予防
  蛍いか、いいだこ、干しやつめうなぎ、干し舞茸、きな粉、うなぎ肝、レバー*、かきイクラ、くわい、のり、えび伊勢大正納豆種実類*、そば粉*、高野豆腐、干しずいき、、干し椎茸、焼き板ふ、かにかざみ・、あわ、こういかなどに多く含まれています。
  腸管からの吸収を助け神経伝達物質の中心になるカテコールアミン代謝する酵素成分として重。 脳の発達、心筋収縮、乳児の成長、防御機構、骨強度・赤血球白血球細胞の成熟、鉄輸送、コレステロール炭水化物代謝に必要とされる栄養素です。
  また、不足しますとヘモグロビン成分が減少し貧血になる、白血球、特に好中球減少、骨折・変形をおこすなどの欠乏症状がみられる場合があります。≫ 詳しく見る
不足しやすい 】 立ちくらみがするむくみ・冷えやすい、レバー・魚介類が嫌い、種実・豆類をあまり摂らない、風邪をひきやすい方などです。 ※食材名*は一部除
関連記事山芋イクラ寄大根葉納豆人参ナッツ和え大豆サラダあずきリンゴ煮

*メチオニン:疲労回復、視・肝機能修復、肌荒れ予防改善、肥満・がん、風邪・冷え性予防
  しらすまぐろ赤身かつおごまチェダーチーズはまちぶり鶏むねさんまさけうるめいわしひらめかれいとり貝まぐろとろ豚ロースあじプロセスチーズ大豆きな粉、魚卵(さけたら)、鶏ももサーロインに豊富、鶏卵納豆などに多く含まれています。
  硫黄を含み、水に溶けにくい性質。 体内でグルタチオンタウリンに変化、カルニチンを再合成する必須アミノ酸の一つで、食事から摂取する必要があります。
  また、中性脂肪や血コレステロール上昇を抑制、強い抗酸化力を持ち、細胞・組織を傷付ける過酸化脂質活性酸素を除去するので、解毒や代謝分解などを司る肝臓の働きや目の網膜を修復する作用が期待できます。≫ 詳しく見る
不足しやすい 】 肌が荒れやすいむくみ・冷えやすい減量・ダイエットをしている、チーズ・魚介類が嫌い、種実・豆、卵類をあまり摂らない方などです。
関連記事お腹凹ませ エステ 痩身効果上げる術太る防ぎ むくみ 冷え解消 あずき

  これらを継続して食べ合わせで、疲労回復、胃粘膜・肝細胞保護、鎮静・整腸抗酸化作用貧血肌荒れ冷え性便秘予防改善、脳・心筋梗塞、狭心症・認知症・高血圧・動脈硬化・肥満・糖尿病・がん、骨粗鬆症・皮膚炎・風邪予防効果が期待できます。
関連記事肌ガード強め 下腹張り シミ しわ解消サビさせず 痩身力up レバにら炒

  セラミドコラーゲンの生合成を向上するビオチン、美白と保湿性を上げるイソフラボンと、紫外線から目と肌を守るルティンメチオニンシスチンヒスチジン抗酸化成分もいっぺんに摂れますので、就寝3時間前のご飯で摂る事で、美肌効果が更に上がると考えます。
また、加熱に弱いアミノ酸パワーを最大限に活かせますので、オススメの食べ方です。

【 参考資料 】
鶏卵納豆メチオニン栄養成分効果辞典2011年10月20日開設

Related posts(外部サイト)


2016年02月10日

下腹の張り防ぎ 貧血解消 大豆ひじき煮

  北風がきつく空気が冷たい晩冬。”くすみ肌・立ちくらみ”、“爪が白い・貧血”、“しわ・肌荒れ”、“冷え・太りやすい”、“下腹の張り・便秘”など、身体からのサインがみられませんか?

  妊娠や閉経を迎えない限り、月経の出血の際に、酸素を全身に運ぶ血液の主成分である赤血球をも失うため、赤血球を生成するを意識して摂る必要があります。 1食で1日の鉄必要量が摂れますので、オススメです。

  症状がある、特に手・足先が冷えやすい方が効果的に摂取できる食べ合わせが、『 大豆とヒジキの煮物 』 です。
青色文字をクリックして頂きますと、説明文または関連記事、サイトが表示されます。

  乾いた表皮を含む大豆ゆでた大豆には、マグネシウム、リンビオチンレシチン、食物繊維と、システインイソフラボン、サポニン、フラボノイドグルコン酸αーリノレン酸大豆たんぱくが多く、ビタミンB1・、カリウム、カルシウム、鉄、亜鉛ケンフェロール傷ついた遺伝子を修復、赤血球再生、アミノ酸やDNA基本構造の生成に必要で貧血改善作用がある葉酸なども含まれていますので、単体で摂取しても効果が期待できます。
  海藻の中でも干しひじきには、ビタミンB2カリウムカルシウムマグネシウム食物繊維酵素活性や酸素を運ぶ赤血球の生成促進、栄養素燃焼に役立つ貧血改善作用があるが豊富、カロテンビタミンB1、葉酸、マンガンと、アスタキサンチン、クロロフィル、フロロタンニン、コンドロイチン硫酸も多く含まれているので、相乗効果が期待できます。
  また、干しひじきには、必須アミノ酸のイソロイシン、ロイシン、メチオニンシスチン、フェニルアラニン、チロシン、スレオニン、トリプトファン、バリン、ヒスチジンアミノ酸アラニンが多く、ナイアシンパントテン酸リン亜鉛など身体の働きを保持・調整に必須な栄養素リジンアルギニンアスパラギン酸グリシンプロリンも含まているので、更に効果が期待できます。

*身体に良い食材でも、摂り過ぎには気を付けましょう!

干しひじき20gを摂取した場合、1日の成人所要量が男性で110%、女性で92〜110%満たされる概算になります。「食品成分表改定最新版より算出」 ※軽く一握り約20g
関連記事⇒細胞活性! くすみ 貧血 冬太り防止策シミ しわ たるみ抑え 肌活性 いちご

ゆで国産全粒大豆90、ひじき20gを摂取した場合、1日の葉酸成人所要量が女とも29%満たされる概算になります。「食品成分表改定最新版より算出」 ※90g(1/2カップ)
関連記事⇒肌乾燥しのぎ 貧血抑制 ほうれん草下腹ぽっこり 太り体質防ぐ 花粉対策

*フロロタンニン:抗菌・抗炎症、抗酸化作用肌荒れ予防改善
  あらめ、かじめ、くろめ、昆布(ひじき)、もずく(わかめ)など黄・黒褐色の藻類の一群に多く含まれ、強い抗菌・抗酸化力を持ち、老化物質活性酸素を除去白血球を活性化して免疫力を上げ、炎症を促す酵素を阻害するポリフェノールの一種で、紫外線から身を守る作用が期待できます。
関連記事⇒肌バリア強め 腸内掃除 がんも大根煮カイロダイエット 太る 冷え性改善

*サポニン:高血圧・動脈硬化・肥満予防
  こんにゃく、じゃが芋あずき大豆、黒豆、豆腐納豆、おから、豆乳、味噌などに多く、水と油に溶ける性質を持ち、血管に付いたコレステロールを除去、細胞や組織を傷付けたり、体内で血栓を作る酸化脂質の生成や血中の脂質を抑制する植物の根、葉、茎などに広く含まれている配糖体の渋味・苦味成分です。
  また、あずきには、脚気、体内に停滞した水分を排出させる利尿作用により浮腫(むくみ)、解毒作用により二日酔いを解消、大豆には、脂質合成・吸収の抑制、分解を促進する肌荒れ予防作用が期待できます。
関連記事脂肪太り抑え 太り体質改善 大豆サビさせない ストレス招く 肌老化抑制

  これらを継続して食べ合わせで、疲労・肝機能回復、安眠・脳活性、若返り、整腸解毒抗酸化作用貧血肌荒れ冷え性便秘予防改善、脳・心筋梗塞、高血圧・動脈硬化・肥満・糖尿病高脂血症・がん、骨粗鬆症・皮膚炎・風邪・抜け毛・浮腫(むくみ予防効果が期待できます。
関連記事大豆サラダ枝豆なす味噌炒きのこ厚揚げ味噌煮込豆腐ごぼう味噌煮

  ゆで大豆90、ひじき20gのカロリーは、順に162、27.8で約190で、同量の牛ヒレ肉に比べ55kcalオフ。 しかも1食で1日の鉄必要量が摂れ、腸の掃除役である食物繊維の必要量も60〜75%満たされますので、就寝3時間前のご飯で摂る事で、下腹ぽっこり改善に繋がると考えます。

【 参考資料 】
大豆ひじきフロロタンニンサポニン栄養成分効果辞典2011年10月20日開設

Related posts(外部サイト)


2015年12月16日

脂肪cut 貧血改善 ささ身蓮根金平

  空気が乾燥し北風が冷たい季節。”くすみ肌・立ちくらみ”、“爪が白い・貧血”、“しわ・肌荒れ”、“冷え・太りやすい”、“下腹の張り・便秘”など、身体からのサインがみられませんか?

  ささ身、れんこん各100、ごま、食用油約10gのカロリーは、順に114 66 59.9、92.1で332で、牛ヒレ肉に比べ109kcalオフ。 ビタミンCタンニンポリフェノールムチン抗酸化成分と、身体を温める根菜を就寝3時間前のご飯で摂る事で、痩身と美肌効果が上がると考えます。

  症状がある、特に手・足先が冷えやすい方が効果的に摂取できる食べ合わせが、『 ささ身とれんこんのきんぴら 』 です。
青色文字をクリックして頂きますと、説明文または関連記事、サイトが表示されます。

  鶏肉には、ナイアシンもも・赤身には、カルニチン、その中でも脂肪が少ない成鶏ささ身には、ビタミンB6パントテン酸リングルタミンが多く、亜鉛が若鶏に比べ4倍と、ビタミンB1・B2カリウムなども含まれていますので、単体で摂取しても効果が期待できます。
  れんこんには、ビタミンCと、ポリフェノールムチン活性酸素の除去力が強く、肌の張りを保つ、炎症を抑制する風邪・肌荒れ予防効果があるタンニンが多く、ビタミンB1、パントテン酸、カリウム、リン、マンガンなども含まれていますので、相乗効果が期待できます。
  調理する際に、いりごまを加え強火で炒める事で、これに多く含まれるビタミンB1葉酸カルシウムマグネシウムマンガン食物繊維αーリノレン酸、オレイン酸などの必須栄養素と、セサミン栄養成分も摂取できますので、相乗効果がより期待できます。

*身体に良い食材でも、摂り過ぎには気を付けましょう!

成鶏ささ身肉、れんこん各100、ごま10gを摂取した場合、1日の成人所要量が男性で21%、女性で17〜21%満たされる概算になります。「食品成分表改定最新版より算出」
関連記事⇒肌潤わせ くすみ 貧血防ぐ ごぼう柳川くびれ回復 ガス抑え ニオイ源cut

れんこん100gを摂取した場合、1日のビタミンC成人所要量が女とも48%満たされる概算になります。「食品成分表改定最新版より算出」 ※1節約250g
関連記事⇒腸整え 美肌&痩身 蜜柑ヨーグルト10歳若返ると判明 毎日の緑黄色野菜

*カルニチン(ビタミンBт):冷え性肌荒れ予防改善、高血圧・動脈硬化・肥満・糖尿病予防
  豚(かたかたロースロース、ばら、ヒレ)、ささ身手羽むね)、羊などの赤身、もも肉()に多く含まれ、体内では筋肉に多く存在、必須アミノ酸メチオニンリジンを原料に肝臓で合成されされますが、20歳前後を境に加齢とともに減少します。
  ミトコンドリア脂肪酸と結び付き、炭水化物たんぱく質、脂肪を代謝させ、エネルギーが生産されるTCA回路に取込み、脂肪分解を促進しエネルギーを活性させる働きがあるペプタイドで、血中コレステロール中性脂肪の上昇を抑制する作用が期待できます。
  ただ、単一のカルニチン、またはこれを含む成分を大量に摂取した場合、一過性の不快症状を招く事があります。
関連記事下腹の張り 太りやすい防ぐ 緑黄色野菜肩こり 冷え 太り体質改善 ささ身

*ビタミンC:肌荒れ予防改善、がん、壊血病白内障・風邪・貧血予防
  グァバ、トマピー、ゆず、なばなブロッコリーかぶ大根の葉ゴーヤピーマン、柿、キウイ紫キャベツモロヘイヤいちご、パパイア、れんこん、キャベツ、小松菜柑橘類*、ほうれん草*、じゃが芋たらこミニトマトさやえんどうなどに多く含まれています。
  水、空気に不安定、、鉄による色や味の変化、水に溶けやすい性質で、体内に約1.5g貯蔵される抗酸化成分。 毛細管、歯、軟骨、結合組織の健在、体内の各種物質コレステロール代謝、発がん性物質の生成抑制、壊血病・白内障、がん予防、コラーゲンの生成、の吸収促進ビタミンEを再利用する働きがある栄養素です。
  適正摂取量は運動、労働、感染や各種ストレス、タバコ、多量のアルコール、経口避妊薬などの摂取、細菌・ウィルスなどの侵入により影響を受ける事から、個々の生活習慣を考え、摂取不足にならないよう注意が必要です。≫ 詳しく見る
不足しやすい 】 肌が荒れやすい立ちくらみがするストレスを受けやすい、たばこをよく吸う、果実をあまり摂らない、野菜が嫌いな方などです。 ※食材名*は一部除く
関連記事ドライアイ防ぎ 美肌up 苺ババロア腰歪み原因 下半身太り むくみ 肩こり

  これらを継続して食べ合わせで、抗酸化作用、皮膚炎・風邪・貧血肌荒れむくみ冷え性予防改善、脳・心筋梗塞、高血圧・動脈硬化・肥満・糖尿病高脂血症・がん、白内障ペラグラ神経症状先端疼痛症・胃腸病・口舌炎便秘予防効果が期待できます。
関連記事手足冷えはSOS 太り体質 むくみ改善くすみ 貧血抑え 美体効果up 納豆

  妊娠や閉経を迎えない限り、月経の出血の際、酸素を全身に運ぶ赤血球をも失うため、赤血球を生成する鉄を意識して摂る必要があります赤血球の生成を促進するビタミンB6吸収を助ける生理作用があるビタミンC、も多く摂れますので、オススメです。

【 参考資料 】
鶏ささ身肉れんこんごまカルニチンビタミンC栄養成分効果辞典2011年10月
 20日開設

Related posts(外部サイト)






スポンサードリンク